「令月」とはいつなのか?意味や令和・子どもの名前との関係も解説

「令月」は日常的に使うことが少ない言葉です。しかし元号「令和」と関係があることから、近年では注目されることが増えています。また、子どもの名前の由来になることもあります。

「令月」の意味や、具体的にいつ頃なのかをご紹介しましょう。また、四字熟語「嘉辰令月」についてもご説明します。

「令月」の意味と使い方

「令月」の意味とは「めでたい月」

「令月(れいげつ)」は「めでたい月・何をするにもよい月」という意味です。古くから使われていて、平安時代の書物でもこの意味で使われています。ただし「なぜこの意味になったか」ということの具体的な由来や語源は分かっていません。

特に由来が定まっていなくても、自分が好きな月や、良いことが続いた月を「令月」と表現することもあります。2月にする必要はありませんが、「令月」を2月の意味でつかう人もいるため注意が必要です。

「令月」には1ヶ月全てが含まれます。〇月〇日、と1日に限定したい場合は、次に紹介する四字熟語を使用しましょう。

「嘉辰令月」は「めでたい月日」を表す四字熟語

「嘉辰令月(かしんれいげつ)」は「めでたい月日」を意味する四字熟語です。よい日・よい月を表すため、特定の1日を指定する使い方をします。

「令月」と同じく、具体的な日付は指定されません。占いや記念日などを参考にして選ぶことになります。

「令月」を使った例文

  • 毎年、なぜか9月はいいことばかり起きる。きっと自分の令月なのだろう。
  • 2月は令月とも言うので、毎年2月だけ宝くじを購入している。
  • 結婚するのは嘉辰令月にしたいと思い、さまざまな占いの本を読んで縁起のよい日を選んだ。

「令月」とは、いつのことなのか?

「令月」は「旧暦の2月」の別名でもある

「令月」は「旧暦の2月」の別名でもあります。そのため「旧暦の2月」が令月の時期だと言えるでしょう。旧暦の2月は、新暦だと2月下旬~4月中旬の中の30日(あるいは29日)です。また、新暦の2月を表現する際に「令月」を使う人もいます。

旧暦とは日本では明治5年まで使っていた暦です。月の満ち欠けを中心に考えていました。旧暦を新暦に直すと、年によって日付に違いがでます。例えば、2021年は3月13日から4月11日ですが、前年の2020年は2月24日から3月23日が旧暦の2月でした。

「めでたい月」の場合は時期の指定はない

「令月」を「めでたい月」の意味で使う場合、時期は指定されません。その人にとって良いことがある月や縁起がよい月が「令月」になります。

例えば、他の占いを参考にしたり、誕生日や記念日がある月を「令月」としても問題ありません。他にも、幸運な出来事が続いた月を後から「今月は令月だった」と振り返ることもあります。

「令月」に関する由来

「令和」の由来は万葉集で詠まれた「令月」

「令月」は元号「令和」の由来になった和歌にも使用されています。万葉集の「時に初春の令月にして気淑く風和らぎ、梅は鏡前の粉を披き、蘭は珮後の香を薫らす」という歌です。大まかな意味は「初春は風が穏やかで、梅は白く美し咲いて、良い香りである」です。この歌の「令月」「風和」から「令和」と名付けられたと言われています。

「令」の字から「命令」をイメージして悪い印象を持つ人もいますが、由来から考えるとそれは誤解だと言えます。

2月生まれの子どもにつける名前の由来にも

「令月」は「旧暦の2月」の意味を持つため、2月生まれの子どもの名前の由来になることがあります。「令」の字をとって、名前に使用するのです。ただし、旧暦ではなく新暦の2月生まれの子どもに使用することが多いようです。

  • 男の子の名前の例
    令(はる、りょう)、令真(りょうま)、令葵(はるき)
  • 女の子の名前の例
    令衣(れい)、令奈・令菜(れいな)、令華(れいか)

「令月」の類語とは

「令月」の類語は「吉日・佳日」

「令月」の類語は「吉日(きちじつ)」「佳日(かじつ)」です。佳日は「嘉日」と書くこともあります。どちらも縁起がよく、めでたい日を意味します。

「令月」のように、1ヶ月すべてを対象にした類語はありません。

読みが同じ「麗月」は類語ではない

「令月」の類語だと思う人が多い言葉に「麗月」があります。読みは同じ「れいげつ」ですが、意味は違います。「麗月」の意味は「感動するほどの美しい月」「形がはっきり見える月」です。

旧暦の2月を「麗月」と表現することもあるため、言葉の意味も同じだと勘違いしやすいので注意しましょう。

「令月」と「麗月」使い方の例文

  • ここしばらくラッキーなことが続いているので、今月は「令月」なのかもしれない。
  • あまりに見事な「麗月」だったので、思わずカメラを構えた。

まとめ

「令月」は「めでたい月」という意味です。「旧暦の2月」の別名でもあります。2月生まれの子どもの名前の由来になることもあります。

元号「令和」の由来に関係することから、注目度が増している言葉です。日常的に使う言葉ではありませんが、意味や使い方を把握しておくとよいでしょう。

ABOUTこの記事をかいた人

is_am

「いず あむ」と読みます。 一般事務、営業事務としてビジネスメールを送信する機会が多くありました。複雑な事柄でも、分かりやすく説明することを目標としております。