「汚名返上」の意味は?使い方や類語「名誉挽回」との違いを解説

「汚名返上」とは「悪い評判をくつがえす」という意味の言葉。ミスや失敗で悪くなってしまった評判や信頼を、良い評価を受けることでしりぞけるときに「汚名返上する」と表現します。

今回は「汚名返上」の意味や使い方と例文、類語の「名誉挽回」や「リベンジ」との違いについて解説。あわせて英語表現についても紹介します。

「汚名返上」の意味とは?

「汚名返上」とは「悪評をしりぞけること」

「汚名返上(おめいへんじょう)」とは、「新しく良い評価を受けることで前に受けた不名誉な評判をしりぞけること」という意味の四字熟語です。「汚名」には「悪評」や「不評」という意味があり、「返上」には「返す」や「受け取らない」という意味があります。

新しく成果や功績を立てて良い評価を受けることで過去に受けた不名誉な評価や評判をくつがえすことを「汚名返上」といいます。

「汚名挽回」は誤記

「汚名返上」と同じ意味で「汚名挽回」という言葉を聞くことがありますが、これは「汚名返上」と「名誉挽回」が混ざってしまった誤記です。しかし、近年では一部の辞書などに記載されていることもあり、「汚名挽回」を使う人も増えています。

「挽回」はもとに戻すという意味であり、悪評である「汚名」を「挽回」するのは矛盾した言い方になってしまいますので、注意が必要です。

「汚名返上」の使い方と例文

過去の悪い評価をくつがえす時に使う

「汚名返上」は、過去に悪い評価がついたことがある場合に使う言葉です。過去にミスをおかしたり失敗をしたりして悪い評価を受けたことがあり、それを新しく成果や成績をあげることで良い評価に変えることが「汚名返上」です。過去に悪い評価や評判がついていない場合には「汚名返上」は使いません。

「汚名返上する」「汚名返上を果たす」などの言い回し

「汚名返上」をした場合には、「汚名返上する」や「汚名返上を果たす」などの言い回しをします。また、「汚名返上の絶好の機会だ」や「汚名返上したいので頑張ります」など、これから「汚名返上」をしようと決意するシーンでも使う言葉です。

「汚名返上」を使った例文

  • 昨年の大会で負けた相手に今年は勝って優勝したよ!汚名返上を果たすことができてうれしい。
  • プレゼンで大失敗をしたが、汚名返上の機会をいただいたので今度こそ頑張ります。
  • 地方大会で負けてばかりのチームだが、今年こそは県代表になって汚名返上しよう

「汚名返上」の類語は?

「名誉挽回」は「失った名誉を取り戻すこと」

「名誉挽回(めいよばんかい)」とは、「失ったり傷ついたりした信用や信頼などを元通りに取り戻すこと」です。「名誉」とはその名の通り「名誉」の他に「良い評価」や「認められる価値」という意味があり、「挽回」とは、「元の通りに戻す」という意味の言葉。最初に良い評価があり、それを失ったため再度良い評価を取り戻すというときに「名誉挽回」を使います。

「汚名返上」は悪い評価をつけられた場合に使う言葉ですが、「名誉挽回」は最初に良い評価や信頼がありそれを失った場合に使う言葉です。

例文
  • 君に名誉挽回のチャンスをあげよう
  • 先日は迷惑をかけてしまったので、名誉挽回のためにも頑張ります。

「リベンジ」とは「再チャレンジする」こと

「リベンジ」とは、「失敗したり勝負事で負けたりしたことを再度チャレンジすること」です。英語での「リベンジ(revenge)」には、もともと「復習」や「仕返し」といった意味があります。しかし、日本では失敗したり勝負事に負けたりした場合に「雪辱を果たす」といったニュアンスで使ったり、失敗やミスの「再チャレンジ」や「再挑戦」といった意味で「リベンジ」を使います。

「汚名返上」の「ミスや失敗による悪い評価を取り除く」という意味とほぼ同じ意味としても使える言葉です。

例文
  • 前回の試合では負けてしまったので今回はリベンジしたい。
  • 先週行ったソバ屋さんが満員で入れなかったので、今日はリベンジに行きます。

「汚名返上」の英語表現は?

「汚名返上」は英語で「redeem oneself」「redeem one’s honor」

「汚名返上」の英語表現には「redeem oneself」が当てはまります。

「redeem oneself」は、「取り返す」や「挽回する」などの意味を持つ「redeem」と「自分自身」という意味の「oneself」を使ったフレーズ。「私自身」という意味の「myself」を使った「redeem myself」でも同じ意味です。

また、「面目」という意味の「one’s honor」を使った「redeem one’s honor」も、「汚名返上」という意味として使えるフレーズです。

まとめ

「汚名返上」とは、「良い評価を受けることで過去に失敗やミスで失った良い評価や評判をしりぞける」という意味の言葉です。過去に悪評をうけたことがある場合に対して使い、ビジネスシーンでも日常会話でも使えます。

類語である「名誉挽回」は、「失った評価や評判を取り戻す」という意味の言葉。過去に良い評価を受けていたことがある場合に使います。

「汚名返上」と「名誉挽回」は使うシーンが違うため、注意して使い分けましょう。