「光栄です」の意味と正しい使い方!言い換え表現や例文も紹介

ビジネスにおいてよく耳にする「光栄です」という言葉ですが、正しい意味は知っていますか?使い方によっては相手に違和感を持たせてしまうことや、堅苦しい言い回しになってしまうことがあります。正しい使い方や類語を紹介するので参考にしてください。



「光栄です」の意味や類語

「光栄」とは「名誉に思うこと」

「光栄です」の「光栄」とは自分の行動を褒められることや、重要な役割を任されることで名誉に思うということを意味します。相手に名誉に思う気持ちを伝えたいときに使える言葉です。ビジネスにおいて相手に褒められた際、感謝の気持ちだけでなく名誉に感じた場合は「ありがとう」ではなく「光栄です」が適しているでしょう。

口語だけでなく手紙やメールへも使うことができる言葉ですので、名誉と感じたことを相手に伝えたい場合に使ってください。

「光栄」の類語は「栄誉」

「栄誉」「名誉」「栄光」は「光栄」の類語となります。いずれも輝かしい評価や栄えある評価・功績を意味する言葉ですので、「光栄」という表現が重なる場合は言い換えてみてください。

「光栄です」の使い方

「光栄です」は目上に対し使える

「光栄です」は「光栄」の後に続く言葉が敬語で表現されているため、上司や取引先の担当者など目上の人へ使うことができます。目下の部下や対等な立場である同僚へ向けて使う場合は、「光栄だ」「光栄だよ」と表現を変えて使いましょう。

ただ、目上以外の人へ使う言葉としては仰々しく堅苦しく感じられることもあり、適切であるとは言い切れません。素直に「ありがとう」や「嬉しく思よ」と使う方が無難でしょう。

「至極光栄」とは「この上なく名誉」

「至極光栄」とは「光栄」を使った言い回しの一つです。「至極」とは「この上なく・究極に」という意味を持つため、「至極光栄」とは「この上なく名誉なこと」を意味しています。「光栄です」よりもさらに名誉と感じた際に「至極光栄です」と使うことができます。

「至極光栄」の同じ意味を持つ言葉として「光栄の至り」という言葉もあります。「光栄の至り」という言葉も、この上なく光栄な時に使うことができるため、文脈により使い分けてみてください。

「光栄に存じます」は「光栄に思う」

「光栄に存じます」とは「光栄に思います」という意味が含まれています。「存じます」は「思う」の謙譲語である「存じる」にですます口調を加えた敬語表現であり、目上の人に対して使うことができます。「光栄に存じます」は少し堅苦しい言い回しですので、場面に合わないと感じる際は「光栄です」を使った方が良いでしょう。

「光栄です」を使う際の注意点

「お会いできて光栄」は「嬉しいです」という意味ではない

目上の人に対して「お会いできて光栄です」という言葉をよく耳にしますが、場合によっては間違った文章となります。例えば総理大臣やノーベル賞受賞者など、会えること自体が名誉である人物に対して使うことは適切であるといえます。

しかし、仕事上で出会った人に対して「会えて嬉しい」という意味で「お会いできて光栄です」を使うことに違和感を覚える人もいます。単に「嬉しい」という意味の言葉ではないため、「お会いできて光栄です」を使う際は「会えたことが名誉なことです」ということを伝えたい時に使う方が良いでしょう。

「光栄です」は前後に敬語表現を使う

「光栄です」と使う際は前後の文脈に気を付けて使ってください。例えば、栄えある賞を受賞したとき「こんな賞を貰えて光栄です」よりも「このような賞を頂けて光栄です」のほうが言い回しとして適しています。「光栄」とは相手に敬意を表す言葉でもあるため、「光栄」を使う際は丁寧な敬語表現で使いましょう。

ビジネスシーンで「光栄」を使った例文

「とても光栄です」を使った例文

「光栄です」よりもさらに名誉に感じた場合に「とても光栄です」と使うことができます。例えば直属の上司から、次の大きな案件を君に任せたいと言われた場合「そのような大きな仕事を任せて頂けるなんて、とても光栄です」と使うことができます。

「至極光栄」を使った例文

例えば業務成績が良かった人に贈られる賞を受賞した場合「このような賞をいただき至極光栄でございます」と使うことができます。「至極光栄」とはかしこまった言い回しであるため、後に続く言葉は「です」よりも「でございます」や「に存じます」の方が適しているといえるでしょう。

「光栄に存じます」を使った例文

例えば上司から褒められた際「そのように言っていただけて光栄に存じます」と使うことができます。褒められたことを光栄に思うという意味で「光栄」が使われています。親しい人へ「存じます」を使うと距離があるように受け止められる場合や、堅苦しく感じられる場合があるため、人によっては「光栄です」と言い換えましょう。

まとめ

「光栄です」とは名誉に思ったことを相手へ伝える際に使われる言葉です。かしこまった場面では「至極光栄」や「光栄に存じます」と言い換えて使うことが適していると言えるでしょう。単に嬉しい気持ちを表す言葉ではなく「名誉に思う」ことを表しているため、使う際は注意が必要です。社会人として正しく使ってください。

ABOUTこの記事をかいた人

アバター

大阪在住の新人ライターです。学生時代にビジネスマナーや医療事務・秘書などの検定を取得し、前職は医療秘書として医院勤めでした。料理とスポーツが得意なので、いつか記事にできたらなと思っています。よろしくお願いします。