「泥のように眠る」の意味とは?由来や類語「白河夜船」も解説

「泥のように眠る」とは「深く眠ること」を意味することわざです。深く眠ることをなぜ「泥」で例えているのか、という疑問をもつ人もいるでしょう。

この記事では「泥のように眠る」の語源・由来や使い方の例文を解説します。くわえて「泥のように眠る」の類語「白河夜船(しらかわよふね)」や英語表現も解説しましょう。

「泥のように眠る」の意味とは?

「泥のように眠る」の意味は「深く眠ること」

「泥のように眠る」とは「正体(しょうたい)なく眠ること」を意味することわざです。「正体」とは「意識が正常に働いているときの様子」を意味します。つまり「泥のように眠る」は、疲れや酔いから意識が正常に働かないほど、深く眠ることを表すのです。

例文

1週間ぶりの我が家に帰ったわたしは、食事もとらず泥のように眠った。

意味:1週間ぶりの我が家に帰ったわたしは、食事もとらず深く眠った。

なぜ泥なのか?由来・語源は中国にある

「意識が正常に働かないほど、深く眠ること」を意味する「泥のように眠る」ですが、なぜ「泥」なのでしょうか?由来・語源は諸説ありますが、その1説には中国の古書『異物志(いぶつし)』にでてくる「泥(でい)」という虫が関係しているとされています。

「泥(でい)」は海に住むとされる空想上の虫で、骨がないことから陸に上がると泥(どろ)のように形を保てなくなります。「泥(でい)」のぐったりとして力が入っていない様子から、「泥のように眠る」として使われるようになったのです。

「泥」の読み方は「でい」ではなく「どろ」

「泥のように眠る」の読み方は「どろのようにねむる」です。空想上の虫「泥(でい)」が由来しているものの、「泥(でい)のように眠る」とは読まないため注意しましょう。

「泥のように眠る」の使い方と例文

疲れや酔いから眠る状況で使う

「泥のように眠る」は疲れたり酔ったりして、ぐっすりと眠る状況で使用しましょう。意識が正常に働かないほどぐっすると眠ることを表すため、うたた寝や仮眠をとる程度では「泥のように眠る」とは言えません。

例文

・仕事と家事におわれ、週末は泥のように眠っている。

・泥のように眠り目が覚めたころには、皆出かけた後だった。

「泥のように眠る」を使った例文

  • 布団に倒れこむようにして、泥のように眠った。
  • とくに何かしたわけではなかったが、気づけば泥のように眠っていた。
  • 少し仮眠をとるだけのはずが、泥のように眠ってしまった。

「泥のように眠る」の類語とは?

「泥のように眠る」の類語は「白河夜船」

「泥のように眠る」の類語には「白河夜船(しらかわよふね)」が当てはまります。「白河夜船」とは「正体もなく、ぐっすりと眠ること」を意味する四字熟語で、「白川夜船」とも表します。

「泥のように眠る」とは「ぐっすりと眠る」という意味が共通しているため、類語として言い換えが可能です。

例文

なにやら大事な話をしていたようだが、白川夜船でまったく聞いていなかった。

意味:大事な話をしていたようだが、ぐっすりと寝ていてまったく聞いていなかった。

「昏々と眠る」にも言い換えが可能

「泥のように眠る」は「昏々と眠る(こんこんとねむる)」へ言い換えることも可能です。「昏々と眠る」とは「深い眠りにおちているさま」を意味する言葉で、「昏々」が「意識がないこと」を意味しています。

例文

・昏々と眠りつづける彼を見ていると、どうしようもない不安にかられる。

・家に帰ってくるやいなや、昏々と眠りだした。

「泥のように眠る」の英語表現とは?

「泥のように眠る」は英語で「Sleep like a log」

「泥のように眠る」の英語表現には「Sleep like a log」が適しています。「Sleep like a log」とは「ぐっすりと眠る」を意味する英語です。直訳すると「丸太のように眠る」という意味になり、熟睡して全く動かない様子を丸太で表しています。

「泥」を使ったことわざとは?

ことわざ1:泥を打てば面へはねる

「泥」を使ったことわざには「泥を打てば面へはねる(どろをうてばつらへはねる)」があります。「泥を打てば面へはねる」とは「人に悪いことをすれば、必ず自分にも同じことが返ってくること」を意味することわざです。

例文

・泥を打てば面へはねるとは言うが、本当に返ってくるとは思わなかった。

・泥を打てば面へはねるのだから、人を非難するのもほどほどにね。

ことわざ2:泥中の蓮

「泥中の蓮(でいちゅうのはす)」も「泥」を使ったことわざです。「泥中の蓮」とは「汚れた環境のなかでも、影響されずに清く正しく生きること」を意味します。泥のなかで見事に咲く蓮を、汚れた環境で清く生きるさまに例えているのです。

例文

・欲望にまみれた社会で悪に染まらず生きている彼は、まさに泥中の蓮である。

・不正ばかりが行われている会社で清く正しくあるなんて、まるで泥中の蓮のようだ。

まとめ

「泥のように眠る」とは「深く眠ること」を意味することわざです。「泥」で例えられている理由には、空想上の虫が由来しているという説があるものの、諸説あるためはっきりとは言い切れません。

類語には「白河夜船」や「昏々と眠る」が当てはまるため、言い換えてみましょう。

ABOUTこの記事をかいた人

アバター

大阪在住の新人ライターです。学生時代にビジネスマナーや医療事務・秘書などの検定を取得し、前職は医療秘書として医院勤めでした。料理とスポーツが得意なので、いつか記事にできたらなと思っています。よろしくお願いします。