「目には目を歯には歯を」の意味とは?聖書の原文から解説

両親や友達などに「やられたら、やり返せ」ど言われたことはありませんか?これはまさに「目には目を歯には歯を」ですが、一体どのような背景で使われるようになったのか知らない人もいるかもしれません。

ここでは「目には目を歯には歯を」の本当の意味を知るべく「聖書」の一部に迫り、類語と英語表現と併せて解説していきます。

「目には目を歯には歯を」の意味は?

早速、普段からよく使われている「目には目を歯には歯を」の意味から確認しましょう。

意味は「害を受けたら復讐すべし」

「目には目を歯には歯を」と聞いて、一瞬ながら背筋がゾクッとすることはありませんか?なぜなら、このことわざの意味は「自分が害を受けたら、同様に復讐をすべき」だからです。

「目には目を歯には歯を」と、同じ言葉を繰り返すニュアンスから、善い行いに対しても「同じようなことをする」「マネをする」と思い違いをしてしまうこともあるようです。しかし、このことわざに至っては、心身ともに痛みを伴う「傷を与え返す」、つまり「復讐」そのものを意味しています。

「本当の意味」とラテン語「タリオ」

「目には目を歯には歯を」ということわざには「目には目」「歯には歯」というように「身体の同じ個所を指している」ことに深い意味があります。これは自分に危害を与えた者に対して復讐するとき「目をやられたら目をやり返す」「歯を折られたら歯を折り返す」ということを意味しているのです。

もともとは「被害者が被った傷に対して、同等の傷を加害者にも与え返す」という復讐のカタチ「同害報復」の教えでもあり、広い意味では「同等の権利」を「復讐」にもそぐうべきだというところからきています。

ちなみに「同害報復」はラテン語で「レクス・タリオニス(省略タリオ)」です。

「目には目を歯には歯を」の原文とその続き

それでは「目には目を歯には歯を」の原文と続きの言葉なども見てみましょう。

旧約聖書に書かれた原文

「目には目を歯には歯を」の原文は「旧約聖書」のエジプト記、21章における24項目~25項目で見つけることができます。

「Eye for eye, tooth for tooth , hand for hand , foot for foot」です。

本来「目には目を歯には歯を」という言葉は、「やられたら、同じようにやり返す」という「復讐」だけを意図したものではなく、「度を越えるような酷い復讐をしてはいけない」という「復讐の度合いに対しての規制」を掲げていたことにあります。つまり、目を傷つけられた被害者が、怒りに任せて、目どころか歯、腕、足にまで害を与えることがないよう法律で禁止したのです。

「目には目を歯には歯を」は「イエス」の言葉

前述したように、「目には目を歯には歯を」は「旧約聖書」で唱えられた言葉ですが、「新約聖書」では「イエス」が復讐の戒めを目的する言葉を説いたことが書かれています。

「目には目を歯には歯を」の類語

続いて「目には目を歯には歯を」の類語や同義語をみてみましょう。

類語は「同様にやり返す」

「目には目を歯には歯を」の類語は「同様にやり返す」になります。どれも「同じようにして傷や害を与え返す」ことを意味する言葉です。

  • 契約に反してフライングをした取引先に、同様の方法でやり返すつもりだ。
  • 相手がズルをして顧客を奪ったなら、こっちだって同様にやり返すべきではないか。

同義語は「同害報復」「同害復讐」

「目には目を歯には歯を」の同義語は「「同害報復」「同害復讐」になると考えられます。二つとも「同じ害を持って相手に復讐する」という意味です。

  • 同害報復については賛否両論ある。
  • 心身に関わらず、相手に同じ傷を負わせることを「同害復讐」と呼ぶ。

「目には目を歯には歯を」の英語と韓国語

最後に「目には目を歯には歯を」の英語と韓国語での表現を紹介します。

英語「Eye for eye, ~」

「Eye for eye, tooth for tooth=目には目を歯には歯を」は英語圏でもよく使われる定型文です。「取って取られて」の多いビジネスシーンでも活躍する言葉でしょう。

  • A company has cheated on us, so follow the rule of eye for eye , tooth for tooth.
    A社に騙された。然らば「目には目を歯には歯を」でやり返そう。

韓国語「누네는 눈 이에는 이」

「目には目を歯には歯を」はお隣「韓国」にも存在する言葉です。「やられたらやり返す」の意味で「누네는 눈 이에는 이=ヌネヌン ヌン イエヌン イ」です。

まとめ

「目には目を歯には歯を」は「自分が傷つけられたら、相手にも同様にして傷を与え返す」という考えのたとえです。聖書にある「同害復讐」がことわざの原点で、復讐の度合いを制限するための法律を、「やられたら、やり返す」という現代の意味へと発展させた経緯がありあす。

「目には目を歯には歯を」をはじめ、普段から使っている馴染みのある「ことわざ」でも、言葉の背景や本来の意味を知ると改めて言葉の深さに驚かされてしいまいます。しかし、ビジネスでも「目には目を歯には歯を」を実践すべきなのかは、答を出すのに時間がかかりそうです。