パラレルの意味とは?複合語「パラレルワールド」や対義語も解説

パラレル通信やパラレルワールドなど、パラレルがつく言葉はたくさんありますが、パラレルの意味を理解していないと複合語の意味も曖昧になってしまいます。

さらに、「パラリンピック」もパラレルに関係した言葉だということはご存じですか?身近な言葉「パラレル」について、複合語とともに意味を解説します。

「パラレル」の意味と使い方とは?

「パラレル」の意味は「並行/平行」

「パラレル」は英語「parallel」を語源としたカタカナ語です。「parallel」は「並行・平行」という意味の形容詞と、「並行面」や「類似」という意味の名詞です。電気用語では「並列回路」の意味があります。

「パラレル」の語源はギリシア語

「parallel」の語源はギリシア語の「~のそばに」を意味する「para」に由来します。

カタカナ語「パラレル」も英語と同じ意味で使われています。一般的には「並行」「横並び」を表します。

「パラレル」の使い方

日本ではパラレルを冠した複合語の名詞として使われることが多いですが、「並行である」「並行する」という意味で会話などにも用いられます。

例えば「この2つのプロジェクトはパラレルに進めてゆく」、「パラレルに確認作業を進める」などと言ったり、2つの物語が同時進行で描かれる小説や映画を「パラレルに展開するストーリー」と説明したりします。

「パラレル」の複合語とその意味

「パラレル」はコンピューターや化学用語によく使われます。スポーツではスキーのパラレルターンがよく知られています。それぞれの複合語について意味を紹介します。

パラレルワールドとは「並行世界」のこと

ひとつの時空と並行して存在する時空のことをパラレルワールドといいます。「異界」や「四次元の世界」の概念とは異なり、私たちが存在する次元(時空・宇宙)と同じ次元の世界が並行して存在するとする概念です。

他にも、並行して複数の世界が存在するという考え方のこともパラレルワールドと表現します。例えば、地球内に空洞があり、そこにも世界があるとする「地球空洞説」もパラレルワールドと呼ばれます。

またSFや空想の世界だけでなく、理論物理学や哲学の世界でもその存在の可能性について研究されたり議論されたりしています。

「パラレルキャリア」の意味

パラレルキャリアとは、一つの組織だけで仕事をするのではなく、並行して社会的活動などを行い、キャリアを複数持つ生き方のことです。本業の空いた時間に行う副業とは異なります。

これは経営学者のP・F・ドラッカーが、著書『明日を支配するもの』の中で提唱した考え方が広まったものです。著書の中では具体例として、地元での社会活動を引き受けるボランティアをしたり、非営利組織を立ち上げたりすることを挙げています。

「パラレルな関係」の意味

上下関係や依存関係などがなく、お互いが一定の距離を保ちながら認め合うような横並びな関係であることを「パラレルな関係」と表現します。

スポーツに関係した「パラレル」の複合語

「パラレルターン」の意味

スキーのターン技術に「パラレルターン」があります。スキー板を平行に揃えたまま向きを変える技術のことです。プルークボーゲンを習得してから身につける中級以上のテクニックです。

「パラレル回転・大回転」の意味

スノーボードの競技に「パラレル回転」「パラレル大回転」があります。並行して設置された2つのコースを滑走し、速さを競う競技のことです。オリンピックの競技として採用されています。

「パラリンピック」はパラレルなオリンピックの意味

パラリンピック(国際身体障害者スポーツ大会)は当初、「パラプレジア(下半身まひ者)」と「オリンピック」の造語として生まれた言葉でした。その後1985年に国際オリンピック委員会(IOC)が大会名を正式に用いることを決定し、その際に名称の再解釈を行いました。

その時「パラレル(並行)」と「オリンピック」で「並行するオリンピック」=「もう一つのオリンピック」として定義されたのです。1988年のソウル大会から正式に用いられています。

その他の「パラレル」の複合語と対義語

「パラレル通信」は通信方式のこと

複数のデータ信号を並行して複数の通信リンクで送る通信方式のことをパラレル通信といい、コンピューター用語のひとつです。

「パラレルポート」の意味

コンピューターにプリンターなど周辺機器をケーブルで接続するためのインターフェースのことをパラレルポートといいます。現在はほぼUSBインターフェースに置き換えられています。

「パラレル」の対義語は「シリアル」

コンピューター・デジタル用語の「パラレル(並列)」の対義語は「シリアル(直列)」です。英語では「serial」と書きます。例えば情報の順次処理をシリアル処理と呼びます。対義語としての「シリアル」の意味は、コンピューター・デジタル用語に限って使用されます。

ちなみにコーンフレークなどの食べるシリアルは「Cereal」です。

まとめ

「パラレル」は「平行する」・「並行する」という意味で、私たちの周辺のさまざまな事柄にその意味が使われています。複数のキャリアを並行して持つという意味の「パラレルキャリア」や、もう一つのオリンピックという意味の「パラリンピック」など、「パラレル」の意味を理解していないとその概念を間違って捉えてしまう可能性もあります。

身近な言葉こそ、その意味をしっかり確認し、信頼されるビジネスパーソンを目指したいものです。