リバイバルの意味と使い方とは?リバイバル現象も解説【例文つき】

「リバイバル」は人気シンガーが手掛ける「歌のタイトル」として聞いたこともあるのではないでしょうか?「リバイバル」にはとても深い意味があり、にわかに注目を集めているカタカナ語であることを知っていますか?

ここでは「リバイバル」の意味と使い方を例文を用いて紹介しています。「リバイバル現象」についても触れながら解説していきましょう。

「リバイバル」の意味

「リバイバル」とは「復活」を意味する

「リバイバル」には「命を吹き返すこと」「生き返り」「よみがえり」などの基本的な意味があり、「元気が回復する」「意識が戻る」ことを表す時にも使われます。

その他、古い映画、演劇、歌謡曲など、かつて人々を魅力した作品が「再上映される」「再演される」こと、また過去に流行ったファッション、習慣、行事、カルチャーなどが「再評価されること」「復活を遂げる」という意味もあります。

昔のものごとが再びもてはやされ、人々の話題となることを指しているため「懐かしさ」「感動」を醸し出す言葉の一つでもあるかもしれません。

「リバイバル」の語源は英語の「revival」

「リバイバル」は一般社会でも少しずつ使われ始めているカタカナ語の一つです。語源は英語の「revival」で「re=もう一度」と「vive=生きる」に性質を示す「al」を最後に付けた言葉になります。この時点ですでに意味の想像がつく人もいるのではないでしょうか?

「リバイバル」はキリスト教用語

「リバイバル」には宗教で使われる言葉としても知られています。キリスト教において「神を信ずる」という基本理念や信仰の原点に戻るという運動、また停滞した信仰を再び活発化させる運動が「リバイバル」です。

入信を促進するために有力な牧師を招き入れ、数日間にわたり「信仰復興」「伝導集会」を行うことを「リバイバル」とも呼び、海外ではよく見聞きする言葉の一つでもあります。

「リバイバル」日常会話の例文10選

  • 20年前に一世風靡したファッションが、最近リバイバルしたそうだよ。
  • 精神の安定をはかる「瞑想」の習慣がリバイバルしている。
  • そういえば、昔観た青春映画が若者の間でリバイバルしているんだって。
  • 住宅事情においてリバイバル傾向にあるのは、藁ぶき屋根が特徴の古民家です。
  • 同僚の田中さん、先月の落ち込みから驚くようなリバイバルを遂げたよ。
  • インフルエンザにかかったけど、何とかリバイバルできたよかった。
  • かつて自分の心の中にあった「勇気」がリバイバルしてきたと感じている。
  • 経済を健全にリバイバルさせるには、雇用問題への取り組みが重要だ。
  • 荒れ果てた土地に畑を耕して、リバイバルさせようじゃないか!
  • 先日キリスト教のリバイバルが行われました。

「リバイバル現象」とは?

一般的な「リバイバル現象」の意味

「リバイバル現象」とは、かつて流行したファッションやアイテムなどが、再び復活することを指しています。一度は古くなったものの、数年後に魅力が再燃焼することで「再びブームが到来する」という活気を感じる現象でもあるでしょう。

医療分野での「リバイバル現象」の意味

一方、医療の観点からは別の「リバイバル現象」があります。たとえば、慢性の病気(腰痛など)がある人が腕の骨を折ってしまった時、一時的に腰痛の痛みを忘れ、骨折の痛みだけを感じるようになります。しかし、骨折が治ると、再び腰痛の痛みを感じ始めるという現象です。

他にも「リバイバル現象」は多く存在しますが、総じて、さまざまな状況において、一旦は停滞するものの「再び蘇る」という現象であると説明できるでしょう。

英語「revival」を使ったビジネス例文

  • We are looking at the revival of business activity this year slowly but surely.
    今年はゆっくりながらも確実に、景気の回復が見られると予測している。
  • A company has to proceed the process of revival of enterprises anytime soon.
    A社はすぐにでも企業再生のプロセスを踏まなければならない。
  • The boss mentioned  that revival of inflation began to affect our business.
    上司がインフレの再燃で、ビジネスに影響が出てきたと話していた。

まとめ

「リバイバル」は英語の「revival」のことで「復活」「生き返る」「蘇る」「再燃する」「再上演する」「回復する」などの意味があります。

「リバイバル現象」は、主にかつて流行ったファッションや商品が再脚光を浴びる意味で使われますが、あらゆるシーンで「蘇り」の状況が現れる、浮き彫りになることも意味すると解釈してもよいでしょう。

英語表現においては、ビジネスシーンでも「経済の復興」「企業の再生」で使われます。カタカナ語と英語の「リバイバル」を上手に使いこなして会話の幅を広げてみて下さい。