「重きを置く」の意味とは?ビジネスでの例文と類語も解説

「重きを置く」とは「重要と考えること」を意味する慣用句です。「重きを置かれる」「重きを置かない」のように使う「重きを置く」の、ビジネスでの使い方を知りたいという方もいるでしょう。この記事では「重きを置く」の例文や類語・対義語も解説します。くわえて「重きを置く」の英語表現も解説しましょう。

「重きを置く」の意味とは?

「重きを置く」の意味は「重要と考える」

「重きを置く」とは「重要と考えること」「重くみること」を意味する慣用句です。「重き」が「重要であること」を、「○○を置く」が「ある状態に動かないよう置くこと」をそれぞれ意味します。いくつかある項目のなかで、1つを重要と考えて優先する状況で使いましょう。

「何に重きを置くか」は人によって違う

「重きを置く」は「重要と考えること」を意味する言葉ですが、何を重要と考えるのかは人によって異なります。同じ食べ物を好んでいる人でも、「質より量に重きを置く人」がいれば「量より質に重きを置く人」もいるでしょう。

人によって何に重きを置くかは異なるため、自分の状況にあてはめて使用してください。

「重きを置く」の使い方と例文

堅い表現なためビジネスに適している

「重きを置く」は堅い表現であるためビジネスシーンに適しています。「重き」は古語でも使われていた古めかしい表現です。古めかしく堅い表現の「○○に重きを置く」を使うことで、相手へかしこまった印象を与えることができます。

ただ、人によっては堅苦しいと捉えられることもあるため、柔らかい印象を与えたい場合は「○○を重要と考えている」へと言い換えてみましょう。

目上へは「重きを置く」に敬語を加える

「重きを置く」は目上の相手へも使用できます。ただ、「重きを置く」自体は敬語表現ではないため、前後に敬語を加える必要があります。「○○に重きを置きます」や「重きを置いて○○しています」のように表しましょう。

例文

・我が社は、お客様によろこばれる接客に重きを置きます。

・A校は、子どもの感性を育てることに重きを置いて教育しています。

「重きを置かれる」「重きを置かない」ように使う

「重きを置く」の使い方には「重きを置かれる」や「重きを置かない」があります。「重きを置かれる」は「重きを置く」に受身形の「れる」が加わった表現で、主語の意思に関係なく「他者から重要と考えられていること」を表します。

また、「重きを置かない」は否定形であるため、「重要と考えていない状況」で使用しましょう。

例文

・試験の結果よりも学校側の調査書に重きを置かれ、選考が行われたらしい。

・他人に重きを置かない生き方だってある。

「重きを置く」を使った例文

  • いかに人の役に立つのかに重きを置いて、生きている。
  • 彼は、人間関係に重きを置かないような人なんだ。
  • 何に重きを置くかなんて人それぞれなんだから、口を出さないでくれ。

「重きを置く」の類語・対義語

「重きを置く」の類語は「比重を置く」「重点を置く」

「重きを置く」の類語には「比重(ひじゅう)を置く」や「重点を置く」が当てはまります。「比重を置く」は「重要なものとして扱うこと」を、「重点を置く」は「大事なものとして重点的に扱うこと」を意味します。

「重きを置く」と「比重を置く」「重点を置く」は「重要と考える」という点が共通しているため、類語に当てはまるのです。

例文

・わたしは、仕事よりも趣味に比重を置いている。

・彼は、現状を維持することに重点を置いている。

「重きを置く」の対義語は「軽視」

「重きを置く」と反対の意味をもつ言葉(対義語)には「軽視(けいし)」が当てはまります。「軽視」とは「物事を軽くみて重要だと考えないこと」を意味します。「重きを置く」は「重要だと考えること」を意味するため「軽視」が対義語に当てはまるのです。

例文

・人の命を軽視することは、許されない。

・あの部署の人たちは、他部署の人間を軽視し続けてきた。

「○○を置く」を使った慣用句

「一目置く」や「念頭に置く」がある

「○○を置く」を使った慣用句は「重きを置く」以外に「一目(いちもく)置く」や「念頭(ねんとう)に置く」があります。「一目置く」は「相手が自分よりも優れていることを認めて、敬意を払うこと」を、「念頭に置く」は「いつも心に留めておくこと」を意味します。

他にも「間(ま)を置く」や「所(ところ)を置く」などの表現がありますが、それぞれ意味が違うため使い分けましょう。

・一目置く…相手が自分よりも優れていることを認めて、敬意を払うこと。

・念頭に置く…いつも心に留めておくこと。

・間を置く…空間をあけること。

・所を置く…遠慮すること。

「重きを置く」の英語表現

「重きを置く」は英語で「Value」

「重きを置く」の英語表現には「Value」が適しています。「Value」とは「値段」を意味する単語ですが、動詞として使う場合「尊重する」「重んじる」という意味をもちます。何かを重要と捉えている状況で「To value ○○」のように表しましょう。

例文

Value family more than boyfriend.

意味:彼氏よりも友達を大切にする

まとめ

「重きを置く」とは「重要と考えること」を意味する慣用句です。ビジネスでも使用される堅い表現で、「重きを置かれる」「重きを置かない」のように表します。「何に重きを置くのか」は人によって異なるため、自分は何を大切にしたいのかを考えて使ってみましょう。

ABOUTこの記事をかいた人

アバター

大阪在住の新人ライターです。学生時代にビジネスマナーや医療事務・秘書などの検定を取得し、前職は医療秘書として医院勤めでした。料理とスポーツが得意なので、いつか記事にできたらなと思っています。よろしくお願いします。