「武闘派」の意味と特徴とは?類語と対義語・英語もあわせて紹介

「武闘派」は海外のニュースや軍事的な話題でよく見聞きする表現です。しかし、言葉のイメージから何となく特徴は想像できても、正しい意味についてはよくわからないという人もいるでしょう。

ここでは「武闘派」の意味や使い方、類語と対義語、英語表現についてわかりやすく紹介します。ビジネスマンとしても、社会的な話題をする時に出てくる頻度の高い言葉の一つです。ぜひとも把握しておきましょう。

「武闘派」の意味と特徴とは?

「武闘派」の意味は「妥協なしに武力で主張する姿勢」

「武闘派」とは「話し合いを持たず、武力や紛争などで自分の考えを主張する姿勢」を意味します。相手と平和的な交渉をせず、力づくで自己の立場や権利を貫く人や集団のことを「武闘派」と呼んでいます。

「武闘派」の特徴は「武力行使を辞さない」

「武闘派」という表現は、軍事や外交などの政治分野の他、金融や経済などのフィールドでも使われる言葉です。いずれの分野にしても、言動や主張が激しくアグレッシブであるのが特徴ですが、軍事においては「武力行使も辞さない」というのが最も大きな特徴です。

つまり「相手が自分の要求に答えないのなら、紛争や戦争を起こしてでも自らの主張を通す」というのが「武闘派」の際立った特質となります。

「武闘派」の使い方と例文

使うときには単なる暴力行為を指さない

「武闘派」は軍事や戦争などの紛争において、時には武力を行使して物事を解決することがあります。そのため、人によってストレートに暴力的なイメージを抱いてしまうことがあります。

もちろん、「武闘派」の言動においては「妥協を許さず、力ずくで自分の立場や権利を主張する」のが根本的な概念です。

しかし「武闘派」とは「個人の主張を曲げないための暴力」という意味で、一時的な感情で人を傷つけたり、やみくもに人を殺めるといった行動行為とは異なります。あくまで「政治や軍事的な世界などで、自分の主義・主張を貫くためにの武力行使」であることを理解しておきましょう。

「武闘派」を使った例文

  • 武闘派と名乗りをあげる相手に対し、今回は素直に交渉を受け入れることにした。
  • 隣国でも武闘派の活動が活発になってきた。
  • 武闘派といえども、試しに話し合いのチャンスを与えてみたらどうだろうか?
  • 激しい口調と強い態度をかわきりに、武闘派の激しい攻撃が始まった。
  • かなりの強情で知られる職場の上司は、武闘派的な気質のある人だ。
  • 昔から父は力で何でも手に入れる、武闘派の類と言える。

「武闘派」の類語とは?

「強硬派」は「話し合いを持たず主張を貫く」

「強硬派(きょうこうは)」は強い言動や強硬的な手段を使って、物事を押し通そうとする人や集団を意味します。場合によっては武力行使を用いて物事を解決したり、そういった心情を貫く姿勢を崩さないのが特徴です。

「武闘派」と同様に、相手と話し合いを行うことをせず、時には戦いや攻撃などよって自らの主張をすることもあります。

そもそも「強硬」には、自分の立場や権利などを強引に通すことを意味があります。その「強硬」に特性や性質、また集団を表す「派」を付けたのが「強硬派」です。

例文
  • 強硬派によって2か国間の戦争が始まった。
  • 妥協を許さない姿勢は、強硬派が示す最も大きな特徴である。

「タカ派」は「強硬派」の別名

「タカ派」とは、いわゆる「強硬派」の別名で、一般的に政治や金融、軍事の世界で多く使われる言葉です。「タカ派」はアグレッシブで有能なハンティング能力を持つ「鷹」を語源に持ちますが、そこからも「タカ派」の勢いある行動力がうかがわれます。

たとえば、経済においての「タカ派」は、軍事的な世界での解釈とは若干異なり、景気の安定より物価上昇を抑えることを優先し、金融の引き締め政策寄りを強く主張することを指します。

例文
  • 諸外国ではタカ派の軍事姿勢に多くの指示が集まっている。
  • 政治の世界でも、タカ派の議員は目立つ存在である。

「武闘派」の対義語とは?

「穏健派」は「平和主義な姿勢を持つ」

「穏健派(おんけんは)」とは、一般的に「平和主義な姿勢を持つ人や集団のこと」を指します。「武闘派」とは逆に、軍事や紛争などへの解決に武力行使を用いず、話し合いや交渉などをもって事を収める姿勢を持つのが特徴です。

たとえば、政治の世界での「穏健派」は、保守的な態度を持つ人や集団を指し、牽制や強制的な手段に対して否定的な考えを持っています。また場合によっては、「穏健派」を「慎重派」と呼ぶこともあります。

例文
  • 証券の世界でも、穏健派は最後に勝つと言われている。
  • 粘り強く平和を貫く穏健派は、軍事の世界でも国民からの指示が高い。

「ハト派」は「穏健派」の別名

「ハト派」とは、「穏健派」や「慎重派」の別名として使われる表現です。「ハト派」は「タカ派」の対義語でもあり、平和を象徴する「鳩」にちなんで「平和主義的な態度や思考を持つ人やグループ」という意味で使われます。

たとえば、経済での「ハト派」は景気を配慮しながら物価の上昇を警戒し、金融緩和に力を入れるのが特徴です。これは「タカ派」とは対照的な考えとなります。

例文
  • 現在、国民が支持するのは金融緩和に力を入れるハト派である。
  • ハト派による交渉により、紛争は終わりを見せた。

「武闘派」を英語で表すと?

「武闘派」は「bellicist」「hawk」

「武闘派」は英語で「bellicist(べリシスト)」や「hawk(ホーク)」といいます。「bellicist)」は英語圏でも軍事や政治専門のニュースでしか見かけない特殊用語で、一般的には「hawk」を使うことが多いです。また、一般的にも強い口調で物事を力づくで通す人ののことを「hawk」と呼びます。

ちなみに、対義語である「穏健派」や「ハト派」は、英語で「pacifist(パシフィスト)」または鳩を意味する「dove(ドーブ)」といいます。「hawk」に同じく、話し合いで物事を解決する人や平和主義的な人のことを「dove」と呼びます。下記で、わかりやすく対比してみます。

対比表現の例
  • bellicist(武闘派)  ⇔ pacifist(穏健派)
  • hawk (タカ派)⇔ dove(ハト派)

「武闘派」を使った英語例文

  • 武闘派によって戦争が始まった。
    Bellicist was the one who started the war.
  • この国の政治は武闘派の力に頼りっきりである。
    The politics in this country totally rely on the power of the hawk.

まとめ

「武闘派」とは、話し合いを持たず、自分の意見や権利などを主張する態度や姿勢を持つ人、または集団を意味します。政治や軍事の他、証券や株などの金融分野で使われる言葉で、別名である「タカ派」は鋭く強欲な鳥として知られる「鷹」に語源を持ちます。

対義語は「穏健派」や「ハト派」となり、平和主義的な考えを貫き、保守的で話し合いで解決しようとする姿勢を持つのが特徴です。どちらも新聞やニュースなどで見聞きする重要語語句となりますので、あわせて覚えておきましょう。