「なので」の敬語と言い換えは?ビジネスでの使い方を例文で紹介

最近、若い層の人を中心に、「なので」を文頭の接続詞として使う人が増えています。また、ビジネスメールで「なので、~です」と「なので」を使うことも増えています。

年代によっては昨今の「なので」の使い方に違和感を覚える人も多いようです。「なので」の正しい使い方について紹介しますので、参考にしてください。

「なので」の意味と敬語表現は?

そもそも「なので」とはどのような意味なのでしょうか?

「なので」は「だから」と同じ意味

古くは「なので」は、断定の助動詞「だ」+接続助詞「ので」の2つの語が連結した「連語」とされており、接続詞としては認められていませんでした。連語とは、2つ以上の単語が連なり、1つの単語と似たような働きをもつ単語のことです。

「なので」の意味は、接続詞「だから」と同じ意味です。「だから」は「前に述べたことを原因・理由として、あとに述べる事がらが結果・結論となることを示す」順接の接続詞です。

「なので」は次のように用います。

  • 「私は地方出身なので、標準語が苦手です。」
  • 「野菜は栄養が豊富なので、毎日食べるようにしましょう。」

「なので」は接続詞ではないが使用は問題ない

従来の文法では「なので」は接続詞とされていませんでしたが、近年は接続詞の現代用法として、辞書などで解説される事例も出てきました。次のような使い方です。

  • 「昨日は遅くまで残業をした。なので、今朝は寝坊をしてしまった。」
  • 「デスクワークは運動不足になりがちです。なので駅まで歩くようにしましょう。」

ある程度の年代以上の層では、文頭に「なので」がくる使い方は違和感を覚える人が多いのですが、一般に広まってきたことから、言葉の使い方の定義が変わってきているものと考えられます。

また、新しい用法として紹介されてはいるものの、好ましくないとされている場合もあるため、文頭に接続しとして使う「なので」は、用法が定まるまでは、話す相手や状況によって考慮が必要な言葉だといえるでしょう。

「なので」の敬語は「ですので」

「なので」には丁寧な表現が含まれていないため、敬語で使う場合は「ですから」や「ですので」に言い換えて丁寧語にします。のちほど例文とともに具体例を紹介します。

「なので」はビジネスで使える?

「なので」はビジネスで使わない

「なので」を敬語で使うには「ですので」に言い換える必要があり、さらに「なので」はカジュアルな口語表現であるため、ビジネスシーンにはふさわしくありません。のちほど説明する言い換えの表現を参考にしてください。

「なので」は履歴書でも使用しない

また履歴書や職務経歴書などでも説明文に「なので」を入れてしまいがちですが、口語表現である上にカジュアルな表現であるため、ふさわしくありません。次の例文のように「そのため」を使うことをおすすめします。

留学経験者なので、英語は得意です。 ⇒ 海外留学経験があります。そのため英語は得意です。

「なので」の文語での言い換え方

ビジネスシーンの書き言葉で使える言い換えの表現を紹介します。

「したがいまして」の使い方の例文

  • 座席は自由なので、好きなところをお取りください。 ⇒ 座席指定はございません。したがいまして、自由に席をお取りいただけます。

「そのため」の使い方の例文

  • 必須項目が無記載なので、無効となります。 ⇒ 必須項目の記載がありません。そのため無効とさせていただきます。

「なので」の口語での言い換え方

ビジネスシーンの話し言葉で使える言い換えの表現を紹介します。

「ですので」の使い方の例文

  • 会議の開始時間なので急いでください。 ⇒ 会議の開始時間ですので、お急ぎくださいませ。

「ですから」の使い方の例文

  • お疲れのようなので、休憩時間を取ります。 ⇒ お疲れのようですから、休憩時間を取りたいと存じます。

「ですので」と「ですから」の違い

敬語で使うには「なので」を「ですので」や「ですから」に言い換えると説明しましたが、これらの言葉にはニュアンスの違いがあります。状況によって適切な表現ができるよう、例文とともに説明します。

「ですので」は柔らかい状況説明

「他の方にご迷惑ですので、喫煙はお控えください」と言う時は、他の方に迷惑がかかる状況を曖昧に表現しているといえます。

「明日は休日です。ですので、出勤はできません」という自分の状況説明についても、「ですので」を使うことによって柔らかい表現にすることができます。

「ですから」はその理由が断定的

「隣の方にご迷惑ですから、喫煙はお控えください」と言う時は、迷惑をかけていることを明確に指摘する表現となります。

「明日は休日です。ですから、出勤はできません」とすると、曖昧さが無くなり、断固として出勤しません、というかたくなな表現となります。明確に意思を伝えたい場合に用いるとよいでしょう。

まとめ

「なので」は、カジュアルな口語表現として「だから」と同じ意味で用いられる言葉です。文頭に使う用法はのぞましくないものの、間違いではないという見解も出ています。

また、ビジネスシーンや履歴書などでの文語表現では、他の表現に言い換え、さらに状況に応じて、言い換え方の配慮も必要でした。

普段、何気なく使っている言葉でも、受け取る側によって印象が大きく変わることがあります。あれ?と思う経験があったら、ぜひその言葉の使い方を点検してみることをおすすめします。