「ブッキング」の意味とは?使い方や英語のフレーズも【例文つき】

「ブッキング」は普段の生活でよく使われるカタカナ語の一つです。職場でも出張でのフライトやホテルを予約するときに使うことがありますが、正しい意味を知った上で言葉を放っている人は案外少ないかもしれません。

ここでは「ブッキング」の意味と使い方を確認しながら、英語でブッキングをする時の基本フレーズを紹介しています。

「ブッキング」の意味とは?

早速、「ブッキング」の本来の意味からみていきましょう。似た言葉「アポイント」との違いにも触れながら進めていきます。

「ブッキング」の一般的な意味は「予約をする」

「ブッキング」は「予約をする」が一般的に最も知られている意味でしょう。コンサートチケットや航空券、ホテルやレストランを予約するという状況において「ブッキングする」「ブッキングをお願いする」などのように使われます。

「ブッキング」の本来の意味は「帳簿に記載する」

「ブッキング」は「帳簿に記載する」「予算を計上する」という意味もあります。元来、宿泊施設などで予約を入れる時に帳簿に名前を入れていたことから、現代の「予約をする」に意味が発展したと考えられるでしょう。もちろん、現在でも「ブッキング」は「帳簿を付ける」「予算を計上する」という意味でも使われています。

「ブッキング」は英語で「booking」

「ブッキング」は英語の「booking」のことで、動詞「book」の名詞形となります。「book」には公共の場での「違反行為で逮捕する」、サッカーでは「警告を出す」という意味があり、カタカナ語の使い方からは想像がしにくいかもしれません。

「ブッキング」と「アポイント」の違い

「ブッキング」と近い意味を持つ言葉に「アポイント」があります。「アポイント」は英語の「appointment」が短くなってカタカナ語として確立した言葉ですが、「ブッキング」との意味の違いがあやふやなために、使い方に困惑することもあるでしょう。

「アポイント」は決まった時間や場所での「取り決め」「約束」を指しますが、「アポイント」は「病院での診察時間の予約」や「会議の取り決め」などに対して使うのが適切です。

しかし国内での「ブッキング」の使われ方をみてみると、ビジネスでのミーティングや商談、プレゼンや講演への参加申し込みなどでも「ブッキング」を使っています。「予定を組む」「連絡を入れる」というニュアンスで使われている場合があるようです。

「ブッキング」を使った例文

続いて「ブッキング」の例文をビジネスと日常生活に分けて10個挙げてみましょう。

「ブッキング」をビジネスで使う場合の例文

  • 出張に行くので、北海道行きの航空券をブッキングしておいてください。
  • 今晩の接待で、日本料理のお店を5時に4名でブッキングをした。
  • ホテルのブッキング確認は前日までにしておいたほうが良い。
  • 経費を抑えるために、ブロックブッキング(一括契約)をした。
  • これは弊社のアカウントブッキング(勘定記帳)である。

「ブッキング」を日常生活で使う場合の例文

  • スピード違反をしてしまい、あいにくブッキングされてしまった。
  • サッカーの試合でブッキングを受けると、チームにとっても不利になってしまう。
  • コンサートやライブのブッキングをするなら、オンラインサイトを使うといいですよ。
  • 映画のダブルブッキングをしてしまった。
  • デートのブッキングしたが、見事に相手は現れなかった。

ホテルのブッキングで使える英語フレーズ(付録)

最後に英語でブッキングをする際の英語フレーズを紹介しましょう。スムーズなブッキングができるようにコツも挙げてみます。

ブッキングのコツは「要件をまとめておく」

ホテルやフライトの予約、またはレストランへのブッキングを電話を使う時は、あらかじめ相手が知りたい内容を頭に入れておくことが大切です。

予約が自分本人であれば問題はありませんが、会社での接待や顧客からの依頼である場合、全員の氏名や連絡先などが必要な場合がほとんどです。そうでない場合でも代表者の氏名が必要な場合があるため、メモなどに書き記しておくようにしましょう。総じて、電話でブッキングをする時は「要件をまとめて」が基本です。

ブッキングの「予約確認」をする場合の例文

  • Hi, I would like to book a flight bound for New York.
    ニューヨーク行き航空券の予約をお願いします。
  • Only myself
    私だけです。
  • My contact number is 012-345-678
    連絡先は012-345-678です。
  • What time you start checking in?
    チェックインは何時からですか?
  • Can I confirm my flight on 24th Aug,please?
    8月24日のフライト予約の確認をお願いできますか?
  • How many days before you start charging me for cancellation?
    キャンセルは料はいつからかかりますか?

ブッキングの「キャンセル」をする場合の例文

  • Hi, I would like to cancel the booking for tomorrow.
    明日の予約のキャンセルをお願いします。
  • Do you charge me a cancellation fee?
    キャンセル料はかかりますか?
  • I would rather change the date if the cancel charge apply.
    キャンセル料がかかるなら別の日に変更したいです。

まとめ

「ブッキング」は英語の「booking」のことで、カタカナ語としては「予約をする」という意味でおもに使われています。英語では「帳簿を付ける」「予算を計上する」「違反で逮捕される」などの意味がありますが、カタカナ語の意味としてはまだまだ線としてつながっていないようです。

また、電話を使って英語でブッキングをする時は、あらかじめ名前を連絡先を控え、会話が途中で途切れないようにすることが大切です。加えて、念の為にもキャンセル料についても確認しておきましょう。