「取り急ぎご連絡まで」は正しい敬語?ビジネスメールでの使い方も

ビジネスメールで目にする「取り急ぎご連絡まで」という敬語表現ですが、取引先や社外の上司には適していないことをご存知ですか?この記事では「取り急ぎご連絡まで」の目上への使い方や、類語を使った例文を紹介します。

「取り急ぎご連絡まで」の意味とは?

「取り急ぎご連絡まで」の意味は「急ぎの連絡」

「取り急ぎご連絡まで」は「急ぎで要件のみご連絡します」を意味します。詳細は省き、要件のみを伝えることを表します。時間が迫っていたり、急遽予定が変更したりなどのシーンで使用しましょう。

「取り急ぎご連絡まで」は接頭語を使った敬語表現

「取り急ぎご連絡まで」は体言止めで終わっていることから、ビジネスシーンに適していないという考えがあります。しかし、「ご連絡」は「連絡」に接頭語の「御(ご)」をつけた丁寧な表現です。

また、「急いでいるため、報告だけになってしまい申し訳ない」という意味も込められているため、ビジネスシーンで使用しても問題ありません。

「取り急ぎご連絡まで」の使い方は?

「取り急ぎご連絡まで」はビジネスメールでよく使う

「取り急ぎご連絡まで」は主にビジネスメールで使用されます。文章の最後に「取り急ぎご連絡まで」を添えることで、急ぎの要件であることを相手へ伝えられます。ただし、記載した内容だけでは詳細を伝えきれないことが多いため、後日補足を連絡することも重要です。

たとえば、会議が中止になったことを「取り急ぎ」連絡したあとは、再調整した日程や中止の理由などを追加で伝えましょう。

「取り急ぎご連絡まで」は上司にも使える

「取り急ぎご連絡まで」は上司に使用することも可能です。ただ、「取り急ぎ」という表現を失礼だと捉える人も一定数います。仲のいい上司や、普段からコミュニケーションをとっている上司など、相手をみて使用するのがベストです。

「取り急ぎご連絡いたします」と敬語にする場合も

「取り急ぎご連絡まで」が言葉足らずで失礼だと感じる場合は、文末に敬語表現を加えましょう。「取り急ぎご連絡いたします」や「取り急ぎのご連絡で失礼いたします」と表すことで、より丁寧な印象を与えられます。

  • 5日後の商談は急遽中止となったことを、取り急ぎご連絡いたします
  • 本日のプレゼン資料を共有いたしました。取り急ぎのご連絡で失礼いたします

「取り急ぎご連絡まで」の返信には承諾とお礼を

ビジネスメールにて相手から「取り急ぎご連絡まで」と送られてきた場合、返信には内容を承諾する旨と感謝の言葉を返しましょう。

返信はいらないという意見もありますが、メールが届いているか相手が不安に思う可能性もあります。「返信は不要です」と記載されていれば返さなくてもいいですが、それ以外は返信するのが無難です。

「取り急ぎご報告」「取り急ぎお礼」という表現も

ビジネスシーンでは「ご連絡」以外にも「取り急ぎ○○」という表現があります。たとえば、急いで報告をしたときには「取り急ぎご報告まで」と、急いでお礼を伝えたときには「取り急ぎお礼まで」と表せます。

「取り急ぎご連絡まで」を使うときの注意点

取引先や社外の目上の人には適さない

敬語表現ではあるものの、取引先など社外の目上の人には適していません。「取り急ぎご連絡いたします」などの表現があることを考えると、丁寧さにかけ、悪い印象を与えることもあります。相手によって使い分けましょう。

「取り急ぎご連絡まで」は緊急時にのみ使う

「取り急ぎご連絡まで」は緊急時のみ使用できる表現です。急ぎでない要件や、複数の要件をまとめて伝えるシーンには適していません。その場合は「取り急ぎ」を外し、「○○の件についてご連絡いたします」のように言い換えましょう。

「取り急ぎご連絡まで」の類語・言い換え

「取り急ぎ」の言い換えに使える「まずは」

「取り急ぎ」が失礼だと感じる場合、「まずは」へと言い換えられます。かしこまった表現ではないものの、敬語表現とあわせて使うことでビジネスシーンにも適した表現となります。「まずはご連絡のみにて失礼いたします」のように使いましょう。

「取り急ぎご連絡まで」の類語を使った例文

  • 先方は20分ほど遅れるそうです。まずはご連絡のみにて失礼します
  • 無事クライアントからの了承を得られました。まずはご連絡申し上げます

「取り急ぎご連絡まで」の英語表現

「取り急ぎご連絡まで」は英語で「I just wanted to」

「取り急ぎご連絡まで」の英語表現は「I just wanted to」です。要件を手短に伝える意味が込められており、ビジネスメールのほかに口頭でも使用されます。日本語では文章の締めくくりとして使われますが、英語では「I just wanted to」のあとに要件を続けます。

「取り急ぎご連絡まで」の英語を使った例文

  • I just wanted to let you know about the changes to meeting scheduled.
    (会議の日程が変更となりました。取り急ぎご連絡まで。)
  • I just wanted to let you know about the negotiation was canceled.
    (商談が中止となりましたことを、取り急ぎご連絡いたします。)

まとめ

「取り急ぎご連絡まで」は上司へも使用できる敬語表現です。しかし、体言止めを使っていることから失礼だと捉える人もいるため、取引先や社外の上司へは使用しないのが無難です。

急いで連絡をした旨を伝えたい場合は、類語の「まずは」を使って言い換えましょう。

ABOUT US

hana
大阪在住の新人ライターです。学生時代にビジネスマナーや医療事務・秘書などの検定を取得し、前職は医療秘書として医院勤めでした。料理とスポーツが得意なので、いつか記事にできたらなと思っています。よろしくお願いします。