「狼藉」の意味とは?語源や類語・四字熟語の「落花狼藉」も解説

「狼藉(ろうぜき)」とは「物が散らかる様子」「乱暴な振る舞い」の2つの意味をもつ言葉です。「狼藉を働く」や「狼藉者」のように使う「狼藉」の、例文を知りたい方もいるでしょう。

この記事では「狼藉」の語源や使い方の例文、四字熟語の「落花狼藉」を解説します。加えて「狼藉」の類語や英語表現も解説しましょう。

「狼藉」の意味と語源とは?

「狼藉」の意味は2つある

「狼藉(ろうぜき)」とは2つの意味をもつ言葉です。1つ目には「物があちこちに散らかっている様子」という意味が、2つ目には「乱暴な振る舞い」という意味があります。

狼藉(ろうぜき)

  1. 物があちこちに散らかっている様子。
  2. 乱暴な振る舞い。

読み方は「ろうぜき」、古語では「らうぜき」と読む

「狼藉」の読み方は「ろうぜき」で、古語では「らうぜき」と読まれていました。「狼藉」を「ろうじゃく」と読むこともありますが、その場合「狼藉」がもつ意味が異なります。「狼藉」を「物が散らかっている様子」「乱暴な振る舞い」という意味で使用する場合は、「ろうぜき」と読みましょう。

「狼藉」の語源は中国の書物にある

「狼藉」の語源は中国の歴史書の1つである『滑稽列伝(こっけいれつでん)』にあります。「狼藉」は『滑稽列伝』に出てくる漢語で、「狼」は「オオカミ」を「藉」は「敷く」「踏む」を意味します。

オオカミが寝床として敷いた草が乱れていたことから「狼藉」は「物が散らかっている」という意味で使われていました。中国から日本に入ってきた後に「乱暴な振る舞い」という意味が加えられたのです。

「狼藉」の使い方と例文

主に「乱暴な振る舞い」という意味で使う

「狼藉」には2つの意味がありますが、主に「乱暴な振る舞い」という意味で使用されます。時代劇などで耳にする「○○と知っての狼藉か」という表現は「わたしを○○と知ったうえでの、乱暴な振る舞いか」と、目上に対する無法を咎める意味で使われています。

「狼藉を働く」「狼藉者」のように表す

「狼藉」の使い方には「狼藉を働く」や「狼藉者(ろうぜきもの)」があります。「狼藉を働く」とは「荒々しい振る舞いをすること」を意味する言葉で、「狼藉を働いた」や「狼藉を働き」のように表します。

一方で「狼藉者」は「荒々しい振る舞いをする人」を指す言葉です。「狼藉者を叩き出す」や「狼藉者を捕まえる」のように表しましょう。

例文
  • 狼藉を働いては、村の人々から叱られていた。
  • 侵入した狼藉者は、守衛によって取り押さえられた。

「狼藉日」とは悪日の1つ

「狼藉日(ろうじゃくにち)」も「狼藉」の使い方の1つです。「狼藉日」とは「運の悪い日」とされる「悪日(あくにち)」の1つで、その日に行う全ての事が失敗すると言われています。

「悪日」は「狼藉日」の他に「大禍日(たいかにち)」と「滅門日(めつもんにち)」があり、3つをあわせて「三箇の悪日(さんがのあくにち)」と呼ばれます。

「狼藉」を使った例文

  • あれほどの狼藉を働けば、罰が下るのも当然だ。
  • 法律を無視し、狼藉の限りを尽くす集団へとなり果てた。
  • 彼の言動を見ていると、狼藉を働くようには思えないのだ。

「狼藉」を使った四字熟語とは?

「落花狼藉」には4つの意味がある

四字熟語の「落花狼藉(らっかろうぜき)」には4つの意味があります。本来「落花狼藉」とは「花が乱れて散ること」または「花を乱暴にして散らすこと」の2つの意味で使われていました。

「花が乱れて散る」という意味が転じて「物があちこちに散らかる」という意味で使われるようになり、もう1つの「花を乱暴にして散らす」という意味が広がり「女性や子どもに乱暴すること」という意味が加えられたのです。使い方が広がった結果として、4つの意味で「落花狼藉」が使われるようになりました。

落花狼藉(らっかろうぜき)

  1. 花が乱れて散ること。
  2. 転じて、物があちこちに散らかること。
  3. 花を乱暴にして散らすこと。
  4. 転じて、女性や子どもに乱暴すること。

「乱暴狼藉」の意味は「荒々しい言動」

「乱暴狼藉(らんぼうろうぜき)」も「狼藉」を使った四字熟語です。「乱暴狼藉」とは「荒々しく野性的な言動」を意味する言葉で、ネガティブな表現として使われます。「乱暴狼藉」では「乱暴な振る舞い」という意味で「狼藉」が使用されています。

例文
  • この地での乱暴狼藉を許さない。
  • 酒にのまれて乱暴狼藉を働くなんて、もってのほかだ。

「狼藉」の類語と英語表現とは?

「狼藉」の類語は「暴行」

「狼藉」の類語には「暴行」が当てはまります。「狼藉」と「暴行」は「乱暴な行い」「よくない行為」という点で類似しているため、類語として使用できるのです。「狼藉」は文章語として使われることが多いため、堅苦しいと感じる場合は「暴行」へと言い換えてみましょう。

「狼藉」は英語で「Violence」

「狼藉」の英語表現には「Violence」が適しています。「Violence」とは「暴力」「乱暴」を意味する単語で、「狼藉」の「乱暴な振る舞い」という意味を表せます。「Do violence(乱暴を働く)」のように使用しましょう。

例文
  • Don’t use violence against people.

意味:人に暴力を振るってはいけない。

まとめ

「狼藉」とは「物があちこちに散らかっている様子」または「乱暴な振る舞い」の2つの意味をもつ言葉です。主に「乱暴な振る舞い」という意味で使用され、「狼藉を働く」「狼藉者」のように表します。

「狼藉」は文章語としての使用が多いため、堅苦しいと感じる場合は類語の「暴行」へと言い換えてみましょう。

ABOUTこの記事をかいた人

アバター

大阪在住の新人ライターです。学生時代にビジネスマナーや医療事務・秘書などの検定を取得し、前職は医療秘書として医院勤めでした。料理とスポーツが得意なので、いつか記事にできたらなと思っています。よろしくお願いします。