「悪鬼羅刹」の意味とは?読み方や例文・類義語「怨霊怪異」も解説

「悪鬼羅刹(あっきらせつ)」とは「害を及ぼす化け物」を意味する四字熟語です。「悪鬼羅刹の如く」のように表す「悪鬼羅刹」の、類義語を知りたいという方もいるでしょう。この記事では「悪鬼羅刹」の読み方や使い方の例文、類義語の「怨霊怪異」も解説します。くわえて「悪鬼羅刹」の英語表現も解説しましょう。

「悪鬼羅刹」の意味とは?

「悪鬼羅刹」の意味は「害を及ぼす化け物」

「悪鬼羅刹(あっきらせつ)」とは「人に害を及ぼす化け物」を意味する四字熟語です。「悪鬼(あっき)」が「人をたたる恐ろしい妖怪」を、「羅刹(らせつ)」が「人を食べるとされる鬼」をそれぞれ意味します。

「悪鬼」と「羅刹」はどちらも人に悪影響を及ぼす存在です。2つを組み合わせて「悪鬼羅刹」とすることで、「人に害を及ぼす化け物」という意味で使われるようになりました。

「悪鬼羅刹」の読み方は「あっきらせつ」

「悪鬼羅刹」の読み方は「あっきらせつ」です。「羅刹」は「らさつ」という読みもあることから、「あっきらさつ」とも読まれます。

「悪鬼羅刹」の使い方と例文

「悪鬼羅刹」は怖いものの例えとして使う

「悪鬼羅刹」は怖いものの例えとして使われます。人に害を及ばす化け物のような、怖い行いを表す状況で使いましょう。たとえば「血に濡れた彼の姿は悪鬼羅刹のようだった」のように使うとします。

実際に「彼」が化け物になったのではなく、血に濡れた姿が人ではなく化け物に見えたことから「悪鬼羅刹」に例えているのです。

「悪鬼羅刹の如く」「悪鬼羅刹のように」のように表す

「悪鬼羅刹」の使い方が「悪鬼羅刹の如く」や「悪鬼羅刹のように」です。「悪鬼羅刹の如く」や「悪鬼羅刹のように」はどちらも比喩表現の1つで、「人に害を及ぼす化け物のように」を意味します。

どちらも同じ意味ですが、「如く」は改まった表現であるため書き言葉として多く使われます。

例文

・大切な家族を傷つけられたわたしは、悪鬼羅刹の如く怒り狂った。

・悪鬼羅刹のように戦う彼の姿に目を奪われた。

「悪鬼羅刹」を使った例文

  • 悪鬼羅刹でもそんな酷いことはしないだろうに、人である君がやってしまうのか。
  • 自分に害を与える彼女を、悪鬼羅刹の類でないかと疑ってしまう。
  • 私欲を叶えようとする彼の顔は、血に飢えた悪鬼羅刹のようだった。
  • たとえ悪鬼羅刹であっても、母の剣幕に恐れて逃げだすだろう。
  • いつも穏やかな彼女の顔が、悪鬼羅刹の如く恐ろしい形相にかわっていた。

「悪鬼羅刹」の類義語

「悪鬼羅刹」の類義語は「怨霊怪異」

「悪鬼羅刹」の類義語には「怨霊怪異(おんりょうかいい)」が当てはまります。「怨霊怪異」とは2つの意味をもつ四字熟語で「霊が怨みをはらそうとして引き起こす信じられない現象」や「怨みをはらそうとする霊が化け物になったもの」を意味します。

「悪鬼羅刹」と「怨霊怪異」は「怖い化け物」という意味が共通しているため、類義語に当てはまるのです。

例文

怨霊怪異なんかよりも、生きている人間の方がよっぽど恐ろしい。

意味:怨みをもつ霊よりも、生きている人間の方がよっぽど恐ろしい。

「魑魅魍魎」「異類異形」も類義語

「魑魅魍魎(ちみもうりょう)」や「異類異形(いるいいぎょう)」も「悪鬼羅刹」の類義語に当てはまります。「魑魅魍魎」とは「人に害を及ぼす化け物」を意味する四字熟語で、転じて「私欲のために悪いことを企む人間」という意味でも使われます。

また「異類異形」は「この世のものとは思えない生き物」を意味します。「悪鬼羅刹」と「魑魅魍魎」「異類異形」は「人に害を及ぼす怖い化け物」という意味が類似しているため、類義語に当てはまるのです。

「魑魅魍魎」と「異類異形」は日常生活で多用する言葉ではないため、読み間違えに注意しましょう。とくに「異類異形」を「いるいいけい」と読まないように、気をつけてください。

例文

・魑魅魍魎なんかよりもよっぽど恐ろしいと思うほど、彼のことが苦手なのだ。

・上層部へ行けばいくほど、魑魅魍魎が跋扈(ばっこ)している。

・疲れていたのか、仕事からの帰り道で異類異形のものが見えてしまった。

・仄暗い小道から異類異形がこちらを覗いているのではないかと、考えてしまった。

「悪鬼羅刹」の英語表現

「悪鬼羅刹」は英語で「Monster」

「悪鬼羅刹」の英語表現には「Monster」が適しています。「Monster」とは「化け物」「怪物」を意味する英語です。「悪鬼羅刹の如く」のように「Monster」を怖いもののたとえとして使う場合は「Like a monster(化け物のように)」と表しましょう。

まとめ

「悪鬼羅刹」とは「人に害を及ぼす化け物」を意味する四字熟語です。怖いものの例えとして使われ、「悪鬼羅刹の如く」や「悪鬼羅刹のように」のように表します。

類語には「怨霊怪異」や「魑魅魍魎」「異類異形」が当てはまります。どれも「怖い化け物」を意味する四字熟語であるため、言い換えてみましょう。

ABOUTこの記事をかいた人

アバター

大阪在住の新人ライターです。学生時代にビジネスマナーや医療事務・秘書などの検定を取得し、前職は医療秘書として医院勤めでした。料理とスポーツが得意なので、いつか記事にできたらなと思っています。よろしくお願いします。