「夜分遅くに」とは何時まで?意味やメール・電話での使い方を解説

「夜分遅くに」はメールや電話で使用されるクッション言葉です。決まり文句のようになっているので、使いこなして当たり前だと思っている人もいるようです。今回は「夜分遅くに」の意味・注意点や、使える時間(何時から何時まで)をご説明します。また「夜分遅くにすみません」より丁寧な言い方もご紹介します。

「夜分遅くに」の意味

「夜分遅くに」の意味は「夜遅くに」

「夜分遅くに」は「夜遅くに」という意味です。読み方は「やぶんおそくに」になります。夜遅い時間の電話や訪問、メールなどに対してお詫びをする際のクッション言葉です。

「同じ意味を重ねる重複表現のため誤用なのでは」と心配になる方もいるかもしれません。しかし「夜分(やぶん)」は「夜」「夜中」ですので、「遅くに」と意味が異なっています。正しい日本語になりますので、安心して使用してください。

「夜分遅くに」は一般的に22時~2時頃まで

「夜分」という言葉に具体的な時間が定まっていないため「夜分遅くに」を使う時間も人によって差があります。一般的には22時~2時頃までとされるようですが「23時以降」という意見もありました。逆に19時など早すぎる場合に使うと、違和感を覚える人がいるので注意してください。

なお、メールの場合は上記より早い時間から「夜分遅くに」を使うとする人もいました。電話や訪問と違い、相手がメールを開くまで時間差が出る可能性があるためです。この場合は20時頃から(仕事の連絡なら、相手の会社の就業時間以降から)「夜分遅くに」を使うようです。

「夜分遅くに」はメール・電話でどう使う?

「夜分遅くに申し訳ございません」と丁寧に謝罪する

夜遅い時間の連絡は迷惑になる場合が多いものです。どうしても連絡する場合は、本題に入る前に「夜分遅くに申し訳ございません」と丁寧に謝罪しましょう。文章の中で「申し訳ございません」を何度か使っている場合は「夜分遅くに失礼いたします」に言い換えられます。

例文
「お世話になっております。夜分遅くに申し訳ございません。〇〇の件ですが……」

「夜分遅くに失礼いたしました」は文末や電話の締めに使う

「夜分遅くに失礼いたしました」は、本題が終わった後、メールの文末や電話の締めに使用します。直接会っていた場合は、最後の挨拶として伝えましょう。

また、できるだけ避けるべきではありますが、最初に「夜分遅くに申し訳ございません」を言い忘れてしまった場合にも使用できます。

プライベートの連絡なら「夜分遅くにすみません」も可能

プライベートの連絡の場合は「夜分遅くにすみません」「夜分遅くにごめんなさい」も可能です。電話やメールだけではなく、SNSやWebサイトへの投稿で使用する人もいるようです。

メールの場合「都合の良い時間に見るものなのになぜお詫びするのか」と思う人もいるかもしれません。しかし、近年のメールはほぼリアルタイムでスマートフォンに通知が入るため、夜遅いメールを嫌う人が増えているようです。そのため、急ぎの用事でメールする場合は「夜分遅くに」とお詫びをしてから本題に入ります。

例文
  • 「夜分遅くにすみません。明日の待ち合わせの件ですが……」
  • 「夜分遅くにごめんなさい。質問があるのですが……」

「夜分遅くの連絡」についての注意

「夜分遅くの連絡」は基本的に避けるのがマナー

「夜分遅くに」でお詫びすれば遅い時間の連絡が許されるというわけではありません。基本的に夜分遅くの連絡は避けるのがマナーです。たとえメールでも、スマートフォンの通知を不愉快に思う人がいるようです。

特にビジネスのやり取りの場合、よほどの緊急時以外は就業時間以降の連絡を避けるのがビジネスマナーだとされています。「マナーを分かっていない」「日中に仕事を終わらせられないぐらい能力が低い」とあなた自身の評価が下がってしまう可能性があります。連絡は日中に済ませるのが無難です。

メール・SNSは「夜分遅く」ても問題ないとする意見もある

メールやSNSの連絡は夜分遅くても問題に思わない人もいます。「都合の良いときに見るからいつでもいい」という考えのようです。中には「19時に送ったのに朝まで返事が来ないなんて嫌われているのでは」と心配している人もいました。個人差が大きいので、慎重に判断する必要があるようです。

また、少数派ではありますが、就活(就職活動)のメールを日中まで待つ必要はないとする担当者もいます。海外企業とのやり取りが多く夜間のメールに慣れていたり、メールが多いので送信時間は見ていないという理由でした。

「夜分」を使った他の表現

感謝や労いを表す際は「夜分にもかかわらず」「夜分まで」

「夜分にもかかわらず」や「夜分まで」で、夜遅くに対応してもらったことへの感謝や労いを伝えられます。この2つは対応がいつから始まったかで使い分けます。夜だけなら「夜分にもかかわらず」、昼から夜まで続けての対応なら「夜分まで」です。

例文

「夜分にもかかわらず、ご対応いただきありがとうございます」
意味:夜遅いのに、それでも対応してくれてありがとうございます。

なお「夜分にも関わらず」と書くのは厳密には誤りです。「にも拘らず」「にも拘わらず」が正しく、新聞などでは読みやすいよう「にもかかわらず」と平仮名で表記しています。ただし「にも関わらず」が広まりつつあるため、将来的に正式な表記となる可能性はあります。

まとめ

「夜分遅くに」は夜遅い時間であることを詫びる言葉です。厳密には時間が定まっていませんが、22時~2時頃に使うと自然に感じる人が多いようです。

「夜分遅くに」を使ったとしても、基本的には夜遅い連絡は避けるのがマナーとされています。本当に夜間に連絡する必要があるのか慎重に判断しましょう。

ABOUTこの記事をかいた人

is_am

「いず あむ」と読みます。 一般事務、営業事務としてビジネスメールを送信する機会が多くありました。複雑な事柄でも、分かりやすく説明することを目標としております。