「蛇蝎(だかつ)」の意味とは?語源や使い方の例文・類語も解説

「蛇蝎(だかつ)」とは「蛇とサソリ」を意味する単語で、転じて「恐れ嫌われるものの例え」を表します。「蛇蝎のごとく嫌う」や「蛇蝎磨羯の類」のように使う「蛇蝎」の、語源を知りたい方もいるでしょう。

この記事では「蛇蝎」の読み方や使い方の例文、類語を解説します。くわえて「蛇蝎」の英語表現も解説しましょう。

「蛇蝎」の意味と読み方とは?

「蛇蝎」の意味は「嫌われるものの例え」

「蛇蝎(だかつ)」とは「蛇とサソリ」を意味する単語で、転じて「恐れ嫌われるものの例え」として使われます。人々が恐れるものを表しており、「蛇蝎のように嫌う」と使うことで対象のものを蛇やサソリと同じように嫌っていることを表します。

「蛇蝎」の読み方は「だかつ」

「蛇蝎」の読み方は「だかつ」です。「蛇」は「じゃ」とも読むことから「じゃかつ」とも読まれます。また、「サソリ」は漢字で「蠍」とも書くため、「蛇蠍」と表しても間違いではありません。

「蛇蝎」の語源は「親鸞」の教えにある

「蛇蝎」の語源は鎌倉時代の仏教家「親鸞(しんらん)」の教えにあります。親鸞の『愚禿悲歓述懐和讃(ぐとくひたんじっかいわさん)』には以下の文章が記されています。

悪性さらにやめがたし こころは蛇蝎のごとくなり

修善も雑毒なるゆゑに 虚仮の行とぞなづけたる

現代語訳:人の悪い本性は抑えられず、まるで蛇やサソリのように毒をもっている。善を行っても毒が混じっているため、それは嘘偽りの行でしかないのだ。

上記の文章は親鸞自身の心を表したもので、人の悪い部分を「蛇やサソリがもつような毒」に例えているのです。

「蛇蝎」の使い方と例文とは?

「蛇蝎のごとく嫌う」「蛇蝎のごとく嫌厭する」のように使う

「蛇蝎」は「蛇蝎のごとく嫌う」や「蛇蝎のごとく嫌厭(けんえん)する」のように使われます。どちらも「蛇やサソリのように恐れ嫌っていること」を表しています。「蛇蝎のごとく○○する」や「蛇蝎のように○○する」の形で多く使われるため、使用してみましょう。

例文
  • 彼ら一族のことを、蛇蝎のごとく嫌う人間もいる。
  • 蛇蝎のごとく嫌厭する彼らに、従うしかないのが現実だ。

「蛇蝎視」は恐れ嫌うものと見なすこと

「蛇蝎視(だかつし)」とは「恐れ嫌うものとして見なすこと」を意味します。「蛇蝎」に「~と見なす」「~として取り扱う」を意味する「視」を加えた表現です。「蛇蝎視する」のように使うことで「対象のものを恐れ嫌うものと見なすこと」を表せます。

例文
  • あれほど蛇蝎視してきた私に、助けられるのはどういう気分だ?
  • なぜこれほどまでに蛇蝎視されているのか、理解できない。

「蛇蝎磨羯の類」とは嫌われるものの例え

「蛇蝎」は「蛇蝎磨羯の類(だかつまかつのたぐい)」という使い方もあります。「磨羯」はインド神話に登場する神獣で、奇妙で恐れられるものの例えを表します。また、「類(だぐい)」には「同類」や「同じ程度のもの」という意味があるため、「蛇蝎磨羯の類」は「蛇やサソリ、磨羯と同じくらい恐れ嫌われていること」を意味するのです。

例文
  • 蛇蝎磨羯の類であるため、視界に入れるのも嫌だ。
  • 君にとっては愛らしい存在かもしれないが、私からすれば蛇蝎磨羯の類なのだ。

「蛇蝎」を使った例文

  • 彼らに蛇蝎のごとく嫌われているが、そんなこと気にしていられない。
  • 正体を暴かれた彼は、蛇蝎の如く嫌悪された。
  • 蛇蝎のごとく嫌われていた老人だが、私にはそんな人物に見えなかった。

「蛇蝎」の類語とは?

「蛇蝎」の類語は「反吐が出る」

「蛇蝎」と似た意味をもつ言葉(類語)には「反吐が出る(へどがでる)」が当てはまります。「反吐が出る」とは「不愉快になったり、嫌悪を感じたりすること」を意味する表現です。「反吐」とは「胃の内容物」を意味しており、「反吐」が出るほどに不愉快で嫌悪感があることを表します。

「蛇蝎」の類語を使った例文

  • これほどまでに反吐が出そうな気分は初めてだ。
  • 嫌がると分かってやっているのであれば、反吐が出るほど嫌いなやつだ。

「蛇蝎」の英語表現とは?

「蛇蝎」は英語で「Hate」

「蛇蝎」の英語表現には「Hate」が当てはまります。「Hate」とは「ひどく嫌うこと」を意味する単語です。単に嫌いなことを表す「Dislike」や控えめな表現の「Don’t like」と異なり、「Hate」は心の底から嫌いという強い感情を表します。

「蛇蝎」は人々が非常に嫌うものの例えとして使われるため、強い感情を表す「Hate」が適しているのです。

「蛇蝎」の英語を使った例文

  • I hate to deceive people above all.

意味:わたしは人を騙すことが何よりも嫌いだ。

まとめ

「蛇蝎(だかつ)」とは「蛇とサソリ」を意味する単語で、転じて「恐れ嫌われるものの例え」を表します。「蛇蝎のごとく嫌う」や「蛇蝎磨羯の類」のように使うことで、対象のものが蛇やサソリのように嫌なものであることを表せます。

類語の「反吐が出る」も嫌悪感を表す言葉であるため、「反吐が出るほど嫌い」のように言い換えてみましょう。

ABOUT US

hana
大阪在住の新人ライターです。学生時代にビジネスマナーや医療事務・秘書などの検定を取得し、前職は医療秘書として医院勤めでした。料理とスポーツが得意なので、いつか記事にできたらなと思っています。よろしくお願いします。