「ご連絡」の正しい敬語表現とは?目上への使い方と注意点を紹介

ビジネスシーンでよく使われる「ご連絡」という言葉ですが、正しく使えていますか?前後に様々な言葉をつけることができ、使い回しのきく言葉です。しかし、使い方を間違えると相手に対し失礼になってしまいます。正しい敬語表現と注意点を紹介するので参考にしてください。



「ご連絡」の正しい使い方

「ご連絡」は目上へ使う言葉

「ご連絡」という言葉は「連絡」に接頭語である「御(ご)」を付けた敬語表現です。上司や取引先の担当者など目上の人へ、「連絡します」と接頭語を抜いて使うことは間違いではないのですが、丁寧さに欠けるため「ご連絡」を使う方が良いでしょう。

例えば、自分から相手に連絡する場合は「○○の件についてお伺いしたいことがあるため、ご連絡いたしました」という文章になります。相手から自分に対し連絡があった場合は「ご連絡ありがとうございます」というように使えます。

「ご報告」は類語だが使い方に注意

「ご報告」は「ご連絡」の類語に該当され、同じく「物事を述べる」際に使われる表現です。類語となる「ご報告」という言葉ですが、使い分ける必要があり、状況によって「ご報告」なのか「ご連絡」なのかが変わってきます。

「ご報告」とはすでに終了した事柄の結果について述べる際に使われ、「ご連絡」は現在進行している事柄について簡単に述べる際に使われる言葉です。伝えたい事柄の状況を見て、使い分けましょう。

「ご連絡」の敬語表現

謙譲語を使い「ご連絡申し上げます」

自分から目上の相手へ連絡する際は「ご連絡申し上げます」や「ご連絡いたします」と使います。「申し上げる」や「いたす」は謙譲語であり、自分をへりくだらせた敬語表現のため、目上の人へ使うことができます。

相手からの連絡には「ご連絡ありがとうございます」

目上の相手からメールや電話で連絡が来た際、「ご連絡ありがとうございます」と使うことができます。例えば、相手が休みにも関わらず連絡をくれた場合、「休日にも関わらず、ご連絡ありがとうございます」となります。他にも「早朝にも関わらず」や「お忙しいにも関わらず」など、状況に合わせて使ってください。

連絡が欲しい際は「ご連絡いただけると幸いです」

相手から連絡を貰いたいときは「ご連絡いただけると幸いです」というように使われます。「幸い」とは「ありがたい」や「幸せ」という意味を持つため、「連絡してくれるとありがたい」という意味の文章となります。

ただ、「幸いです」を使うことで曖昧な文章に捉えられてしまうことがあり、必ず連絡が欲しい際には適していません。相手から必ず連絡を貰いたいときは「ご連絡お待ちしています」を使う方が適切でしょう。

「ご連絡」を使う際の注意点

「ご連絡差し上げる」に不快を覚える人も

目上の相手へ連絡する際に「ご連絡差し上げます」という言葉は使わないでおきましょう。「ご連絡差し上げます」の「差し上げる」とは「与える」の謙譲語ですので、敬語表現として間違ってはいません。しかし、「差し上げる」については、「話してが相手に【差し上げる】ことによってメリットが生じることを期待している」場合に使われることが多いため、「差し上げる」という言葉の響きに、不快感を覚える人もいます。

人それぞれ捉え方は異なるため断定はできませんが、不快と思う人がいる以上「ご連絡いたします」や「ご連絡申し上げます」と言い換えるほうが無難です。

「ご連絡ください」は強引な印象に

相手からの連絡を待つ際「ご連絡ください」という言葉を使うことがあります。文章的には間違った言い回しではないのですが、命令形である「ください」という言葉を使うことで、強引な印象を与えてしまうことがあります。

「差し上げる」と同様に、受け取り方は人それぞれですので、心配なときは「ご連絡お待ちしております」などと言い換えてください。

メールでの「ご連絡願います」は控える

「ご連絡」の使い方の一つに「ご連絡願います」という言い回しがあります。敬語としての表現の仕方に問題はありませんが、こちらから「連絡してください」とお願いするのですから、もう少し丁寧な言い回しにした方が相手からの印象も良くなります。

特にメールや手紙など書き言葉として使う際は、表情や声色がわからないため対話シーンよりもさらに丁寧な言い回しを心掛けてください。

「ご連絡させていただく」は相手の許可が必要

一見丁寧な言い回しに聞こえる「ご連絡させていただく」という言葉ですが、「させていただく」とは基本的に他者の許可を得たうえで使用される言葉です。連絡することを事前に伝えていた場合は別ですが、許可なく「させていただく」を使うことは適切ではありません。

例えば、「後日○○について連絡します」ということを相手に伝えていた場合は「先日の○○について、ご連絡させていただきました」というように使うことができます。

まとめ

「ご連絡」とは目上の相手に対し使うことができる敬語表現です。相手から自分へ、自分から相手へ連絡する際に「ご連絡」を使うことができますが、使う際は付け加える言葉に注意してください。一見丁寧な言い回しに聞こえる言葉が、実は相手に悪い印象を与えていることもあります。社会人として正しい敬語を使いましょう。

ABOUTこの記事をかいた人

アバター

大阪在住の新人ライターです。学生時代にビジネスマナーや医療事務・秘書などの検定を取得し、前職は医療秘書として医院勤めでした。料理とスポーツが得意なので、いつか記事にできたらなと思っています。よろしくお願いします。