「生き急ぐ」の意味と使い方とは?「死に急ぐ」との違いや類語も

「生き急ぐ」とは物事を焦って急いでいる様子を表す言葉ですが、どのくらい焦っている様子を「生き急いでいる」と表現するべきなのでしょうか。

今回は「生き急ぐ」の意味や「生き急ぐ」と似た言葉である「死に急ぐ」との違いを解説します。また「生き急ぐ」の使い方や言い換え表現、英語表現を例文と併せて説明します。

「生き急ぐ」の意味と例文

「生き急ぐ」とは「焦り急いで生きること」

「生き急ぐ」とは焦り急いで生きることという意味です。限りある人生において、やるべきことやしたいことをただ行うのではなく急ぎ焦りながら行うことです。その急ぎ焦っている姿はまるで自分の命を短くしているかのようです。

この「生き急ぐ」という言葉は、焦って生きている状態のためネガティブな意味合いでとらえられることもありますが、前向きに生きているため急いで見えることからポジティブな意味合いでとらえられることもあります。

「生き急ぐ」を使った例文

  • 「生き急ぐ人こそ成功すると言われるけれど本当だろうか」
  • 「世界を変えたいと本気で信じながら働く彼は生き急いでいるように見える」
  • 「短い人生だから、生き急いでいるくらいが調度いいと思う」
  • 「何かをしていないと落ち着かない人は、生き急ぐ傾向があるようだ」
  • 「目標を達成しようと生き急いだために、彼女は疲労困憊してしまった」

「生き急ぐ」の使い方

「生き急ぐように」で比喩表現として使う

「生き急ぐ」を比喩として用いて「生き急ぐように」または「生き急ぐかのように」があります。その人の生き方がアクティブな様子を表し、特に行動力があり積極的な人の生き方を言い表すのによく用いられます。その一方で、落ち着きがなく余裕が感じられない生き方に対して使われることもあります。

例文
  • 「生き急ぐように彼は仕事をしてビジネスで成功を収めた」
  • 「生き急ぐかのような彼の生き方には共感できない。もっと余裕を持ったらどうだろう」

「生き急ぐな」で疲れた相手を癒す

生き急ぎ疲れ果てた相手に「生き急ぐな」と言うことで、相手を癒し落ち着かせるといった使い方もあります。生き急ぐことは当人には余裕がないことが多いですから、その状態が続けば人は疲れてしまいます。そんな相手に「生き急ぐな」と言ってあげることで、その人が焦っていたことを分からせて落ち着かせるような作用があります。

「生き急ぐ」と「死に急ぐ」との違い

「死に急ぐ」とは「死を早めるように生きること」

「死に急ぐ」とは死に向かって急ぐということから、死を早めるように急ぎ生きることという意味です。また死ぬ必要などないのにわざわざ死のうとするという意味もあります。

「死に急ぐ」は死という最終目的に向かって急いでいる様子から、自ら寿命を縮めるような生き方を表します。

「生き急ぐ」にはポジティブな意味が含まれる

「生き急ぐ」と「死に急ぐ」の違いは、「生き急ぐ」はネガティブだけでなくポジティブにも使われるのに対して、「死に急ぐ」はネガティブな意味合いで使われる点です。

「生き急ぐ」と「死に急ぐ」のどちらの生き方も急いでいるのですが、「生き急ぐ」はやることの多さから当人が充実していればポジティブに使える表現ですが、「死に急ぐ」は当人が充実感を得ていたとしても、その結果、死期を早めていると解釈されてガティブな生き方として捉えられる場合に使われます。

「生き急ぐ」の類語・言い換え表現

「人生を疾走する」は忙しく生きている様子を表す表現

「人生を疾走する」という表現で忙しく生きている様子を表します。「人生を疾走する」と似た表現には「人生を駆け抜ける」や「一生を走り抜ける」といった表現もあります。

例文
  • 「休みも取らずに働く彼は人生を疾走している」
  • 「怒涛の人生を駆け抜けた彼女に多くの人々が感動した」
  • 「一生を走り抜けるようにして彼は会社に貢献した」

「忙しく生きる」でわかりやすく言い換える

「生き急ぐ」を分かりやすく言い換えた表現に「忙しく生きる」という言い方もあります。「忙しい」とはやるべきことが多くてせわしない状態や落ち着かない様子を表しているので、「忙しく生きる」とは常にやることがたくさんあって落ち着かず慌てた状態で生きることを意味しています。

忙しくて大変な様子なのでネガティブな意味でも使われますが、むしろやることが多くて充実しているというポジティブな意味合いで使われることが多いでしょう。

例文
  • 「彼は忙しく生きていて楽しそうだ」
  • 「忙しく生きる彼女を羨ましく思う」

「生き急ぐ」の英語表現とは

「生き急ぐ」は英語で「to live fast」

「生き急ぐ」は英語で早く生きるという意味の「to live fast」が使えます。この表現ならポジティブにもネガティブな意味でも使えるでしょう。

もしもネガティブな意味合いで「生き急ぐ」を英訳するなら「to live too fast and too hard」として「too」を用いて早さや大変さを強調した表現が使えます。また「to live fast and recklessly」のように早くて無謀に生きるという意味の表現や「to rush through life」で人生を生き急ぐという英訳もできるでしょう。

「生き急ぐ」の英語例文

  • “He lives fast.”/ “He lives too fast and too hard.”
    「彼は生き急ぐ」
  • “I cannot say anything to about him who has lived fast and recklessly.”
    「生き急いでいる彼に何も言えないよ」

まとめ

「生き急ぐ」とは焦り忙しく生きるという意味です。焦り忙しい状態のためネガティブな意味で使われることもありますが、やることが多いので充実しているというポジティブな意味で使われることもあります。一方「死に急ぐ」では同じく忙しい生き方でもネガティブな意味合い使われる表現なので、「生き急ぐ」と「死に急ぐ」の使い方を混合しないようにしましょう。