「エンターテイナー」の意味とは?使い方とアーティストとの違いも

「エンターテイナー」とは「人々を楽しませる人」という意味で、「芸人」という意味でも使われます。同じく人を楽しませる「コメディアン」や「アーティスト」とはどのような違いがあるのでしょうか。この記事では、「エンターテイナー」の意味や使い方、類語との違いのほかに英語表現も紹介します。

「エンターテイナー」の意味とは?

意味は「歌手やコメディアンのような芸人」

「エンターテイナー」とは「職業として人々を楽しませる人」という意味でよく使われています。「エンターテイナー」とされる職業は幅広く、歌手や俳優をはじめ、マジシャン、漫才やコントなどのお笑い芸人などがあります。

もともとの意味は「人々を楽しませる人」

「エンターテイナー」の元々の意味は「人々を楽しませる人」です。「エンターテイナー」の語源となった英単語「entertain」の意味は、「楽しませる」「もてなす」「慰める」など、人を楽しませたりもてなしたりする人のことを「エンターテイナー」と言います。

職業として人々を楽しませる人に限らず、一般の人でも人を楽しませる人なら「エンターテイナー」と言えます。

「エンターテナー」や「エンターテーナー」とも

「エンターテイナー」は「エンターテナー」や「エンターテーナー」とも表記されます。なかでも「エンターテイナー」がよく使われていますが、どれも「エンターテイナー」と同じ意味です。

「エンターテイナー」の使い方

「エンターテイナー」は芸術性より娯楽性が強い

「エンターテイナー」は「職業として人々を楽しませる人」という意味があり、特に芸術性よりも娯楽性が強い場合に「エンターテイナー」がよく使われます。

俳優でもコメディ要素の強い演技が得意な俳優や、歌手でも人が共感できて心を震わせるようなタイプの歌手だと「エンターテイナー」と呼ばれることが多いでしょう。

「エンターテイナー」の例文
  • 彼は真のエンターテイナーだ
  • いつでも笑いを取れるエンターテイナーのような芸人になりたい

「エンターテイナー型」とは社交性の高い性格

「エンターテイナー型(ESFP型)」とは、自分に向いた職業を見つけるためよく用いられる性格判断テスト「マイヤーズ・ブリックスタイプ指標(MBTI)」が分類する16種類の性格の型のひとつです。

「エンターテイナー型」の人の性格は「今」を楽しむことに長けた人柄で、人を楽しませることもできます。積極的で社交性が高く、観察力もあるため人に親切です。

エンターテイナー型の人に向く職業は、顧客のニーズに応えるような職業で、営業やイベントプランナー、接客業などがあげられます。恋愛面ではいつも明るく楽しませてくれるため、素敵なパートナーになってくれるでしょう。

「エンターテイナー」の類語

「コメディアン」とは人々を笑わせる人

「コメディアン」とは「喜劇俳優」という意味なのですが、「人々を笑わせる人」という意味でよく使われています。漫才やコントなどをするお笑い芸人などを指しています。

「エンターテイナー」は観客を楽しませますが、笑わせるとは限りません。一方「コメディアン」は観客を笑わせるためにパフォーマンスをする人です。

「アーティスト」とは芸術家のこと

「アーティスト」とは「芸術家」のことで、特に芸術のジャンルは問いません。ある分野の芸術において活動する人を「アーティスト」と呼び、具体的には画家や作曲家、作詞家、デザイナー、イラストレーターや漫画家などを指します。

「エンターテイナー」は人々を楽しませますが、「アーティスト」は芸術を探求する人のことを言うので、人々を楽しませるかどうかはわかりません。

「パフォーマー」は体を使った芸術活動を行う人

「パフォーマー」とは「体を使った芸術活動を行う人」のことです。例えば、ダンサーや舞踊家、舞台俳優やミュージシャンなどです。

「エンターテイナー」は人を楽しませることに長けている人のことを指しますが、「パフォーマー」という言葉は身体的な芸術活動をしている人全般を指して使われます。

「エンターテイナー」の英語表現

「エンターテイナー」は英語で「entertainer」

「エンターテイナー」は、英語で「entertainer」と書きます。「entertainer」は、「エンターテイナー」の語源となった言葉で、2つの意味があります。1つ目は「歓待する人」「人々を楽しませる人」という意味です。

2つ目の意味は「職業としての芸人」で、ダンサーや歌手、コメディアンなどさまざまな職種で人々を楽しませる人のことを「エンターテイナー」と言います。

「entertainer」は「職業としての芸人」という意味で使われることが多いのですが、もともとの意味である「人を楽しませる人」という意味でも使われています。

「エンターテイナー」の英語例文

  • He is an entertainer.
    彼はエンターテイナーである
  • He is a professional entertainer.
    彼はプロのエンターテイナーだ
  • He has the skill of an entertainer.
    彼にはエンターテイナーの技がある

まとめ

「エンターテイナー」とは本来なら「人々を楽しませる人」という意味ですが、「職業として人々を楽しませる芸人」という意味の方がよく使われます。エンターテイナーでも笑われることに重点が置かれれば「コメディアン」、芸術に特化している人なら「アーティスト」と呼ばれます。人々を楽しませる職業はいろいろありますので、それぞれの特性に合わせて言葉を使い分けましょう。

ABOUT US

Light1
「難解なワードでもわかりやすく」をモットーに、常識ワードからビジネス用語、時には文化・アート系など、幅広く記事を書かせていただいています。ドイツ在住で2児の母。好きな食べ物はビターチョコレートとナッツ類。