「パワーワード」の意味とは?類語やビジネス・ネットでの使い方も

「パワーワード」はネットスラングだと思っている人もいるようです。ネットの流行語を元ネタとあわせて紹介し、パワーワードとしてランキング・一覧化するWebサイトもあるため、勘違いする人もいるでしょう。しかし「パワーワード」の意味はそれだけではなく、ネット以外でも使われます。使い方や例文をご紹介します。

「パワーワード」の意味

「パワーワード」の意味とは「インパクトのある言葉」

現在、よく使われる「パワーワード」の意味は「インパクトのある言葉」です。言葉のポジティブさ・ネガティブさや説得力を問わず、印象的でさえあれば「パワーワード」と呼ばれます。

人によって受ける印象が違うため、どんな言葉が「パワーワード」と感じるかは個人差があります。

「説得力がある言葉」「励ます言葉」という意味もある

「パワーワード」には「説得力のある言葉」や「自分を励ます言葉」という意味もあります。こちらの意味の方が古くから使われていたようですが、近年では「インパクトのある言葉」が主流になりつつあるようです。特にSNSをよく使う人には、こちらの意味は伝わりにくいかもしれません。

「パワーワード」の語源と変化

「パワーワード」の語源はゲームという説がある

「パワーワード」の語源は明確になっていませんが、1974年に発売されたアメリカのアナログゲームが元ネタだという説があります。そのゲームでは魔法・呪文として用いられていました。

一般的な英語の「power(力)」と「word(言葉)」を合わせた単純な作りの言葉のため、起源を調べるのが難しいようです。

流行当初の意味は「面白くてインパクトのある言葉」

2012年頃にネット用語として流行した「パワーワード」の意味は、現在と少し違いがありました。当初の意味は「面白くてインパクトのある言葉」や「意味不明だが爆笑してしまう言葉」です。

現在は「面白さ」「笑い」の要素が必須ではなくなりました。そのため、面白くてもそうでなくても、インパクトがあれば「パワーワード」に該当します。

「パワーワード」の使い方と例文

日常会話やSNSでは「インパクトのある言葉」に使う

日常会話やSNSでは「インパクトのある言葉」を表す際に「パワーワード」を使います。「インパクト」以外の条件がないため、さまざまな言葉が「パワーワード」に該当します。一覧にして紹介するWebサイトもあるので、面白いパワーワードを見てみたい時は参考になるかもしれません。

例文
  • SNSで見た〇〇〇というパワーワードが忘れられない。
  • 面白いパワーワードを見つけたので、友達にシェアした。
  • 何気なく投稿した言葉がパワーワードだと話題になっていた。

ビジネス・政治では「相手に訴える言葉」を表す

ビジネスや政治では「パワーワード」を「相手に訴える言葉」という意味で使うことがあります。顧客や有権者にアピールする言葉や、仕事がスムーズに進む会話・交渉の言葉を表現します。インパクトだけでなく、説得力や分かりやすさも重要でしょう。

例文
  • 部下に好かれる7つのパワーワード。
  • 新商品のキャッチコピーには、パワーワードを入れて消費者にアピールしていきたい。
  • 〇〇議員の発言はパワーワードが多いため、若い有権者に親しまれている。

「自分を励ます言葉」として使うこともある

「パワーワード」は「自分を励ます言葉」や「自分に良い影響を与えた言葉」を表現することもあります。勇気を与えてくれる言葉や、前向きにがんばる活力になる言葉を「パワーワード」とします。

例文
  • 悲しみに負けない10のパワーワード。
  • 〇〇選手の言葉は、私のパワーワードだ。

「パワーワード」の類語

「パワーワード」はネットスラングだという印象を受ける人もいるため、類語に言い換えた方が良い場面もあります。

「パワーワード」の類語は「名言」

「パワーワード」の類語は「名言」です。「名言」の意味は「物事の本質をうまく表現した言葉」です。かしこまった会話では「パワーワード」より「名言」の方が良いことが多いでしょう。

言い換え例
  • 面白いパワーワードを見つけたので、友達にシェアした。
    →面白い名言を見つけたので、友人に伝えました。
  • 〇〇議員の発言はパワーワードが多いため、若い有権者に親しまれている。
    →〇〇議員の発言は名言が多いため、若い有権者に親しまれています。

「自分を励ます言葉」としての類語は「座右の銘」

「自分を励ます言葉」として使う場合、「座右の銘(ざゆうのめい)」が類語だと言えるでしょう。「座右の銘」は「自分を律するために、常に意識している言葉」のことです。相手によっては「パワーワード」に「自分を励ます言葉」という意味があることを知らない可能性があります。その場合は、「座右の銘」に言い換えて伝えると良いでしょう。

言い換え例

〇〇選手の言葉は、私のパワーワードだ。
→〇〇選手の言葉は、私の座右の銘だ。

まとめ

「パワーワード」は「インパクトのある言葉」として使われています。他にも「相手に訴える、説得力のある言葉」や「自分を励ます言葉」という意味も持ちます。意味が広い言葉のため、会話の流れからどの意味で使われているのか判断しましょう。