「パフォーマンス」の意味とは?関連語句や仕事での使い方も解説

「彼のパフォーマンスは見事だった」「素晴らしいパフォーマンスを披露した」など、「パフォーマンス」は日常的にもビジネスシーンでもよく使われるビジネス用語です。

ここでは「パフォーマンス」という言葉に注目し、英語と日本語の意味、正しい使い方と例文、仕事におけるパフォーマンスの重要性などを解説しています。

「パフォーマンス」の意味

早速、「パフォーマンス」の意味を紹介します。

パフォーマンスの語源は英語の「Performance」

「パフォーマンス」は英語の「performance」のことです。最も親しみがあり社会全体で使われているのは音楽や舞台などの「演技」「演奏」です。

日本語の「パフォーマンス」は意味の幅が広い

「パフォーマンス」は特定の定義が明確にされていないため、言葉の解釈が使われるエリア、状況、立場によって変わってきます。

たとえば職場で「パフォーマンスが落ちた」と言われたら、まず自分が置かれている状況を見極める必要があります。なぜなら、「パフォーマンスが落ちた」というフレーズだけでは「仕事ぶりが落ちた」「業績が落ちた」「売上が落ちた」また「業務をしっかり履行しいない」のどれとでも受け取ることができるからです。

さらに「パフォーマンス」は「人」によるものだけではなく、機械では性能、お金なら有利性(コストパフォーマンス)についてなどさまざまな形に変化をしていくため、意識をして言葉を使っていくことが大切です。

仕事におけるのパフォーマンスとは「仕事ぶり」「業績」

一般的な職場では「仕事ぶり」「腕前」「能力」「業績」「成績」「売上」「出来高」、金融業界では投資での「運用実績」「運用成果」、また任務や職務における「実行」や「履行」などの意味も持ち合わせています。

また、広告活動や宣伝運動などの特定の行動も「パフォーマンス」と呼びます。意味のベースとなるのは。どれも「ものごとや状況における動作や変化」となります。意味の解釈するものさしとして理解しておくとよいでしょう。また、英語と日本語での意味や使い方もほぼ同じです。

「パフォーマンス」の使い方とビジネスで使える例文

続いて「パフォーマンス」を使ったビジネス例文を紹介しましょう。頻度の高い熟語を取り入れながら挙げていきます。

「パフォーマンスが悪い」を使った例文

ビジネスにおける「パフォーマンスが悪い」は「仕事ぶりが悪い」「業績が悪い」などの意味で使うことがほとんどです。広い意味で解釈すれば「売上が今一つである」「成績が上がっていない」「業務の遂行が滞っている」などもあてはまるでしょう。

  • 今月の売り上げ成績は、先月に比べてパフォーマンスが悪い。
  • パフォーマンスが悪いのは外回りの数を減らしたからだろう。
  • 体調を崩したせいで、今日はいくぶんパフォーマンスが悪くなってしまった。
  • いつもパフォーマンスが悪いという言われる点は、取引先への連絡作業だ。
  • 工場での出荷作業で、スタッフのパフォーマンスが悪いと指摘された。

「パフォーマンスが高い」を使った例文

ビジネスにおける「パフォーマンスが高い」は「仕事ぶりが良い」「業績が良い」という意味として使われますが、さらに状況によっては「社内での素行が素晴らしい」「取引先へのやりとりが絶妙である」「顧客への対応が優秀である」などの意図をもって放たれる表現でもあるでしょう。

  • 営業でのパフォーマンスが高いと言われ、営業部のリーダーに選ばれた。
  • 新人のKさんはパフォーマンスが非常に高い。
  • 日頃のパフォーマンスが高いからこそ、売り上げも伸びる。
  • 彼女ははデータ処理において、社内で一番パフォーマンスが高い。
  • パフォーマンスが高い人は、行動力に長けている。

「コストパフォーマンス」を使った例文

「パフォーマンス」という言葉は携帯やパソコンなどの「電子機器における性能」を意味することもあります。加えて、コストパフォーマンスはものごとに対する「価格性能比」を意味しています。

  • 新しいパソコンは機能性においてパフォーマンスがとてもよい。
  • パフォーマンスに欠ける携帯でも、電話をかけるだけなら問題はないだろう。
  • マルチパーパスの工具を購入したが、使い勝手はパフォーマンスは最高だ。
  • ディナーメニューのコストパフォーマンスを見直す必要がある。
  • コストパフォーマンスの良し悪しは、顧客の獲得へ影響する。

ビジネスで「パフォーマンス」を上げる方法

パフォーマンスの意味や使い方をおさえたら、今度は「実践」の場に目を向けてみましょう。職場でのパフォーマンスを上げるための方法を紹介します。

ルーチン化でパフォーマンスを向上させる

パフォーマンスが落ちる原因の一つに「職場でのストレス」があります。職場では締め切り期限の迫った資料の作成、顧客への連絡作業、打ち合わせの設定など、山ほどの異なる業務を抱えているものです。

人は「ものごとを判断するときストレスを感じる」ということを知っていますか?「職場で仕事の順番が決まっていない」「どの顧客から連絡をしてよいか定まっていない」などのように、「判断しなければならないこと」が多いとストレスがたまり、結果としてパフォーマンスが落ちてしまいます。

そこで実践したいのが「仕事のルーチン化」です。たとえば、仕事の優先度(プライオリティ)の基準をあらかじめ設定したり、相談する相手を「この案件ならこの人」のようにできるだけ簡素にし「ルーチン化」させるのです。そうすれば無駄な思考を使わないようになります。

「進歩」に着目してパフォーマンスを向上させる

仕事でパフォーマンスの高い人は「完璧な人」だと思われがちです。しかし、そうなった背景には「完璧に仕事をする」という意気込みではなく、むしろ「進歩したい」という前向きな思考が働いていると考えられています。「進歩したい」「向上したい」という思考は人を自然と動かす力があるため、結果としてパフォーマンスを上げる効果につながるということです。

さっそく「完璧に仕事をする」から「進歩をするために仕事をしている」という思考に切り替えてみましょう。自分のために仕事をしているという心持であれば、ストレスを必要以上に感じることも減ってくるはずです。

まとめ

「パフォーマンス」は音楽や舞台での「演奏」「上演」の他、ビジネスシーンでは「仕事ぶり」「業績」「成績」「売上、業務における「遂行」「実行」などの意味がります。

また、「パフォーマンス」は意味や使い方に明確な定義がほとんどなく、置かれている状況や、職種、会話の重点によって意味が異なるのが特徴です。会話で「パフォーマンス」が出てきたら、どのような意図で使われているのかを考えてから、意味の解釈をするようにしましょう。