「ノウハウ」の意味とは?ビジネスでの使い方や類語・例文も紹介

「ノウハウ」は私たちの日常生活に浸透したカタカナ語の一つですが、本来の意味や定義についてはなかなか触れる機会はあまりないことでしょう。

そこで今回は「ノウハウ」について意味とビジネスでの定義、正しい使い方や類語を含めて紹介していきたいと思います。



「ノウハウ」の語源と意味とは?

さっそく「ノウハウ」の語源と意味からみていきましょう。

語源は英語の「know-how」

「ノウハウ」の語源となるのは英語の「know-how」です。周知の通り「know=知る」「how=方法」という2つの単語が組み合わさった言葉となります。

意味は「方法や手順の知識」

「ノウハウ」の意味は「ものごとにおける方法や手順、順番やコツなどの知識」です。つまり、ものごとや動作において、「何をどうする」という一連の知識を総称して「ノウハウ」と呼んでいます。

「ノウハウ」は「作業におけるノウハウ」「スポーツのノウハウ」「作り方のノウハウ」など、ほぼどのような分野やエリアでも使える便利な言葉であると言えるでしょう。

ノウハウ以外の「how」に関係する熟語

「ノウハウ=know-how」の他に、似たような意味を持つ「ハウツー=how to(方法、やり方)」があります。日本では「ハウツー本」「ハウツー集」などのように独自の表現で熟語としても使われているせいか、馴染みのあるカタカナ語の一つかもしれません。

また、英語圏ではさらに別の表現として「how-what(自分で何をしているのかを理解する)」「how-who(相手がどんな人なのかを理解する)」「how-why(なぜそうなのか理解している)」があります。これらは、5W2Hに匹敵する重要なビジネス用語となり、国際企業では頻繁に飛び交う語句となります。

ビジネスにおける「ノウハウ」の意味とは?

続けて「ビジネス」における「ノウハウ」について定義と意味を解説します。一般的な解釈での「ノウハウ」と何が異なるかにも注目してみましょう。

「ノウハウ」の定義

「ノウハウ」は知的財産権に関係する重要語でもあります。国際商業会議所が作成した「ノウハウ保護基準条項」で定められた定義には「工業目的に役立つ技術を完成させ、応用するための秘密技術や知識、または経験の集積」と記されています。

ビジネスでは「製品や開発の技術的な知識」という意味

一般的に知られる「ノウハウ」は「ものごとの手順や方法の知識」を意味し、実際的な場面で役に立つ、または必要な知識を指しています。しかし、ビジネスや職場で使われる「ノウハウ」は前述した通り意味合いが異なるため、使い方に気を付ける必要があります。

ビジネスにおける「ノウハウ」は主に「技術」に特化した視点で放たれる言葉で、「工業・産業的に役立つ技術的知識」のことを意味しています。たとえば、機械や設備を組み立て、運転できる状態にまでもっていくような技術力のことです。

料理のノウハウ、編み物のノウハウなど、ノウハウにはさまざまありますが、ビジネスフィールドにおける「ノウハウ」は、コンピューターや各種機械の開発や製造における「特殊な技術や知識」を指しているのです。

「ノウハウ」と「ナレッジ」との違い

ビジネス用語の一つとして知られる「ナレッジ=knowledge」は、「ノウハウ」と似たようなニュアンスを持つ言葉ですが、それぞれ異なる意味があるため適切な使い分けが必要です。

ビジネスフィールドにおける「ナレッジ」は組織や企業にとって有利な知識や情報、また付加価値のある経験を意味することがほとんどです。「ノウハウ」のように技術的な手段ではなく「蓄積した経験や豊富な知見」などを指し、生産性の向上や有効的な経営手法を助ける重要な要素ともなっています。

たとえば、現代の企業経営において「ナレッジマネジメント」は必須の経営ツールでしょう。経験や知見の豊富な個人と企業を結び付け、互いに情報を共有することで成長を目指していきます。

言い換え可能な類語「技術」「技能」

ビジネスフィールドにおける「ノウハウ」は「技術」や「技能」を意味するため、言い換えのできる類語も「技術」や「技能」となります。文脈に相応しい類語を選んで、適切に言い換えをしてみましょう。

「ノウハウ」の使い方と5つの例文

最後に「ノウハウ」の使い方と例文を5つ挙げてみましょう。

シーンによって意味が変わるので注意

「ノウハウ」を使う時は、言葉が使われる環境を見極めることが大切です。日常的な会話の中なら「料理のノウハウ」「ゲームのノウハウ」などのように「ものごとの手段や手順、コツ」などに対して使えますが、ビジネスフィールドにいる場合は「工業・産業的な目的で必要な技術や技能」の意味で使われます。

「ノウハウ」を使った5つの例文

  • エンジン部分を組み立てるノウハウを習う。
  • ノウハウを学んで、工場のラインに立つ。
  • プログラム開発のノウハウを修得するには、長期戦で根気がいる。
  • 引き継ぎのため、業務のノウハウを後輩に教える予定だ。
  • 仕事のノウハウを先輩から教えてもらった。

まとめ

「ノウハウ」は英語の「know-how」のことで、一般的には「ものごとの手順や方法の知識」、またビジネスフィールドでは「工業・産業目的に必要な秘密技術、技能や知識」を指す言葉となります。

一般的な企業の職場では「仕事のノウハウ」「業務のノウハウ」「工場生産のノウハウ」などのようにも使われるのがほとんでしょう。「ナレッジ=豊富な経験や知見」の意味との違いを理解して、スマートな会話ができるように心がけて下さい。

 

ABOUTこの記事をかいた人

アバター

某私立大経営学部卒、大手旅行会社、商社を経て、豪州へ移住。米国PCメーカーのカスタマー部に勤務後、カンガルーやエミューのいるNSW州の片田舎で生活を開始。田舎暮らしをきっかけにフリーランス(ライター・翻訳)に転身し現在に至る。趣味はゴルフ、料理、ローカルとのゴシップ、キャンプ。