「ヘゲモニー」の意味とは?イニシアチブとの違いや使い方の例文も

普段の生活ではあまり見聞きしない「ヘゲモニー」という言葉。日本では歴史本や政治関連の雑誌などで見かける、専門的な表現の一つでもあります。「ヘゲモニー」は一般的に「覇権」という概念で浸透していますが、「イニシアチブ」とはどう異なるのでしょうか?

ここでは「ヘゲモニー」の意味や使い方の例文などをわかりやすくご紹介します。

「ヘゲモニー」の意味とは?

「ヘゲモニー」の意味は「覇権」のこと

「ヘゲモニー(hegemony)」とは、いわゆる「覇権(はけん)」のことです。「覇権」は特定の集団や人物が、長い期間にわたり確固たる地位や権力を持つことを意味します。わかりやすく言うと「支配権」や「優位のある指導的なポジション」の事です。

つまり「ヘゲモニー」とは、優位なポジションを掌握した覇者が、オーソリティや実権力を行使しリーダーシップをとること、そして、主に国や地域、政党などを支配し統治することを指しています。

また「ヘゲモニー」は、ある国が他国を権勢し圧倒する勢力を持つことも意味します。とくに軍事力においては、世界における国家の地位や、他国に与える影響力の偉大さを表す言葉でもあります。

「ヘゲモニー」は強制的な支配ではない

「ヘゲモニー」の特徴として、支配者と劣位者の間に「強制的」な関係がないという事が挙げられます。「ヘゲモニー」とは政治や文化において、双方の間で合意や協調を得ているのが特徴です。

たとえ、双方の間に「支配者」や「被支配者」という上下関係があっても、利益や特権を供与することで、安定した支配を維持しているのが「ヘゲモニー」です。

つまり「ヘゲモニー」とは強制的な行動や武力行使、また権力を手玉に取って圧力をかけるような背景を持ちません。あくまで双方の「優越」を活用し、お互いが良好的な関係であるのが「ヘゲモニー」のあり方となります。

「ヘゲモニー」は伊グラムシの理論で知られる

もともと「ヘゲモニー」は、イタリア出身のマルクス主義者である革命家「アントニオ・グラムシ(Antonio Gramsci)」が提唱した言葉です。

グラムシは1920年代にイタリア共産党の創設に関わり、戦後の構造改革を唱えた偉大なインフルエンサーでもあります。国家・文化論などへの強い意見を持ち、西欧マルクス主義における源泉となったもグラムシです。

「ヘゲモニー」と「イニシアチブ」の違いとは?

「イニシアチブ」は「主導権のこと」

「ヘゲモニー」と意味を混同しやすいカタカナ語に「イニシアチブ(initiative)」があります。「イニシアチブ」も「指導権」や「主導権」と言った意味がありますが、「ヘゲモニー」とは若干ながらニュアンスが異なります。

もともと「イニシアチブ」は「自発力」や「先制」という意味があり、自分から進んで何かをすること、転じて「主導性を持つ行動」というニュアンスで使われます。

「ヘゲモニー」は、国家や政治における「確固たる優位性」や「指導権」を意味しますが、イニシアチブは「第一歩」や「自ら進んで何かをする」という意味を持つ言葉となります。

「イニシアチブ」は一般的な指導権に対して使われる

たとえば、企業や団体では「自分が先導して物事を始める、すすめる」という意味で「イニシアチブをとる」という表現を使います。この時「ヘゲモニーをとる」という表現は使いません。

「ヘゲモニー」と「イニシアチブ」の意味の違いを理解する時は、恋人同士、仲間同士、家族、スポーツチーム、企業など、広く一般的に使われるのがイニシアチブ、一方、国家や軍事など専門的に使われるのが「ヘゲモニー」と解釈しておきましょう。

「ヘゲモニー」の使い方と例文

「ヘゲモニー」は専門用語であること意識する

「ヘゲモニー」は、会社や家族など一般的な環境で使われる言葉ではありません。主に国家や政治、文化などの領域での「優位性」や「主導権」を意味するため、文化や経済、社会や哲学的な領域での、、専門的に使われる言葉であることを理解しておくことが大切です。

よく使われる言い回し「ヘゲモニー主義」「文化ヘゲモニー」

学術的な書物や経済ニュースなどをはじめ、「ヘゲモニー」を使った言い回しで見聞きするのが「ヘゲモニー主義」や「文化ヘゲモニー」です。実際、この二つの言い回しは、ほぼ同じ意味で使われています。

たとえば、「ヘゲモニー主義」や「文化ヘゲモニー」を基軸とする国家は、支配者階級が武力によるものではなく、国民との合意や同意のもと、純粋なリーダーシップによって成り立っています。

そして、国民がこのような支配的状況を「常識」「当たり前の現実」と受け止める風潮や概念こそが、「ヘゲモニー主義」であり「文化ヘゲモニー」となります。その他「ヘゲモニー国家」「ヘゲモニー闘争」「テクノヘゲモニー」などもよく使われます。あわせて覚えておきましょう。

「ヘゲモニー」を使った例文

  • 戦争でヘゲモニーを争うのは間違いである。
  • アメリカやドイツなど、世界にはヘゲモニー国家がいくつか存在すると言われている。
  • テクノロジーにおけるヘゲモニーを考えると、日本の立ち位置はかなり優位だ。
  • 政治でのヘゲモニーを覆すには、相当の時間がかかるだろう。

まとめ

「ヘゲモニー(hegemony)」とは、日本では一般的に「覇権」として知られ、ある集団や人が長期にわたり絶対的に優位な立場や地位にあり、指導や指揮、支配をすることを意味します。

「ヘゲモニー」は主に国家や政治のフィールドで使われることが多く、企業や一般的な関係においては、主導権という意味を持つ「イニシアチブ」を用います。また「ヘゲモニー」は人々の合意や同意に基づく支配権を表すため、決して強制的な行為や武力行使ではないのが特徴であることも、理解しておきましょう。