「文章力」の意味や類語とは?鍛える方法や書き方の基本も解説

「文章力」の向上は社会人にとって重要とされます。しかし、小説家のような文才が書く文章と、ビジネスで必要とされる「文章力」は異なるものです。「文章力」の意味や、類語「文才」との違いを確認しましょう。また、鍛える方法・スマートフォンアプリを使った毎日のトレーニングについてもご説明します。

「文章力」の意味とは

「文章力」の意味とは「伝わる文を書く能力」

「文章力(ぶんしょうりょく)」の意味は「文章を書く能力」です。しかし、一般的には「意図した内容が伝わる文章を書く能力」という意味で使われます。そのため、伝えたい情報をまとめたり、読みてを想定して言葉や漢字を選んだりする力も「文章力」に含まれると言えるでしょう。

読み手や書く場所によって具体的な定義は変わる

一般的にビジネスシーンでは「誰が読んでも誤解しない、分かりやすい文章」を書けることを「文章力が高い」と言います。ただし、読み手や書く場所によって定義は変わります。ある場面では良い文章でも、そのまま他の場面で使っては「文章力がない」と言われるかもしれません。

ビジネスメールとクイズ本の問題文で考えてみましょう。クイズ本の読者は謎解きを楽しみたいと思っています。そのため、ビジネスメールの基本に則った「答えが誰にでもすぐ分かる文章」はふさわしくないでしょう。

「文章力」の類語とは

「文章力」の類語は「文才」

「文章力」の類語は「文才(ぶんさい)」です。意味は「上手な文章を書く才能」です。意味の上では文章力と同じ意味だと言えるのですが、基本的には以下のように使い分けられます。

「文章力」と「文才」の違いとは

「文章力」はメールや説明に使う実務的な能力であり、トレーニングで伸びる技術的なものです。

対して「文才」は小説や詩に使う芸術的な能力であり、生まれつきの才能で鍛えるのは難しいものです。

一般的なビジネスシーンで重要なのは「文章力」

一般的なビジネスシーンで重要なのは「文章力」です。ご説明した通り「文章力」と「文才」には使われる場面に違いがあります。芸術的な才能として使われることが多い「文才」は、小説家などの一部の職業でしか重要視されません。しかし、実務的な「文章力」は多くの仕事で必要になります。

メールのやりとりが多いことも「文章力」の重要性を高めています。メールは会話と違って「相手の反応を見て補足説明する」ことができません。そのため、分かりやすい文章を書く必要があるのです。

「文章力」を鍛える方法とは

「文章力」を鍛える方法は「文章を書く」こと

「文章力」を鍛える方法として代表的なものは「実際に文章を書く」ことです。日記のような個人的なもので良いので、とにかく「文章を書くこと」に慣れるのが大切です。慣れてきたら、他の人が見ても良い内容にして、誰かに読んでもらいましょう。フィードバックをもらえれば、訓練の効果が増します。

すでにある文章を「要約(ようやく)」するのも良い方法です。「要約」とは、文章の要点を短くまとめて書くことです。「情報を読み取り、整頓すること」や「簡潔な文章にすること」のトレーニングになります。要約後に、話題や結論が変わっていないかチェックして、自己採点しましょう。

スマートフォンアプリで隙間時間に鍛える

忙しい人に便利なのがスマートフォンのアプリです。通勤の合間などの隙間時間に、少しずつ文章力のトレーニングができます。例えば、メモ帳アプリで日記を書いてみましょう。良い練習になるはずです。

他にも、多くの人に文章を公開できるSNSや、語彙力を増やせるクイズアプリもあります。スマートフォンのアプリを上手に活用してみてください。

好きな本や分かりやすい文章の構成を確認する

文章力を鍛えるためには、良い文章のインプットも大切です。文章の内容や構成(組み立て方)を確認して、自分が書く際のお手本にします。

特に、ビジネスメールの場合は分かりやすいテンプレートが多くあります。テンプレートを読み込んでおけば、自分が書くときも迷わなくなるでしょう。

文章の基本とは

文章力を鍛える訓練を始める前に、文章の基本を覚えておきましょう。

文章を書く基本は「いきなり書き始めない」こと

文章を書く基本は「いきなり書き始めないこと」です。書く前に「伝えたい内容」や「読み手」を確認したり、どのような構成にするか考える必要があります。複雑な内容の場合は、紙や別のファイルに書いて管理するとよいでしょう。

文章はシンプルな「一文一義」が基本

文章になれるまでは「一文一義(いちぶんいちぎ)」だけで書きましょう。「ひとつの文には、ひとつの情報だけ書く」ことです。簡潔で分かりやすい文章になります。

断定的で冷たい印象を持たれることもあるため、ほどよく一文二義を混ぜるのが理想です。ただし、それは文章に慣れてきてからで問題ありません。

  • 悪い例(ひとつの文にたくさん情報が入っている)
    会社に戻るのが18時を過ぎそうなのですが、急ぎの電話があったらメールして、明日で平気のものは机にメモを置いてください。
  • 良い例(ひとつの文にひとつの情報)
    会社に戻るのが18時を過ぎそうです。急ぎの電話があればメールしてください。明日で平気なものは机にメモを置いてください。

文章を書き終わったら読み直す

文章を書き終わったら、封をしたり送信したりする前に読み直しましょう。誤字脱字や分かりにくい点があったら修正します。音読すると、より間違いに気づきやすくなるでしょう。特に確認したいのが、主語と述語の対応です。

  • 修正が必要な文
    私の日課は毎日ランニングします。
    (主語の「私の日課は」と「毎日ランニングします」が対応していない)
  • 修正例
    私の日課はランニングです。
    私は毎日ランニングします。

まとめ

「文章力」とは「意図した内容が伝わる文章を書く能力」です。芸術的な分野で使われる「文才」と違って、ほとんどの仕事で重要視されます。

スマートフォンアプリを活用すれば、隙間時間にこつこつ鍛えられます。文章力を磨いて、仕事や交流をスムーズに進めましょう。