雇用保険被保険者資格取得届とは?提出先や添付書類を解説

社員を採用すると「雇用保険被保険者資格取得届」を記入し、提出しなければなりません。提出先やどのような添付書類が必要なのかなど、戸惑う方も多いのではないでしょうか。今回は「雇用保険被保険者資格取得届」が必要なタイミングや提出先、添付書類などを解説します。



「雇用保険被保険者資格取得届」とは?入手先は?

社員を採用したときに作成が必要な書類

「雇用保険被保険者資格取得届」とは、社員を雇用保険に加入させるときに提出する書類です。雇用保険は、加入条件を満たした社員を採用したら、必ず加入させなければなりません。会社が手続きを行う義務がありますので、忘れずに「雇用保険被保険者資格取得届」を提出しましょう。

雇用保険に加入するのは週20時間以上働く人

雇用保険の加入条件は、週に20時間以上働く人です。ただし、31日以上雇用される見込みのない人は加入する必要はありません。社員を採用したときに作成した雇用契約書などで、労働時間が週に20時間以上あり、契約期間が31日以上ある場合は、雇用保険に加入させましょう。

もともと週の勤務時間が20時間よりも短い社員が、週に20時間以上働くことになった場合にも、雇用保険に加入する必要があります。この場合にも「雇用保険被保険者資格取得届」を提出しましょう。

用紙はハローワークでもらうか、ダウンロード

「雇用保険被保険者資格取得届」の用紙はハローワークの窓口でもらうこともできますし、ハローワークのホームページからもダウンロードできます。ダウンロードした場合は、等倍でA4用紙に印刷しましょう。サイズが異なると提出できません。

雇用保険被保険者資格取得届の提出先は?

事業所管轄のハローワークに提出

雇用保険被保険者資格取得届を作成したら、事業所を管轄しているハローワークに提出しましょう。事業所の住所によって提出先のハローワークが異なりますので注意が必要です。

郵送や電子申請でも提出可能

雇用保険被保険者資格取得届は郵送でも手続きができます。雇用保険被保険者資格取得届を提出すると、雇用保険に加入したことがわかる通知書や、雇用保険を脱退するときに使う資格喪失届などの用紙をもらうことができます。

郵送の場合は、返信用封筒を入れて送ると、用紙を送り返してくれます。郵送の場合は多少日数がかかりますので、余裕を持って手続きをしましょう。

また、雇用保険被保険者資格取得届は電子申請も可能です。興味のある方は利用してみてはいかがでしょうか。

雇用保険被保険者資格取得届の添付書類は?

基本的には添付書類は不要

「雇用保険被保険者資格取得届」は、基本的に添付書類が必要ありません。「雇用保険被保険者資格取得届」の用紙のみを提出しましょう。ただし、提出期限を過ぎた場合など、特別な事情があるときには、添付書類がなければ受理してもらえないこともあります。添付書類が必要になる場合に該当していないかを確認しましょう。

添付書類が必要になる場合

雇用保険被保険者資格取得届に添付書類が必要になるのは、以下の場合です。

  • 事業主が初めて被保険者資格取得届を提出するとき
  • 提出期限を過ぎて提出したとき
  • 過去3年間に不正受給に関連した場合
  • 著しく矛盾した届け出の場合
  • 前年度、前々年度の労働保険料を滞納している場合
  • 過去3年間に雇用保険法や労働保険関係の法律で著しい違反があった場合

添付書類は、賃金台帳・労働者名簿・タイムカード・雇用契約書

添付書類が必要なときには、ハローワークで必要な書類を確認しましょう。一般的には、賃金台帳・労働者名簿・タイムカード・雇用契約書などが必要になります。雇用保険に加入する社員を雇用し、給料を支払っているのか、社員から雇用保険料を徴収しているのかなどを確認しています。

雇用保険被保険者資格取得届を書くために必要なものは?

マイナンバー

雇用保険被保険者資格取得届には、マイナンバーを記載する必要があります。社員からマイナンバーを確認し、記入しましょう。

雇用保険番号

雇用保険被保険者資格取得届には、雇用保険番号を記入する欄があります。雇用保険番号は1人に1つ与えられる番号で、転職しても変わりません。

前職で雇用保険に加入している人であれば、番号を持っていますので、確認しましょう。初めて雇用保険に加入する人は番号がありませんので、雇用保険番号は不要です。

雇用保険被保険者資格取得届の書き方は?

鉛筆で記入するか、入力して印刷

ハローワークから受け取った雇用保険被保険者資格取得届は、できれば鉛筆かシャープペンシルで記入しましょう。OCRで読み取る書類ですので、間違ったときに枠内で書き直しておいた方が親切です。ボールペンで記入しても受理されますが、間違ったときにOCRで読み取りができなくなります。

ハローワークのホームページでは、雇用保険被保険者資格取得届をダウンロードできます。すべて空欄の用紙をダウンロードするだけでなく、ホームページ上の入力欄に必要事項を入力すると、必要事項も合わせて印刷されます。印刷前に間違いがないよう確認しましょう。

賃金は月額を計算して記入

記入欄で間違えやすいのが、賃金の記入欄です。賃金は月給、日給、時間給など選べるようになっていますが、金額を記入する欄では月額を記入しなければなりません。例えば、時給900円で月100時間働く場合は月9万円です。時間給の場合は4番を選択し、金額は千円単位で記入しますので、「4-90」と記入することになります。

まとめ

雇用保険被保険者資格取得届は、社員が雇用保険に加入するときに必要な書類です。基本的に添付書類は必要ありませんので、用紙に記入し、管轄のハローワークに提出しましょう。ハローワークのホームページも雇用保険被保険者資格取得届の作成に便利です。活用して、スムーズに提出できることを応援しています。