「記述」の意味とは?類語や「記載」「記入」との違い・例文も解説

「記述(きじゅつ)」とは「文章にして書き記すこと」を意味する言葉です。似た表現に「記載」や「記入」がありますが、違いが分からないという方もいるでしょう。

この記事では「記述」の読み方や使い方の例文、類語を解説します。くわえて、「記述」の英語表現や記述問題の書き方も解説しましょう。

「記述」の意味と読み方とは?

「記述」の意味は「書き記す」

「記述(きじゅつ)」とは「文章にして書き記すこと」や「その書き記したもの」を意味する言葉です。「記」が「書き記すこと」や「書き記した文書」を、「述」が「のべること」をそれぞれ意味します。

「記述」の読み方は「きじゅつ」

「記述」の読み方は「きじゅつ」です。「記述」と同じ読み方をする熟語に「奇術」や「既述」がありますが、「奇術」は「手品」を、「既述」は「すでに述べたこと」をそれぞれ意味します。漢字を間違えないよう注意しましょう。

「記述」の使い方と例文とは?

文章を使って書く状況で使う

「記述」は文章を使って書く状況で使います。とくに「記述」は客観的な文章を書くことを表します。物事の様子や自分の考えなどを、筋道をたてて客観的に書き記す状況で使用しましょう。

「記述統計」とは「データの性質などを把握する方法」

「記述」を使った言葉に「記述統計」があります。「記述統計」とは統計の方法の1つで「収集したデータを整理して、そのデータの性質や傾向を明確にすること」を意味します。たとえば「平均値は○○」や「中央値は○○」「~の割合は○○%」のように、データを元に特徴を把握することを「記述統計」と言うのです。

「記述する」「記述式」のように表す

「記述」は「記述する」や「記述式」のように使われます。「記述する」は「文章にして書き記す」という動作を行っている状況を表します。「記述する」の他にも「記述がある」や「記述されている」「記述される」のように使いましょう。

一方で「記述式」とは「テスト問題において、被験者に回答を記述させる問題」を意味する言葉です。該当する部分を塗りつぶす「マークシート方式」とは異なり、被験者の理解度や論理的な思考が求められます。

「記述」を使った例文

  • 報告書の記述によると、機材の故障により開始時間が遅れたそうだ。
  • 発見された文献には、古代中国とその周辺諸国に関する記述があった。
  • 江戸時代初期にはすでに、以下のような記述が見られている。

「記述」の類語とその違いとは?

「記述」の類語は「叙述」

「記述」の類語には「叙述(じょじゅつ)」が当てはまります。「叙述」とは「物事について順を追って書き述べること」を意味する言葉です。「記述」と「叙述」は「物事の様子などを、文章にして書き記す」という点が共通しているため、類語として言い換えてみましょう。

また、「書く」という点では「記載」や「記入」も似た意味をもちます。「記載」とは「書類や書物に書き記すこと」を、「記入」は「特定の用紙などに書くこと」をそれぞれ意味します。

「記述」と「記載」の違いは「どこに書くか」

「記述」と「記載」の違いは「どこに書くか」にあります。「記述」は「書き記すこと」を意味しますが、「記載」は「書類や書物に書き記す」を意味します。「書き記す」という意味は共通していますが、「記載」は書いたものが書類や書物として残る状況で使用しましょう。

記述…書き記すこと。

記載…書類や書物に書き記すこと。

「記述」と「記入」の違いは「何を書くか」

「記述」と「記入」の違いは「何を書くか」にあります。「記述」は「文章を書き記すこと」を意味しますが、「記入」は「文字や数字・記号を書くこと」を意味します。書く内容が文章か、それ以外なのかによって使い分けましょう。

記述…文章を書き記すこと。

記入…文字や数字・記号を書くこと。

「記述」の英語表現とは?

「記述」は英語で「Description」

「記述」の英語表現には「Description」が適しています。「Description」とは「記述」や「描写」を意味する単語です。たとえば「A description of」と使うことで、「○○の記述」を表せます。

「記述」の英語を使った例文

The description is unreliable.

意味:その記述は信用性に欠ける。

記述問題の書き方とは?

要点を箇条書きにして1つの文章にまとめる

記述式の問題には箇条書きを使うことで、まとまった文章を作れます。箇条書きで要点をまとめておくことで、文中に入れるべき箇所を漏らさずに文章を作成できるのです。ただ、採点基準によっては、箇条書きのみで解答すると減点される場合があります。

箇条書きはあくまで要点をまとめるための手段として活用し、問われている内容に明確な答えを出しましょう。

まとめ

「記述」とは「文章にして書き記すこと」を意味する言葉です。客観的に物事の様子や自分の考えを書く状況で、「記述する」や「記述式」のように使われます。「記述」と似た表現に「記載」や「記入」がありますが、「どこに書くか」や「何を書くか」によって使い分けましょう。

ABOUTこの記事をかいた人

アバター

大阪在住の新人ライターです。学生時代にビジネスマナーや医療事務・秘書などの検定を取得し、前職は医療秘書として医院勤めでした。料理とスポーツが得意なので、いつか記事にできたらなと思っています。よろしくお願いします。