「プロジェクトマネジメント」とは?活用法や要素・手法も解説

プロジェクトを効率的に進めるための方法として「プロジェクトマネジメント」という言葉がよく聞かれます。この記事では「プロジェクトマネジメント」の意味と活用法に加えて、「プロジェクトマネジメント」の要素や代表的な手法などを紹介します。

目次

「プロジェクトマネジメント」とは?おすすめの活用方法

「プロジェクトマネジメント」とはプロジェクトを効率的に管理する方法

「プロジェクトマネジメント」とは、プロジェクトを成功させるためのマネジメント法のことです。人材、時間、コスト面などさまざまな角度から事業の進捗を管理して、より効率的にプロジェクトを管理します。

プロジェクトマネジメントでQCDを管理

QCDとは「品質(quality)」「費用(cost)」「納期(delivery)」のことで、この3要素をバランスよく活用することを、プロジェクトの遂行における基本になります。

プロジェクトマネジメントによってプロジェクトの進行を具体化

プロジェクトマネジメントを駆使することによって、プロジェクトをより確かで効率的に成功へと導きます。

プロジェクトマネジメントの要素を使ってプロジェクトを構成し直して、手法を使いながらプロジェクトを進行していきます。

「プロジェクトマネジメント」に必要な10の要素とは?

「総合マネジメント」で全体を見る

「総合マネジメント」では、プロジェクトの方針を定めて全体を管理することです。方針設定では、顧客からのニーズを受け入れて、プロジェクトの概要を確認してから設定することが大切です。また全体管理では、同時に進行する複数のプロセスの進捗状態を確認、管理することが求められます。

「タイムマネジメント」で適切なスケジュール管理

「タイムマネジメント」では、プロジェクトのスケジュールを作成して管理します。タイムマネジメントで大切なことは必要な作業を把握して、人材と設備や物的資源なども考慮しながら作業にかかる時間を予測することです。期間内に終わらせるようにスケジュールを組むことも大切でしょう。

「コミュニケーションマネジメント」で情報伝達も

「コミュニケーションマネジメント」では、チーム内でのコミュニケーションだけでなく、ステークホルダー(利害関係者)との関係を良好に保つことを目的としています。最適なコミュニケーションができれば、必要となる情報の伝達も伝わりやすくなります。

「リスクマネジメント」でリスク対処を行う

リスクマネジメントではリスク対処を行います。リスクの予防はもちろんのこと、起こりえるリスクに備えながらプロジェクト推進をサポートします。数あるリスクの中から優先されるものを見出しておくと、メンバーがリスクに対して敏感となり、結果としてリスク予防にもなります。

「スコープマネジメント」で顧客が満足する目標設定

「スコープマネジメント」では、顧客を満足させることを念頭にして目標を定めます。また、目標達成に必要な作業を管理します。

「コストマネジメント」で予算管理

「コストマネジメント」では、必要な人材や機器などにかかるコストを割り出して、各コストが予算内で収まるように注意しながら予算を組み管理します。

「品質マネジメント」で満足のいく結果を出す

「品質マネジメント」では成果物の品質を管理するのですが、成果物を作るプロセスにおいても品質に着目して管理します。

「人的資質マネジメント」で人材を管理する

「人的資質マネジメント」では、必要な人材を集めたり人材の育成をしたりなど、人材に関することを管理します。

「調達マネジメント」で外から必要なものを調達する

「調達マネジメント」では、外部から必要とする人材や機器などのリソースを調達します。リソースの活用の仕方を考えることも含まれます。

「ステークホルダーマネジメント」で顧客を満足させる

「ステークホルダーマネジメント」では、プロジェクトに関わりのある人の中から特に影響のある人を特定して、その人の意向をプロジェクトの進行及び管理にどのように反映させるかを判断します。「ステークホルダーマネジメント」は顧客に満足してもらうための欠かせない要素です。

「プロジェクトマネジメント」の代表的な手法とは?

プロジェクトマネジメントの手法①「ウォーターフォール」

「ウォーターフォール」とは時系列にタスクをこなしていく手法です。

一つのタスクが終わったら次のタスクに進んでいくという方法で、確実に作業工程を終わらせられるメリットがあります。その一方で能率的ではないというデメリットのため、現在ではあまり活用されていません。

プロジェクトマネジメントの手法②「CCPM」

「CCPM」とはCritical Chain Project Managementの略語で、プロジェクトの各タスクを最小限に抑えて進めていき、「バッファ」と呼ばれる余裕を残しておく手法です。プロジェクトで求められている最小限のことを早めに進めていき、「バッファ」で後から補充していきます。この手法のメリットは納期内にプロジェクトを確実に完了するように導けることです。

プロジェクトマネジメントの手法③「ガントチャート」

「ガントチャート」は各プロセスを表上で可視化することで、全体の進捗状態を見やすくする手法です。チーム全体で進捗状況を共有しやすいメリットがあり、よく活用されている手法のひとつです。

プロジェクトマネジメントの手法④「WBS」

「WBS」とはWork Breakdown Structureの略で「作業分解構成図」という意味です。プロジェクトを細かな作業(Work)に分解(Breakdown)して構成図(Structure)としてプロジェクト全体を構成することで、必要となる作業がわかりやすくなると同時に、作業の流れも把握しやすくなります。

【補足】プロジェクトマネジメントを体系的に学ぶ方法

PMBOKを使ったプロジェクトマネジメントが主流

プロジェクトマネジメントの要素や手法などはいろいろあるのですが、それらを体系的にまとめられた著作として有名なのが「PMBOK」です。

「PMBOK」は『Project Management Body of Knowledge』の略語で、現在では「PMBOK」で解説されるプロジェクトマネジメントが主流になっています。

まとめ

「ロジェクトマネジメント」とは、10の要素を使ってプロジェクトを分析して、プロジェクト進行に合った手法を使いながらプロジェクトを進めていきます。効率的なプロジェクト運営に効果的だとして、さまざまなプロジェクトで活用されています。

ABOUT US

Light1
「難解なワードでもわかりやすく」をモットーに、常識ワードからビジネス用語、時には文化・アート系など、幅広く記事を書かせていただいています。ドイツ在住で2児の母。好きな食べ物はビターチョコレートとナッツ類。