「ファクター」の意味とは?化学と金融での使い方や類語も解説

社会人になるとさまざまなビジネス用語と出会うようになりますが、「ファクター」もその中の一つでしょう。職場のミーティングで見聞きはするものの、意味や使い方があいまいなことはありませんか?

ここでは「ファクター」を取り上げ、意味と使い方、類語と英語表現を中心にまとめています。異なる分野における「ファクター」の解釈についても参考になると幸いです。

「ファクター」の意味と使い方は?

まずはじめに「ファクター」の意味と使い方から解説します。

意味は「要因」「要素」

「ファクター」は英語の「factor」のことで、「要因」「要素」「原因」「因子」などの意味があります。砕けた言い方をするなら「何かが生じる要素になるもの」「結果を生んだ要因」としてもよいでしょう。

つまり、何らかの「ファクター(要因)」があったから、結果が生まれるということであり、結果や何かが生じるために寄与したのが「ファクター」となります。一般的なビジネスシーンで使われる「ファクター」はこれらの意味を持って放たれる場合がほとんどです。

数学では「因数」「倍数」「係数」

「ファクター」は数学や数値にも関係のある言葉です。数学の「因数」、数値では「倍数」「係数」の意味があります。理数系の大学や、数値を扱う企業や専門機関では、この意味で使われることが多いでしょう。

「商売の代理人」の意味も

「ファクター」のもう一つの意味に「商売の代理人」があります。どちらかと言うと古い表現になりますが、「問屋」「仲介人」などの意味もあり、現代の「エージェント」と同じような立場の人を指す言葉としても使われています。

金融と化学での「ファクター」とは?

「ファクター」は分野や環境によって言葉の意味が異なります。続けて金融分野と科学分野での「ファクター」について解説しましょう。

金融でのファクターは「共通要因」

金融で資産運用における「ファクター」は資産運用による生じるリスクやリターンに影響を与える「共通要因」を指しています。つまり、インフレや長短金利差をはじめ、ボラティリティや信用力、また流動性などです。

また、資産運用においての判断基準を「ファクター」と呼ぶこともできます。「ファクター投資」を代表するように、投資しやすい割安の株式での要因を理解し投資することで、パフォーマンスの良い資産運用をスタートさせることができるでしょう。

加えて「債券買収機関」のことも「ファクター」と呼んでいます。

化学でのファクターと求め方と滴定

化学の分野で使われる「ファクター」は、化学反応を起こすときに用いる「係数」のことで、化学反応を起こす実験において正しい濃度を知るための物差しのような意味があります。正確には濃度の「補正係数」のことで、比率の差を示したものを「ファクター」と言います。

ちなみに、ファクターを使う分析手段に「定量分析法」があり、塩酸や水酸化ナトリウムには中和滴定、硝酸銀に硝酸銀滴定法、チオ硫酸ナトリム硫酸には酸化還元滴定などが用いられます。

「ファクター」の類語はなに?

それでは「ファクター」の類語を意義別にみてみましょう。

「エレメント」「素因」の意味と例文

「ファクター」の意味で「結果として起因するもの」という意義がある類語は「エレメント」「素因」「因」などです。もちおん、このカテゴリーに「ファクター」が最も示す意味「要因」「要素」「因子」「原因」も含まれます。

  • 一致団結するために必要なエレメントとを、改めて考えてみよう。
  • このプロジェクトが失敗に終わった原因は何であったのだろうか。
  • 寝坊をしてしまった素因は、まさに連夜の夜更かしである。

「構成物」「コンポーネント」の意味と例文

「ファクター」の意味で「要因となる抽象的な部分」を指す類語は「構成物」「コンポーネント」「成分」などです。この意義からは、化学医薬品を扱う環境で使われる言葉が多いのがわかります。

  • 健康食品の構成物を見れば、なぜ美容効果がこれだけ現れたのか検証できる。
  • 工場生産で使われるベルトコンベヤーのコンポーネントを全て再点検したい。
  • 即効性のある胃薬を開発するために必要な成分は、どのようなものがありますか?

「ブローカー」「エージェント」の意味と例文

「ファクター」のもう一つの意味「商売の代理人」での類語は「ブローカー」「仲立ち」「エージェント」などです。手数料をもらい第三者のために商売をする立場の人を指します。

  • 手数料はかるが、ブローカーに頼んだ方が確実だ。
  • 専門的な分野に強いエージェントはたくさんある。
  • ビジネスをスムーズに行えるように、仲立ちを入れて契約を結ぼう。

「ファクター」を使った英語表現とは?

最後に「ファクター」の英語表現について紹介します。

「ファクター」の英語表現

  • Let’s factor a number.15
    15の因数分解をしてみましょう。
  • What is the factor causing my fatigue.
    疲れを生むファクターは何だろう。
  • It is important to learn a factor in success in sales profit.
    売上を上げるためのファクターを学ぶことは大切である。
  • Would you please check the factor in this diet?
    この食品のファクターを調べてくれませんか?

まとめ

「ファクター」の意味は結果を生んだ「要因」「原因」「要素」などになり、金融分野や化学分野でも使われるカタカナ語です。分野や環境によって言葉のニュアンスが変わってきますが、意味の底辺となるものは同じだと言えるでしょう。

一般的なビジネスでは「成功に潜むファクター」「重要なファクター」などさまざまな言い回しができますが、ビジネスの戦略会議では「ファクター」の分析が成功のカギとなることもあるはずです。ぜひ、ビジネスにおける「サクセスファクター」を追求してみて下さい。