封筒の横書きはビジネスでも使える?住所や差出人の書き方も解説

ビジネスで書類や案内状などを送付するとき、洋封筒やA4封筒を使うことがあります。すぐに対応できるよう宛名を横書きする時の正しい書き方を知っておきましょう。

この記事は、封筒の宛名を横書きする場合の書き方について、切手の貼る位置や連名の書き方などを解説します。御中や様など、敬称の使い方にも触れています。

封筒の横書きとは?

洋封筒は横書きが一般的

手紙や書類を送るための封筒には、和封筒と洋封筒があります。

和封筒は封のフタを上にした場合に縦長の形状をした封筒のこと。長形封筒とも呼ばれており、住所や宛名などを縦書きするのが一般的です。

洋封筒は封のフタを上にした場合に横はばの方が長い封筒のこと。友人などへ送るフランクな手紙でもよく使われています。宛名は横書きが一般的です。

ビジネスでも封筒の横書きをしても良い

洋封筒は封のフタが広く、カードなどの出し入れがスムーズです。そのため、ビジネスシーンでも招待状や挨拶状などカードや案内状を送付するのによく使われています。

ビジネスでは封筒の宛名は縦書きにするのが一般的です。しかし近年ではパソコンで宛名ラベルを作成して使用している会社も多く、それほど気にしない風潮になってきています。

特に、洋封筒は横書きが一般的なため、ビジネスシーンでも横書きで宛名を書くことは問題ないでしょう。

洋封筒の宛名を横書きする書き方

郵便番号の枠は右下にする

洋封筒に郵便番号の枠が印刷されている場合、郵便番号の枠が右下にくるよう置きます。郵便番号は印刷された枠の中に書いておきましょう。

枠が印刷されていない場合には、住所の左上に少し小さめに書きます。

切手は右上に貼る

洋封筒の場合、切手は右上に貼りましょう。切手の貼る位置にマークが印刷されている封筒もあります。投かんした封筒やハガキは機械で振り分けているため、長形封筒やハガキと同じ位置に切手を貼っておきましょう。

相手の名前は住所よりも大きめに書く

相手の名前は、封筒の中央部分に住所よりも大きめに書きます。最初に名前を書いてから上に住所を書くと、バランスがとりやすいです。

住所は左端から少しスペースを空けて書き始めましょう。

連名の場合は全てに敬称をつける

宛名が連名の場合には、役職の高い人から順に上から下へ書いていきます。夫婦や家族など同姓の場合には、下の名前のみ書きます。「様」などの敬称は全ての名前につけておきましょう。

数字は算用数字を使う

横書きでは、数字は算用数字を使います。算用数字とは1,2,3などの洋数字のこと。縦書きの場合には漢数字(一、二、三)を使うのが一般的とされています。しかし、近年では縦書きでも算用数字を使う人が増えており、縦書きの場合にはどちらでも問題ないとも言えます。

A4封筒は縦向き横向きどちらでも良い

A4サイズの封筒の宛名を横書きする場合には、封筒は縦向きと横向きどちらでも問題ありません。

封筒を縦向きにして書く場合、切手は左上に貼り、郵便番号は右上に書きます。封筒を横向きにして書く場合には、封入口は右側にして切手は右上に貼ります。郵便番号は枠があれば枠内に、なければ住所の左上に書きましょう。

差出人の書き方

差出人は裏面中央下から右下に記載する

差出人の住所や氏名は裏面に書きます。封のフタがかぶらない下側の中央下から右下に書きましょう。また、郵便番号も住所の上に書いておきます。

封締めはなくても良い

横書きの場合には、封締めはなくてもかまいません。封締めとは封筒の閉じた部分に書く「締」や「〆」などの文字のこと。封をしたあとに誰も開封していないことを示します。

横書きや洋封筒では、封締めの代わりに市販の封印用シールなどを使用すると良いでしょう。テープやシールのみでは途中ではがれてしまうこともあるため、封のフタ自体はノリなどを使って貼っておきます。

宛名につける敬称の横書きでの使い方

「御中」は企業名や部署名に使う

宛名につける敬称の使い方は、横書きでも縦書きでも基本的には同じです。

「御中」は企業名や部署名などに対して使い、「〇〇会社 御中」などと書きます。ただし、企業名の後に担当者などの個人名を入れる場合には、「御中」など企業名への敬称は不要です。

「様」は個人名に使う

「様」は個人名に対して使う敬称です。名前の後に「様」をつけておきましょう。連名の場合には、全ての名前の後に「様」をつけます。略して真ん中に「様」をひとつだけ書くと失礼になるため、注意しましょう。

「殿」は目下の者に使う

「殿」は個人名や役職名に対して使う敬称ですが、目上の人が目下の者に使う敬称のため注意が必要です。上司や同僚、取引先など社外の人に対しては使いません。使用に迷う場合には、個人名には「様」を使う方が無難です。

まとめ

封筒の横書きはフランクな印象もありますが、ビジネスでも横書きは使用します。招待状や挨拶状などを送付する洋封筒は、横書きをすることが多いです。近年はパソコンで作成した宛名ラベルも普及しており、横書きでも特に違和感なく使用されています。

洋封筒の場合、切手や郵便番号などの位置には注意が必要です。ビジネスシーンでも、相手や用途によって縦書きと横書きを使い分けられるようにしていきましょう。