「貴院」の意味と読み方とは?「御院」との違いや使い方の例文も

「貴院」とは病院などの「院」がつく機関に対して使われる尊敬表現ですが、「貴病院」や「御院」など似た表現もあり使い方に迷うことがありますよね。

今回は「貴院」の意味と読み方のほかに、「貴院」の正しい使い方を例文と併せて紹介します。また「貴院」と「御院」の違いや「貴院」を使うときの注意点も解説します。

「貴院」の意味とは?

「貴院」の意味は「〇〇院に対して使う敬称」

「貴院」とは、病院や寺院、書院のように名称の最後に「院」が付く機関に対して使われる尊敬表現です。「院」の付く機関を敬う場合に用いられます。

「貴院」の読み方は「きいん」

「貴院」は「きいん」と読みます。「貴院」の「貴」は接頭語として使われていて、「貴院」のように使うことで相手に対して敬意を表しながら「あなたの」という意味を表しています。

「貴病院」は病院にだけ使われる敬称

「貴院」に似た言葉で「貴病院」という表現がありますが、「貴病院」は病院に対してのみ使われる尊敬表現です。「貴院」は「院」が付くすべての機関に対して使うことができますが、「貴病院」は病院に対してだけ使えます。

「貴院」と「御院」との違い

「御院」は面接などで使える口語の尊敬表現

「御院(おんいん)」とは、病院などの「院」が付く機関に対して話し言葉として使う尊敬表現です。病院関係者との会話、病院の採用試験の面接や電話などで「御院」が使われます。

「貴院」は文語、「御院」は口語

「貴院」と「御院」の違いは文語か口語かの違いです。「貴院」は文語なので書き言葉として使われますが、「御院」は口語なので話し言葉として使います。

「貴」と「御」は接頭助詞の尊敬表現で、「貴」は書き言葉として使われて、「御」は話し言葉として使われることを整理しておきましょう。

「貴」を接頭助詞として使った例

ここでは会社や銀行、施設やクリニックなどの組織や機関、または団体の「貴」をつけた表現を紹介します。手紙やメールなどでどのような表現方法を使えばいいのか迷った時に参考にしてみてください。

「貴」を使った例
  • 「貴社」:会社、企業、法人名がある介護施設など。
  • 「貴行」:銀行
  • 「貴店」:店
  • 「貴校」:学校
  • 「貴会」:「会」の付く団体など。
  • 「貴施設」:介護施設やクリニック、診療所など。
  • 「貴法人」:医療法人のような法人団体。

「貴院」の使い方と例文

「貴院」は手紙やメールなどで書き言葉として使われる

「貴院」は文語ですので、文字として書かれるときに使われる書き言葉です。例えば「院」と付く機関や組織、団体宛に送る手紙やメール、またはその機関の名称を書く代わりの表現としてビジネス文書などでも使われています。

手紙で「貴院」を使った例文
  • 末筆ではありますが、貴院の益々のご繁栄とご発展をお祈り申し上げます。
  • 貴院におかれましては、ますますご清栄のこととお喜び申し上げます。

履歴書などの応募書類に「貴院」を使う

就職活動で病院などの「院」のつく機関に応募するときには、履歴書やその他の応募書類に「貴院」が使えます。「貴院」は尊敬表現ですので、履歴書などの正式な書類にはふさわしい言葉です。

志望理由を書くときや病院宛てに手紙を書くときなどに「貴院」という言葉を使ってみましょう。

「貴院」を使った文例

  • 私は看護師として働きたいと考えて、貴院を志望しました。
  • 私が貴院で働きたい理由は、貴院が人命を助けるという病院としての使命を果たしているだけでなく社会貢献にも寄与されているからです。
  • 内定をいただきありがとうございました。少しでも貴院に貢献できるよう、就職までの日々、一層学業に励んでまいります。

「貴院」を使うときのポイント

「貴院様」は間違った使い方

「貴院」に「様」を付けた「貴院様」という表現は二重敬語となるため間違った貴院の使い方です。二重敬語とは、敬語表現が連結された表現を指し、日本語として間違った使い方のひとつです。「貴院」はすでに敬語表現で、その「貴院」の後に尊敬を意味する「様」をつけることはできません。

また「様」は個人名の後に使う敬称です。役職名や団体名に付ける使い方もありますが、個人名の後に様をつけるという使い方が一般的になっています。

「様」を使った例
  • 斎藤 ただし様
  • 〇〇病院長 斎藤ただし様

「貴院」の代わりに「貴社」を使うこともある

病院の運営母体が株式会社であり、その運営母体を指すようなケースでは「貴社(きしゃ)」を使うことがあります。「貴社」とは会社に対して使われる書き言葉の尊敬表現です。

病院に対して「貴社」を使うとなると不自然に感じられるかもしれませんが、文脈から運営母体を意図している場合には「貴社」を使うべきです。

まとめ

「貴院(きいん)」とは「院」の付く機関に対して敬意をもって表現する書き言葉です。そのため手紙やメール、文書等を通じて敬意を表す場合に用いられます。もしも会話の中で「院」の付いた機関を指す表現を用いたい場合には、貴院ではなく「御院(おんいん)」を使いましょう。