「レセプション」の意味と使い方!パーティーとの違いや英語も解説

ホテルやイベントなどで聞く「レセプション」という言葉。『「レセプション」にお集まりください』と言われて「受付」に行くのか、「パーティーの会場」に行くのか、迷った経験もあるかもしれません。

今回は「レセプション」について、複数の意味を英語の観点から説明し、レセプションを使った関連用語を解説していきます。

「レセプション」の意味

「レセプション」の意味を正しくとらえるために、原語である英語の意味を確認してみましょう。

英語「reception」の意味

英語の「reception」には複数の意味があります。

  • ホテルなどの受付
  • 歓迎会・パーティー
  • 歓迎・もてなし
  • 受け取る行為

「受付」と「歓迎」、さらに「受け取る行為」は頭の中で繋がらないような気がします。「reception」のもとの言葉も確認してみましょう。

「レシーブ」がもとの意味

もととなる言葉は「receive」で、「取り戻す」という意味があり、それが「受け取る」という動詞になりました。バレーボールの「レシーブ」の意味です。

「受け取る」の動詞「receive」を名詞にすると「reception」となり、「受け取る行為」を意味します。そこから派生して、「受付」や「歓迎」、「歓迎会」となったわけです。

また、カタカナ語で「レシート」と呼ぶ「領収書」は英語で「 receipt 」と表記します。これは「receive」の関連語です。

以上のことから、もとの意味は「受け取る」ことで、そこから「受付」や受け入れを歓迎する意味の「歓迎会」の意味を持つようになったと考えると、関連付けができて覚えやすいのではないかと思います。

カタカナ語「レセプション」の意味

日本で「レセプション」と言う時は、「ホテルなどの受付(フロント)」や、「公式に催される歓迎会や正装を要するパーティー」といった意味合いで用いられます。

そのため、「レセプションの仕事」であれば「受付の仕事」であり、「レセプションに出席する」であれば「パーティーに出席する」という意味になります。

「フロント」は海外では「レセプション」と言うべき

なお、日本ではホテルの受付のことを「フロント」と言います。しかし本来は「front desk(フロントデスク)」または「reception(レセプション)」が正しい英語の表現です。

海外では「フロント」だけでは通じないので注意しましょう。

「レセプション」の使い方

レセプションパーティー

「レセプションパーティー」とは、 英語の「reception」の「歓迎会・パーティー」の意味で使われる言葉です。「レセプション」と言うだけでは「受付」の意味との区別がうまくできないため、あえて「パーティー」を加えて用いる習慣ができたと思われます。

具体的には、新製品の発表や企業の創立記念日などの時に関係者の交流を目的として開かれるパーティーのことを指します。一般的に正式な招待状が用意されるような改まったパーティーのことをいいます。

また出席者の交流を目的とするため、自由に歓談できる立食形式であることが多いようです。

歓迎レセプション

レセプションの中でも、歓迎の意味が強いレセプションの場合はあえて「歓迎レセプション」と表記することがあります。例えばシンポジウムの開催にあわせて行われるレセプションなどで、登壇者や来賓を歓迎する意味を込めて「歓迎レセプション」と示されることがあります。

ウェディングレセプション

結婚披露宴のことを英語で「Wedding Reception(ウェディング・レセプション)」といいます。挙式は英語で「Wedding Ceremony(ウェディング・セレモニー)」といいます。日本でも、「ウェディング・レセプション」という時は挙式ではなく、披露宴のことを指します。

結婚式の受付には「レセプション」と書かれていることが多いので、「レセプション」には「受付」と「披露宴」の両方の意味があると理解していないと、紛らわしいと感じるでしょう。

また、日本の「結婚式の二次会」を英語で表現するなら「Wedding Party」が適切といえるでしょう。その催しが正式なものであるかどうかの違いによります。

レセプションルーム/レセプションホール

ホテルの宴会場や、企業などで訪問客をもてなすための部屋のことをレセプションルームと言います。ある程度の大規模なものはレセプションホールと呼ばれます。

「レセプション」の仕事

「レセプション」の求人はたくさんあります。そのほとんどは「受付」の仕事を指し、業種としてはホテル、美容院、病院、劇場、会社などにレセプションがあり、そこでの業務を指します。

また、レセプションで働く人のことを「レセプショニスト」といいます。

まとめ

「レセプション」とは、「受付」「歓迎の意味があるパーティー」のことでした。バレーボールの「レシーブを受ける」の意味と関係がある言葉ということも、楽しい発見ではないでしょうか。

カタカナ語として定着してはいるものの、複数の意味があったり、意味が曖昧なまま使われている言葉も多くあります。そんな時はもととなった英語の意味を確認してみることをおすすめします。関連語の意味も確認できて、一石二鳥といえるでしょう。