「万里一空」の意味とは?使い方の例文や類似する四字熟語も解説

「万里一空(ばんりいっくう)」とは「努力を続けること」を意味する四字熟語です。大相撲での口上として使われたこともある「万里一空」の、使い方を知りたい方もいるでしょう。この記事では「万里一空」の使い方の例文や、語源である宮本武蔵の書物について解説。加えて、類語や英語表現も解説しましょう。

「万里一空」の意味とは?

「万里一空」の意味は「努力を続けること」

「万里一空(ばんりいっくう)」とは「かかげた1つの目標を見据え、怠けずに努力を続けること」を意味する四字熟語です。「万里」が「遠い距離」を、「一空」が「ひとつの空」をそれぞれ意味します。

本来は「どこまで行こうが、世界は1つの空のもとにある」という意味で「物事を冷静に捉える精神」を表していました。その後、意味が広がり「1つの目標を見据え、怠けずに努力を続ける」という意味で使われるようになったのです。

「万里一空」は「万理一空」とも表す

「万里一空」は「万理一空」とも表します。辞書にも記載されている表現で、「万里一空」と同じ意味を表します。また、「万里一空」の別表記として「萬理一空」がありますが、一般的には使用されません。

「万里一空」の語源は宮本武蔵の『五輪書』

「万里一空」の語源は『五輪書(ごりんのしょ)』にあります。『五輪書』とは宮本武蔵が記した兵法書(へいほうしょ)で、そこには以下のような一節があります。

山水三千世界を万理一空に入れ、満天地ともまとめる

訳:世界は1つの空のもとにあり、どこまで行っても同じ世界である

1つの空のもと世界は1つに繋がっていることから、物事を冷静に捉える精神を表すようになります。現代では意味が広がり、「1つの目標に向かって努力し続ける」という意味で使われるようになったのです。

「万里一空」の使い方と例文

目標に向かって努力を続ける状況で使う

「万里一空」は目標に向かって努力を続ける状況で使用されます。たとえば3年間の高校生活をささげて、難関大学へ入学することを目標にするとしましょう。「A大学への入学」という1つの目標に向かって、3年間も努力を続ける様子はまさに「万里一空」であると言えます。

「万里一空の境地」や「万里一空の精神」のように表す

「万里一空」は「万里一空の境地」や「万里一空の精神」のように表します。「万里一空の境地」と「万里一空の精神」は、どちらも「1つの目標に向かって励み続けるという心の状態」を意味しています。

例文

・万里一空の境地を目指して、頑張っていこうと思う。

・万里一空の精神をもってすれば、必ず成し遂げられるだろう。

スローガンや抱負に使われることもある

「万里一空」はスローガンや抱負として使用されることもあります。「1つの目標に向かって努力し続ける」という意味が込められているため、とくにスポーツでの目標や新年の抱負に適しているのです。

「万里一空」は口上に使われたこともある

大相撲の元大関である琴奨菊(ことしょうぎく)は、口上の一部に「万里一空」を使用しました。大関昇進の伝達式では、次のように述べています。

大関の地位を汚さぬよう万理一空(ばんりいっくう)の境地を求めて、

さらに、相撲の口上だけでなく、野球選手が座右の銘として使用したこともあり、とくにスポーツでは多く使用される四字熟語です。

「万里一空」を使った例文

  • 抱負として万里一空を掲げたからには、しっかりと励まなくては。
  • 雑念にとらわれず、万里一空の精神で突き進もうと思う。
  • 現状に満足せず、万里一空を胸に頑張っていく。

「万里一空」と類似する四字熟語

類語「勇往邁進」はひたすら進むこと

「万里一空」と類似する四字熟語(類語)には「勇往邁進(ゆうおうまいしん)」が当てはまります。「勇往邁進」とは「恐れることなく目標に向かってひたすら進むこと」を意味する四字熟語です。

「万里一空」と「勇往邁進」は「目標に向かって進む」という点が類似しているため、言い換えてみましょう。

例文

・目指すべきところへ向かって、勇往邁進している様は素敵だ。

・優勝を目指して勇往邁進している。

類語「勤倹力行」は精一杯の努力を表す

「勤倹力行(きんけんりっこう)」という四字熟語も、「万里一空」の類義に適しています。「勤倹力行」とは「しっかりと働き、精一杯の努力をすること」を意味する四字熟語です。「万里一空」と「勤倹力行」は「努力する」という点で類似しているため、類語に当てはまります。

例文

・彼の勤倹力行ぶりには、友人全員が胸をうたれた。

・勤倹力行な彼女のことが評価されるのは、同僚として鼻が高いよ。

「万里一空」の英語表現とは?

「万里一空」は英語で「I will never give up」

「万里一空」の英語表現には「I will never give up」が使用できます。四字熟語である「万里一空」をそのまま英語に翻訳してしまうと、「努力し続ける」という意味が伝わりません。「決して諦めない」を意味する「I will never give up」と訳すことで、「万里一空」の「努力し続ける」という意味を表せます。

例文

・I will never give up on my goal.

意味:目標を達成するまで、決して諦めない。

まとめ

「万里一空」とは「努力を続けること」を意味する四字熟語です。新年の抱負やスローガンに掲げられることも多く、「万里一空の境地」「万里一空の精神」のように使用します。類語には「勇往邁進」や「勤倹力行」が当てはまるため、言い換えてみましょう。

ABOUTこの記事をかいた人

アバター

大阪在住の新人ライターです。学生時代にビジネスマナーや医療事務・秘書などの検定を取得し、前職は医療秘書として医院勤めでした。料理とスポーツが得意なので、いつか記事にできたらなと思っています。よろしくお願いします。