「いずい(いづい)」は宮城の方言?意味と使い方・類語も紹介

「何だかしっくりとこない」というよう意味で使われる「いずい(いづい)」という言葉。宮城県の方言とも言われていますが、実際にはどのような意味で使われているのか、よくわからないという人も多いのではないでしょうか?

ここでは「いずい(いづい)」の意味や使い方、言い換えの類語などをわかりやすくご説明します。

「いずい(いづい)」は宮城の方言?

「いずい(いづい)」は東北・北海道地方の方言

「いずい(いづい)」は宮城県を含む東北地方と北海道で使われている方言です。関東地方や関西地方、またそれ以南の地域ではほぼ使われない「地方限定」の方言となるため、今まで聞いたことがないという人も多いでしょう。

「いずい(いづい)」は、宮城県を始め東北地方に住んでいる人、また北海道に住んでいる人ならピンとくる言葉ですが。しかし、一方で意味を説明する上で「どういって説明していいか困る」という人も多いと言われています。とくに、宮城県の方言としては、最も説明しにくい一つだとも言われています。

それは「いずい(いづい)」が「感覚的なフィーリング」を示す言葉で、それぞれ人や土地の風潮によって表現の仕方が人によって異なるからです。

「いずい(いづい)」の語源は「えずい」

「いずい(いづい)」は「身の毛がよだつくらい恐ろしい」ことを意味する「えずい」が語源です。「えずい」は恐怖心を表す古語「おずし」「おぞし」の変化形で、「えずくなる=怖くなる」「えずかった=怖かった」というように使われます。

「いずい(いづい)」の意味は?

「いずい(いづい)」の意味は「何となく不快感がある」

「いずい(いづい)」には「何となく不快感がある」という意味があります。つまり「しっくりこない」「フィットしない」「違和感がある」という意味があり、人それぞれが感じる「些細な居心地の悪さ」を表す言葉として使われています。

たとえば、洋服でも食べ物でも「何となく合わない、違和感がある」と感じたり、状況や物事に対して「ちょっと落ち着かない」「微妙に不自由な感じがある」と思う時に使われる言葉が「いずい(いづい)」です。

「いずい(いづい)」とは「感覚的に嫌な感じ」という意味

「いずい(いづい)」とは「感覚的に嫌な感じ」を表す言葉でもあります。「いずい(いづい)」は、たとえば、どこかが決定的に痒いわけでもなく、痛いというわけでもなく、感覚的に何となく嫌な感じがすることを指します。

「いずい(いづい)」の使い方と例文

「いずい(いづい)」は物の配置や靴が合わない時に使われる

「いずい(いづい)」は部屋に置かれた椅子や、壁に掛けられた絵など、物の配置が自分の感覚と合わなかったり、また靴やアクセサリーなどが自分に合わなかったりする際に使われます。これは「いずい(いづい)」が持つ「居心地が悪い」「フィットしない」に該当する使い方です。

例文
  • この花瓶の置き場所、ちょっといずいよね?
  • 店員さんに勧められたけど、この靴やっぱりいずかったわ。

「いずい(いづい)」は身体のもどかしさに対して使われる

「いずい(いづい)」は、目にゴミが入った時や深爪をした時など、痛みもなく、身体に多大な影響はないけど、何となくもどかしいような状況を指す時に使われます。その他、子供の歯が生え変わる時や、座禅で足がしびれてしまった時などに使ってもよいでしょう。

例文
  • ビル風でゴミが目に入って、左目がいずい。
  • 入れ歯が合わなくて、口の中がいずい。

「いずい(いづい)」の類語は?

類語は「しっくりこない」「フィットしない」

「いずい(いづい)」の類語は、まさに「いずい(いづい)」が意味するところの「しっくりこない」「フィットしない」「居心地がよくない」「落ち着かない」「不自由な感じがする」などです。

「いずい(いづい)」は方言の一つで、誰もが普通に使っている標準語ではありません。そのため、ビジネスシーンやフォーマルな場では、理解しやすい類語表現に言い換えた方がよいこともあります。

例文
  • 会議室の椅子は固くて、いずい。
  • 会議室の椅子は固くて、しっくりしない。
  • 会議室の椅子は固くて、ちょっと居心地がよくない。
  • 会議室の椅子は固くて、何だか落ち着かない。

口語的な類語は「なんか変」「微妙におかしい」

友人や家族など、距離の近い人に対しては「いずい(いづい)」を「なんか変」「微妙におかしい」などの口語的表現に替えて使った方が自然な場合もあります。

しかし、いくらフレンドリーな社風の職場でも、上司や取引先の相手に使うのはご法度です。この場合は、逆に「いずい」を使う方がよいかもしれません。宮城県をはじめ、東北地方や北海道なら、むしろ郷土を感じるフレーズをどんどん使っていきましょう。

まとめ

「いずい(いづい)」は宮城県を含む東北地方や北海道で使われる方言で、「しくりこない」「何となく不快な感じ」「フィットしない」「ちょっと居心地が悪い」「もどかしい」などの意味を持ちます。

「いずい(いづい)」は宮城県の人からすれば「説明しにくい」言葉だそうですが、総じて「何となく落ち着かない」時に使うのが最も良いようです。ぜひ、職場やプライベートでも「いずい(いづい)」を使って、教養をシェアしてみて下さい。