「しております」の意味は?敬語の正しい使い方を例文で解説

ビジネスシーンで「しております」という言葉は、よく耳にする言葉の一つです。実際によく使っているという人も多いかと思いますが、「しております」という言葉の意味や正しい使い方をきちんと説明できるという人は意外と少ないのではないでしょうか。そこでこの記事では、「しております」の正しい使い方や意味についてご紹介します。

「しております」の意味と表現方法

「しております」は現在進行中を表す言葉

「しております」という言葉は、何かをするという動作を表す「して」と、進行中である状態を表す「おります」のふたつがひとつになった言葉です。つまり「しております」とは、仕事や動作が現在進行中であることを表す言葉になります。

「しております」は敬語表現

「しております」の「おります」という言葉は、「おる」に丁寧語である「ます」を付けた言葉です。そのため「しております」という言葉は目上の人に使える敬語表現になります。また、「しております」という言葉とよく似た言葉に「しています」という言葉がありますが、「しています」の「います」は「いる」に丁寧語である「ます」を付けた言葉です。

このようにこのふたつは大変よく似た言葉になりますが、「しております」の「おる」という言葉自体が丁寧語になっているため、「しております」は「しています」以上に、相手への敬意を示すことができる敬語表現だと言えます。

「しております」の漢字表記

「しております」を漢字で書くと「して居ります」。「居ります」は、「居る(いる)」の丁寧な言い方で、そこに存在していることを表現する言葉です。

「しております」の英語表現

「しております」を英語で表す場合、「する」の現在進行形「Doing」という言葉がそれに当たると考えがちですが、実際は、

  • I await your reply(ご連絡お待ちしております)
  • I am looking forward to it(楽しみにしております)
  • It has been prepared(ご用意しております)

など、使い方によって表現の仕方は変わってきます。

「しております」の使い方と例文

「しております」は自分の動作にたいして使う

「しております」は丁重語です。丁重語とは、高める相手がいない場合に、自分の動作を謙ることで丁重な表現をする言葉になります。そのため、「しております」という言葉は、自分の動作にたいしてしか使えません。

それに比べて「しています」という言葉は丁寧な言葉使いで相手への敬意を表す丁寧語になりますので、自分の動作や相手の動作といった幅広い使用が可能な言葉になっています。

反対語は「しておりません」

「しております」の反対語は、「しておりません」になります。「しておりません」は「していない」の謙譲語にあたりますので、「しております」と同じように、基本的には自分の動作にたいして使う言葉になります。

「していない」を相手の動作にたいして敬語表現で伝える場合、「しておりません」よりも「なさっておりません」という言葉を使うのが適切です。

「しております」の例文

具体的な「しております」の使い方を例文で見てみましょう。

  • それではご連絡をお待ちしております。
  • 来週のゴルフを楽しみにしております。
  • こちらにお茶などをご用意しております。
  • またのご来店を心よりお待ちしております。
  • こちらこそご無沙汰しております。

「しております」の使い分け

「いたしております」は目上の人にたいして使う

「しております」よりもさらに丁寧な言い回しが「いたしております」という言葉になります。例えば、「お待ちしております」を「お待ちいたしております」、「ご無沙汰しております」を「ご無沙汰いたしております」と言い換えることで、さらに丁寧な印象を相手に与えることができます。上司などに使う言葉というよりも、取引先やお客様相手に使う言葉として適切な言葉だと言えます。

「されております」は他人の行動にたいして使う

「しております」は自分の動作にたいして使う言葉ですが、それにたいして他人の動作にたいして使う場合は「されております」という言葉を使います。「部長はただいま外出されております」や「ご活躍されております」などの使い方が正しい使い方です。

「しておられます」は使わない方が無難

「しております」を他人の動作にたいして使う言葉として「しておられます」という言葉も考えられますが、そもそも「おられます」という敬語自体が間違った敬語だという考えがあります。謙譲語である「おる」という言葉と、尊敬語の「れる」を一緒に使っているというのがその理由です。

しかし、地域によっては「いる」という言葉を「おる」と表す地域もあります。その場合「おる」は謙譲語に当たりませんので間違った使い方とは言えません。しかし、このようなはっきりと答えのでていない言葉は、ビジネスシーンでは使用するのは控えたほうがよいでしょう。

まとめ

「しております」という言葉は自分の動作を謙って表す言葉。このような、自分の動作を謙るという場面は、ビジネスシーンではよくあることです。そのため、「しております」という言葉を使う場面も多いと言えますので、その正しい意味や使い方を頭に入れて、ぜひビジネスシーンで役立ててください。