「恥ずかしい」と「気恥ずかしい」の違いとは?使い分け方と類語も

「恥ずかしい」と「気恥ずかしい」はどちらも「照れくさい」という意味ですが、恥ずかしさの程度に違いがあります。この記事では「恥ずかしい」と「気恥ずかしい」の意味の違いや、使い分け方を例文とあわせて解説します。また、類語や英語表現も紹介しましょう。

「恥ずかしい」と「気恥ずかしい」の違いとは?

「恥ずかしい」の意味は「照れくさい」「体裁が悪い」

「恥ずかしい」には主に2つの意味があり、1つ目の意味は「照れくさい」です。人に見られると気づまりな感じを表しています。良いことか悪いことかは関係なく、気まずくなるような感情です。

「恥ずかしい」の2つ目の意味は「体裁が悪く感じること」です。自分のミスや短所、苦手なことなどを自覚して、それを人前などで行うときに分が悪く感じたり、体裁が悪く感じたりすることを「恥ずかしい」と表現します。

「気恥ずかしい」の意味は「なんとなく恥ずかしい」

「気恥ずかしい」とは「すこし照れくさく、なんとなく恥ずかしい」という意味の言葉です。「恥ずかしい」の前につく「気」には「なんとなく、少し」というニュアンスがあるため、「恥ずかしい」よりもあいまいな「なんとなく恥ずかしい」「ほのかに恥ずかしい」となります。

「恥ずかしい」と「気恥ずかしい」の違い

「恥ずかしい」と「気恥ずかしい」との違いは、「恥ずかしい」という気持ちの程度の問題で、「恥ずかしい」の方が「気恥ずかしい」よりも恥ずかしい気持ちが強いことです。言い換えれば、「気恥ずかしい」は「恥ずかしい」と言うほどではないけれど「少しだけ恥ずかしい」という気持ちを表しています。

「恥ずかしい」と「気恥ずかしい」の使い分け方

「気恥ずかしい」は少し恥ずかしいときに使う

「気恥ずかしい」とは「少し照れくさい」という意味のため、「恥ずかしい」と言い切れるほどではなく、少しだけ恥ずかしいという気持ちのときに「気恥ずかしい」を使います。

反対に、「まさに照れくさい」「気まずい」と言い切れるほどの気持ちならば「恥ずかしい」を使います。

「気恥ずかしい」を使った例文
  • 直接、本人に言うのは気恥ずかしい
  • 初めての子どもの発表会は、見ているこっちが気恥ずかしい
  • みんなの前で褒められて、気恥ずかしくなった
「恥ずかしい」の例文
  • 初めて手を握られ時、恥ずかしい思いがした
  • そんな変な行動をして、恥ずかしくないのか

「恥ずかしい」は体裁が悪いときにも使える

「恥ずかしい」には「体裁が悪く感じること」という意味もあります。欠点や人よりも劣ることを自覚するとき、ネガティブな感情を「恥ずかしい」と表します。この使い方は「恥ずかしい」の2つ目の意味の使い方で、「気恥ずかしい」にはない使い方です。

うまくできないことや失敗したことなど、人と比較してうまくできないと思うときに「恥ずかしい」が使われることが多いでしょう。

例文
  • サッカーの試合でPKを外して、恥ずかしかった
  • 同期は昇進するのに、自分は平社員のままで恥ずかしく感じた

「恥ずかしい」の類語とは?

「恥ずかしい」の類語①「照れくさい」

「恥ずかしい」の類語には「照れくさい」と「面映ゆい(おもはゆい)」があります。「照れくさい」とは「きまりが悪く、恥ずかしい態度や顔をすること」という意味で、「恥ずかしい」の言い換え表現としてよく使われます。

「恥ずかしい」との違いは、「照れくさい」は恥ずかしいという気持ちのあまり態度や表情が変わることに着目されていることですが、意味上はほとんど違いがありません。

「照れくさい」の例文

「好き」と言うのは照れくさい

「恥ずかしい」の類語②「面映ゆい」

「面映ゆい(おもはゆい)」とは「照れくさい」という意味ですが、「特に何かをしたり、何かをされたりしたときに、相手に向かって行うときは照れくさい」というときに使われる言葉です。

「恥ずかしい」との違いは、「恥ずかしい」は恥ずかしいと思うときの状況に関係ありませんが、「面映ゆい」は人前で何かを行うときにのみ使われることです。

「面映ゆい」の例文

みんなの前で名前を呼ばれたので、面映ゆかった

「気恥ずかしい」の類語とは?

「気恥ずかしい」の類語①「小恥ずかしい」

「小恥ずかしい」とは「少し恥ずかしい」という意味で、「小」が恥ずかしさの程度が少ないことを表しています。「こはずかしい」だけでなく、「こっぱずかしい」と言われることもあるでしょう。

「気恥ずかしい」の類語②「うら恥ずかしい」

 「うら恥ずかしい」とは「恥ずかしいことはしていないのに、恥ずかしく感じる気持ち」という意味です。「うら」が物事の反対側という意味だからといって、「うら恥ずかしい」は「恥ずかしくない」という意味ではなく、「恥ずかしいことはしていないのに恥ずかしい」という意味で解釈されます。

「気恥ずかしい」の類語➂「きまりが悪い」

「きまりが悪い」とは「照れくさい」という意味です。本人がバツが悪い、体裁が良くない、みっともないと思われるときに使われます。

「きまりが悪い」の例文

上司が込み入った話をしているときにドアを開けてしまって、きまりが悪かった

「恥ずかしい」の英語表現とは?

「恥ずかしい」は英語で「embarrassed」

「恥ずかしい」は英語で「embarrassed」、文章では「be embarrassed」のかたちで用います。なお、「気恥ずかしい」も「embarrassed」を使って訳されることが多いです。

少しだけ恥ずかしいというニュアンスを伝えたい場合は、動詞を工夫して「be」の代わりに「感じる」という意味の「feel」を使うことで少し内気な感じが表せます。

その他「embarrassed」の類義語には、「ashamed」や「sky」もあります。

「恥ずかしい」の英語例文

  • “I was embarrassed, because I made a mistake in front of audiences.”
    「観客の前で失敗をしたので、恥ずかしかった」
  • “I felt embarrassed, because she stared me.”
    「彼女が見つめるので気恥ずかしかった」

まとめ

「恥ずかしい」と「気恥ずかしい」の違いは、「気恥ずかしい」のほうが「恥ずかしい」という気持ちが少なめだということです。どちらの言葉がふさわしいか、自分の気持ちを確かめながら使い分けるといいでしょう。

ABOUT US

Light1
「難解なワードでもわかりやすく」をモットーに、常識ワードからビジネス用語、時には文化・アート系など、幅広く記事を書かせていただいています。ドイツ在住で2児の母。好きな食べ物はビターチョコレートとナッツ類。