「コンディション」の意味とは?使い方の例文や類語も解説

「コンディション」とは「状態」や「調子」「条件」を意味する言葉です。「コンディション不良」「コンディションが悪い」のように使いますが、英語の「Condition」とは使い方が異なることを知っていますか?

本記事では「コンディション」の使い方や例文、類語を解説します。加えて「コンディション」の英語表現も解説しましょう。

「コンディション」の意味とは?

「コンディション」の意味は「状態」「条件」

「コンディション」とは2つの意味をもつ言葉です。1つ目に「状態」や「調子」という意味が、2つ目に「条件」という意味があります。日本で使われる「コンディション」は、主に「状態」や「調子」という意味で、「人の体」や「場所」「天候」の状態を表す状況で使われます。

コンディション

  1. 状態。調子。
  2. 条件。

「コンディショニング」の定義は「身体の調子を整える」

「コンディション」と似た表現に「コンディショニング」があります。「コンディショニング」は組織や団体によって定義が異なりますが、共通して「身体の調子を整えること」という意味を含みます。

運動競技にて最高のパフォーマンスができるよう、肉体面や精神面を整える状況で使用しましょう。

「コンディション」の使い方と例文

「コンディション」は幅広い状態を表す

「コンディション」は「人の体」や「場所」「天候」など、幅広いものの状態や調子を表します。たとえば「コンディションが良い」という使い方の場合、「体調が良い」という意味もあれば「その場所の状態が良い」という意味もあります。

前後の文章やその場の状況によって、「コンディション」が何の状態や調子を表すのかを判断しましょう。

「コンディション不良」は怪我を意味する

「コンディション不良」とは「怪我」を意味する言葉で、主に野球界で使用されます。「肩」や「腰」「足」など、あらゆる部位の怪我を「コンディション不良」で表せます。なぜ怪我の部位を明確にせず「コンディション不良」と表すのでしょうか?理由は選手の情報を知られたくないからです。

選手の復帰時期や今後の動きを悟られたくないため、「コンディション不良」と表して詳細を隠します。また、選手が他の球団へ移籍を希望している場合、怪我が選手の今後へ影響することもあります。全ての球団が「コンディション不良」を使うわけではありませんが、「コンディション不良」は球団と選手の両方にメリットのある言葉なのです。

「コンディションが悪い」のように使う

「コンディション」は「コンディションが悪い」や「コンディションを整える」のように使いましょう。「コンディションが悪い」は「調子が悪い」や「状態が悪い」を意味します。身体の調子が悪かったり、場所の状態が悪かったりする状況で使用されます。

一方で「コンディションを整える」は「調子を整える」や「状態を整える」ことを意味する言葉です。スポーツで使用されることが多く、本番に向けて身体の調子や精神状態を整えることを表します。

「コンディション」を使った例文

  • 選手のコンディションをケアすることも、マネージャーの仕事だ。
  • せっかくの晴れ舞台なのだから、最高のコンディションで臨みたい。
  • 今季はコンディション不良の影響もあり、活躍できなかった。

「コンディション」の類語と例文

「コンディション」の類語は「調子」

「コンディション」と似た意味をもつ言葉(類語)には「調子」や「状態」が当てはまります。たとえば、試合前に「コンディションが悪い」のように使う場合、「体の調子が悪い」のように言い換えが可能です。

ただ「コンディション」は天候や体調、場所など幅広いものの調子や状態を表します。「コンディションが良い」だけでは「体調が良い」「その場所の状態が良い」「天候が良い」のどれを指しているのか分からないため、「何の調子」「何の状態」なのかを明らかにしましょう。

類語「調子」「状態」を使った例文

  • 試合のプレッシャーからか、一昨日から身体の調子が悪い。
  • 昨日の夜から降った雨の影響で、グラウンドの状態が最悪だ。

「コンディション」の英語表現とは?

「コンディション」は英語で「Condition」

「コンディション」の英語表現には「Condition」が適しています。「Condition」は日本で使われる「コンディション」と同じように、「物事の状態」という意味で使われます。「Physical condition(体調)」や「Mental condition(精神状態)」のように使いましょう。

「Condition」の使い方には注意が必要

「condition」とカタカナの「コンディション」は意味が似ていることを説明しましたが、使い方には注意が必要です。「コンディション」は日常的に使われる単語で、「今日はコンディションが悪い」や「明日に向けてコンディションを整える」のように使います。

しかし「condition」は本来、医療現場で使われるような堅苦しい表現です。病気を患っているわけではないのに「コンディションが悪い」と表すと、相手に違和感を与えてしまいます。また、「I can’t agree on this condition(この条件では合意できない)」のように、「条件」という意味でも使用されます。「condition」と「コンディション」では使える状況が異なるため、注意しましょう。

まとめ

「コンディション」とは「状態」や「調子」「条件」を意味する言葉です。英語の「Condition」と同じ意味をもつものの、日常的に使われる「コンディション」と異なり、「Condition」は堅苦しい印象を与えます。

「コンディション」の類語には「調子」や「状態」が当てはまるため、言い換えてみましょう。

ABOUTこの記事をかいた人

アバター

大阪在住の新人ライターです。学生時代にビジネスマナーや医療事務・秘書などの検定を取得し、前職は医療秘書として医院勤めでした。料理とスポーツが得意なので、いつか記事にできたらなと思っています。よろしくお願いします。