「必至」の意味とは?「必死」との違いや類語・英語表現を解説

「必至」という言葉がありますが、「必死」や「必須」と混同してしまうことはありませんか?どれも似た読み方ですが、漢字が異なるように意味も違います。ここでは「必至」の意味や使い方、類語や英語表現などを例文を挙げながらわかりやすく紹介しています。



「必至」の意味とは?

最初に「必至」の正しい意味と使い方についてみてみましょう。

「必至」の意味は「必ずそうなる」

「必至」の読み方は言葉を読んで字のごとく「必ず至る運命である」「必ずそうなる」「避けられない状況や状態」「絶対にそういう結果になる」などの意味があります。

また、「必至」は将棋の世界にも登場します。将棋をして「次に間違いなく詰む状態」を「必至」(または必死)といいます。そのため「詰める」というのは、相手を「必死」の状態に追い込み、逃げ場のない状況にもっていくことを意味しています。

「必至」と「必死」の違いは「全力で挑むさま」

「必至」に似た言葉で「必死」がありますが、これは「必ず死ぬさま」「死ぬほどの覚悟をもち全力で挑むさま」「自分が持つ全ての力を発揮して物事にあたる様子」という意味です。結果的に「必ず死んでしまう」ことではなく、「死ぬに値するほどの覚悟を決めて」という状況や状態を表しています。

「必至」は「必死」の意味を含みますが、同じ意味ということではありません。例文も挙げて解説しましょう。

  • 私はボールを奪われないように必死に防御した
  • 海外でコミュニケーションがしっかりとれるように必死に英語を勉強した
  • 必死の抵抗により何とか身を守ることができた

「必死」は「死が迫った様子」「切迫したさま」という本来の意味だけでなく、日頃の会話では状況や状態を強調するために比較的気軽に使われることが多いです。

「必須」は「必ず用いること」という意味

「必至」に似た言葉で「必須」があります。もともと「必須」の須には「必要」という意味があり、言葉全体の意味としても「必ず用いること」「欠かせないこと」「必ずないといけない」となります。

「必至」の使い方・例文

「必至」を使った例文

「必至」を使った例文をいくつか挙げてみましょう。

  • 取引先に協力を求めるのは必至の策だ
  • 競合が同じ街に進出したため商品の値下げは必至だ
  • 試合で致命的な骨折をし引退必至か?
  • 電車が遅延し駅が大混雑するのは必至である
  • スピード違反で多額の罰金が課せられるのは必至だ

「必死」は「そうなる可能性が高い」という状況や状態を表現し、やや「絶対に」「確実に」に近いニュアンスを含んでいると考えられます。

「必至」の類語は?

「必至」の類語は「不可避」など

「必至」の類語にあたる言葉は多く存在します。「不可避」「必然性」「必然的」「余儀ない」「よんどころない」「致し方ない」「やむを得ない」「是非ない」「已む無い」「拠所無い」などがあります。

「必至」を類義語の1つに置き換えて使うこともできますが、状況や使う相手によって適当なものを選ぶ必要があります。間違った類義語を使うと意味がつながらないことがあるので気を付けましょう。

「必至」を英語で表現すると?

ビジネスシーンで英語を使う機会が増えてきました。「必須」を英語表現するとどのようになるのでしょうか?

「必至」の英語表現は「must」「inevitably」など

「必至」を英語にするには、どのような状況や状態で使われるかによって大きく違ってきます。日常的に使われる単語や形容詞を挙げながら、例文をみてみましょう。

「必至」あらわす英語は「must」「inevitably」「inevitable」「unavoidable」「be certain to」「be sure to」「be bound to」「never fail to do」などがあります。

  • It is certain to deal with massive blow in sales profit to our company

 (我が社が売上利益に大打撃をくらうのは必至だ)

  • Isn’t it really unavoidable to cut employees down to 100 next year due to recession?

(不景気だからといって、来年は従業員を100名にまで減らすことは必至ではないですよね?)

  • The huge typhoon is coming towards our town. It must be inevitable to knock a couple of  houses down.

 (大型の台風が私たちの街に向かっている。いくつかの家が崩壊するのは必至の状況だ)

  • You and I are bound to have completely different opinions each other about the project.

(あなたと私ではプロジェクトへの意見が完全に異なるのは必至である)

英語表現の場合もシーンによって使われる言葉がことなります。意味が通じるように適切な単語を選ぶようにし会話をスムーズに行いましょう。

まとめ

「必至」は日常よく使われる言葉の一つですが、「必死」や「必須」のように似たような言葉も存在します。社会人になるとさまざまな状況で人と接するようになるので、正しい言葉を選んで使うことがとても大切です。「必至」の持つ意味をしっかり理解して、表現力も高めていきましょう。

 

ABOUTこの記事をかいた人

アバター

某私立大経営学部卒、大手旅行会社、商社を経て、豪州へ移住。米国PCメーカーのカスタマー部に勤務後、カンガルーやエミューのいるNSW州の片田舎で生活を開始。田舎暮らしをきっかけにフリーランス(ライター・翻訳)に転身し現在に至る。趣味はゴルフ、料理、ローカルとのゴシップ、キャンプ。