「面々」の意味とは?「顔ぶれ」との違いや例文・類語も解説

「面々」とは「一人一人」を意味する言葉です。「そうそうたる面々」のように表す「面々」ですが、「顔ぶれ」との違いが分からないという方もいるでしょう。

この記事では「面々」の読み方や使い方の例文、類語を解説します。くわえて「面々」は敬語として適しているのかという疑問や、英語表現についても解説しましょう。

「面々」の意味とは?

「面々」とは2つの意味をもつ熟語

「面々(めんめん)」とは2つの意味をもつ熟語です。1つ目には「各自」や「一人一人」など各々の人を表す意味が、2つ目には「二人称として相手を呼びかける言葉」としての意味があります。

面々(めんめん)

  1. 各自。一人一人。
  2. 二人称として相手を呼びかける言葉。

現代では主に1つ目の「各自」「一人一人」という意味で、「名だたる面々」や「社員の面々」のように使用します。

「面々」の読み方は「めんめん」

「面々」の読み方は「めんめん」です。「面々」と書いて「つらつら」と読むこともありますが、壁や柱の計測方法をさす建築用語であるため本来の「面々(めんめん)」の意味とは異なります。

「面々」は古語としても使われる

「面々」は古語として「一人一人」という意味で使用されていました。鎌倉時代につくられた『古今著聞集(ここんちょもんじゅう)』には次のような文章があります。

 

御鷹飼いども面々にとりかひけれども、すべて鳥に目をだにかけざりければ、

訳:鷹飼(とりかい)たち一人一人に飼育させたが、鳥にまったく目もくれなかったので、

「面々」と「顔ぶれ」の違いとは?

「面々」と「顔ぶれ」は同じ意味ではない

「面々」と似た使い方をする「顔ぶれ」ですが、2つの意味には違いがあります。「顔ぶれ」とは「会合や事業に参加する人々」を意味する単語です。どちらも複数人にむけて使用されますが、「面々」は「一人一人」を意味するため個人に重きを置いているのに対し、「顔ぶれ」は「集まり全体」に重きを置いています。

集まったメンバーの一人一人に着目するのか、それとも1つのグループとして全体に着目するのかによって使い分けましょう。

・面々…集まった人、一人一人に着目する。

・顔ぶれ…一人一人ではなく1つのグループとして捉える。

「面々」の使い方と例文

「そうそうたる面々が」は「優れた人々が」を表す

「面々」のよくある使い方の1つが「そうそうたる面々」です。「そうそうたる面々」とは「とくに優れた人々が集まっている様子」を意味し、漢字では「錚々たる面々」とも表します。

「そうそうたる」とは「数ある中でとくに優れている様子」を意味する言葉で、「面々」とあわせて使うことで「一人一人が優れている集団」という意味をもつのです。

例文

・社長就任の祝賀会には、歴代社長などそうそうたる面々が顔をそろえた。

・1軍メンバーともなると、やはり錚々たる面々が名を連ねている。

「面々」は敬語表現ではないため注意

「面々」という言葉自体は敬語表現ではないため、目上への使用は適していません。「面々」は対等な立場の相手や、目下の相手へ使用される言葉です。「そうそうたる面々」や「名だたる面々」のように相手へ敬意を込めたつもりでも、不快感を与えることにもあるため注意しましょう。

目上の相手へ使用する場合は「そうそうたる顔ぶれ」や「名だたる顔ぶれ」が適しています。

「面々と続く」は誤用である

「面々と続く」という使い方は誤用であるため、注意しましょう。「面々と続く」は本来「綿々(めんめん)と続く」と表し、「途絶えることなく続く様子」を意味します。「面々」と「綿々」はどちらも「めんめん」と読みますが、意味が大きく異なるため混同しないようにしましょう。

「面々」を使った例文

  • 最前線で戦っている面々を、労わろうとは思わないのか?
  • ふと写真を見返し、懐かしい面々に会いたくなった。
  • 名だたる面々を抑え、見事1位に輝いた。

「面々」の類語と英語表現とは?

「面々」の類語は「各自」

「面々」の類語には「各自(かくじ)」や「一人一人」が当てはまります。「各自」と「一人一人」はどちらも「それぞれの人」を意味しており、「面々」と類似しています。「面々」はやや古めかしい表現であるため、日常会話などでは「各自」や「一人一人」へ言い換えてみましょう。

・各自…それぞれの人。めいめい。

・一人一人…それぞれの人。それぞれの人ごと。

「面々」は英語で「Each person」

「面々」の英語表現には「Each person」が適しています。「Each person」とは「各自」「一人一人」を意味する表現であるため、「面々」と同じく「それぞれの人」を表せます。

まとめ

「面々」とは2つの意味をもつ言葉で、「一人一人」または「二人称として相手を呼びかける言葉」を意味します。主に「一人一人」という意味で「そうそうたる面々」や「名だたる面々」のように表します。

似た言葉に「顔ぶれ」がありますが、集まり全体に重きを置くか、一人一人に重きを置くかが異なるため使い分けましょう。

ABOUTこの記事をかいた人

アバター

大阪在住の新人ライターです。学生時代にビジネスマナーや医療事務・秘書などの検定を取得し、前職は医療秘書として医院勤めでした。料理とスポーツが得意なので、いつか記事にできたらなと思っています。よろしくお願いします。