「その節」の意味とは?目上への使い方と類語を紹介

ビジネスにおいて相手と会話をする際によく使われる「その節」という言葉ですが、正しく使えていますか?似た意味を持つ「その際」や「その折」は、状況によって使い分ける必要があります。「その節」の正しい使い方を紹介するので参考にしてください。



「その節」の意味って?

「その節」は「あの時」という意味

「その節(せつ)」には「あの時」や「その時」という意味があります。相手との間に起きた過去の出来事や、これから起こるであろう未来の出来事を指す言葉として使われます。

例えば「その節はありがとうございました」という文章だと、過去の出来事を指す言葉として使われています。「その際はよろしくお願いします」だと、未来に起こるかもしれない出来事を指しています。状況によって使い分けてください。

「その節」の類語・違いを紹介

「その際」「以前は」「その折」は類語

「その節」の類語には「その際」「以前は」「その折」などの言葉が該当します。似た意味を持つ類語なのですが、「過去」や「未来」など言葉が指す対象が異なるため、状況に合わせて使いわける必要があります。

「その際」は未来の出来事を指す

「その節」は未来・過去両方の出来事を指す言葉として使われますが、「その際」は未来の出来事を指す言葉としてのみ使える言葉です。例えば「来週の会議についての提案なのですが、その際の進行役を私に任せていただけないでしょうか?」というように使います。

上記の例文の場合、「未来(来週)に開かれる会議」を指す言葉として「その際」が使われています。

「以前は」は過去の出来事を指す

「以前は」は「今」から前のことや、ずっと昔のことを意味する言葉で、広範囲の過去を指すときに使われます。例えば「私は以前、東京に住んでいました」という文章だと、「東京に住んでいたという過去」が一カ月前でも十年前でも同じ文章となります。

「その節」のように特定の出来事を指す言葉として使いたい場合は「以前の○○の時はお世話になりました」と、何について話しているか明確にする言葉を付け加える必要があるでしょう。

「その折」は未来・過去両方を指す

「その折(おり)」とは「その節」同様に未来・過去両方の出来事を指す言葉です。違いがあるとすれば「その折」は特定のタイミング・機会・チャンスに対して使われることが多いということでしょう。

例えば「今週末に実家へ帰省しますので、その折には是非お会いしたいです」という文章だと、「今週末の帰省」という特定のタイミングや機会のことを指す言葉として「その折」が使われています。

「その節」の使い方を紹介

目上に対して使える

「その節」に続く言葉を敬語表現に言い換えることで、上司や取引先の担当者など目上の人へ使うことができます。ビジネスシーンで「その節」を使う場合、感謝の言葉や謝罪の言葉と合わせて使われることが多いでしょう。

メールや手紙の書面でも使える

「その節」は対話シーンだけでなく、メールや手紙など書き言葉としても使うことができます。使うことに問題はありませんが、「その節」が指している出来事があまりにも昔の場合は、「その節」を使わずに何を指しているのか的確に記す方が親切でしょう。

メールや手紙は口頭での会話と違い、表情や声色から相手の感情を読み取ることはできません。そのため、メールや手紙ではさらに丁寧な文章を心掛けた方が、相手へスムーズに伝わります。

会話のきっかけに「その節はどうも」

会話を始めるきっかけとして「その節はどうも」という使い方があります。例えば、数日前に仕事で一緒になった人と偶然出くわしたとき「その節はどうも」や「その節は大変お世話になりました」と使います。

「その節はどうも」を使うことで、あまり親しくない相手でもスムーズに会話を始めることがでるでしょう。「その節はどうも」よりも「その節は大変お世話になりました」の方が、丁寧な言い回しになるので、相手によって使い分けてください。

目上に対する「その節」を使った例文

「その節はありがとうございました」を使った例文

相手との間で起きた過去の出来事について感謝をする際に、「その節はありがとうございました」と使うことができます。目上の人に対して使う場合は「その節」の後に続く感謝の言葉を敬語表現に変えて使ってください。

例えば手紙で使う場合、「その節はありがとうございました。直接お礼を申し上げるべく、近日中にお伺いします」というように使えます。

「その節はお世話になりました」を使った例文

「その節」に続く言葉は感謝の言葉以外もあります。「その節はお世話になりました」や「その節はご迷惑おかけしました」など謝罪の際にも使われます。

例えば、取引先の担当者へお世話になったことを伝えたい場合は「その節はお世話になりました。次回の商談もよろしくお願い致します」となります。

まとめ

「その節」は過去・未来に起きた共通する出来事を指す言葉です。「その際」や「その折」などの類語がありますが、それぞれ使い方が異なるため、シーンによって使い分けましょう。「その節」を使いこなすことで、会話のきっかけが生まれスムーズなやり取りに繋がります。社会人として正しい使い方を心掛けてください。

ABOUTこの記事をかいた人

アバター

大阪在住の新人ライターです。学生時代にビジネスマナーや医療事務・秘書などの検定を取得し、前職は医療秘書として医院勤めでした。料理とスポーツが得意なので、いつか記事にできたらなと思っています。よろしくお願いします。