ご多忙とご多用は意味が違う?例文とメールでの正しい使い分け方

ビジネスメールで目にする「ご多忙」「ご多用」ですが違いがあることは知っていますか?「ご多忙」「ご多用」の後には「~とは存じますが」「~の折」「ご自愛」等色々な言葉が並びます。今回はご多忙とご多用の違い、それぞれの使い方を例文と一緒に紹介します。



ご多忙の意味と読み方

ご多忙の意味は「とても忙しい」

字からわかるように「ご多忙」とは「とても忙しい」という意味です。とても忙しいという意味の「多忙」に丁寧語の「御(ご)」をつけて「ご多忙」となります。よくビジネスメールで見かける「ご多忙中とは存じ上げますが~」という文章の、「存じ上げる」は「知る」「思う」の謙譲語ですので「とても忙しいとは思うのだけど~」という意味になります。

読み方は「ごたぼう」

あまり読み間違えること少ないかと思いますが、「ご多忙」と書いて「ごたぼう」と読みます。「ご多忙中」の場合は「ごたぼうちゅう」です。「ごたぼうなか」と読み間違えないよう注意してください。

ご多忙の正しい使い方

メールを送る際の定型句として使用

「ご多忙」は相手が忙しい・忙しくないに関係なく使える便利な言葉です。ビジネスメールを送る際「ご多忙のところ申し訳ありませんが~」と使うことで、その後に続く要望を伝えやすくします。

「ご多忙の折」読み方は「ごたぼうのおり」

「ご多忙の折(おり)」とは「とても忙しいとき」という意味です。この場合「の折」が「~のとき」「~のところ」という意味を持つので、ご多忙と合わせて「とても忙しいとき」や「とても忙しいところ」という意味になります。「~の折」と使うときは送り仮名の「り」は省略してください。

ご多忙に「ご自愛」をつける

ご自愛とは「自分を大切にすること」という意味の「自愛」という言葉に、接頭語の「御(ご)」をつけた言葉です。「ご多忙とは存じますが、ご自愛ください」の文章だと「忙しいとは思いますが、身体を大切にしてください」という意味になります。

ご多忙とご多用の違いと使い分け方

「ご多忙」と「ご多用」は類語

「ご多忙」とはとても忙しいという意味と説明しましたが「ご多用」にも当てはまります。二つは類語なのですが、違う点が一つだけあります。「ご多忙」は主に仕事が忙しいときに使用し、「ご多用」は仕事もプライベートも公私ともに忙しいときに使用します。

ビジネスシーンでは使い分け不要

両方とも仕事が忙しいという意味をもつため、ビジネスの場面で使い分ける必要はありません。ただ、ご多忙の「忙」という字は立心偏に「亡」という漢字でできた、忌み言葉と呼ばれるもののため縁起が悪いと嫌う人もいます。

ご多忙を使う際の注意点

繰り返し使わない

ビジネスメールの定型句として便利な「ご多忙」ですが、繰り返し使うことは良くありません。「ご多忙のところ大変恐縮ですが~」と何度もメールが来るとどうですか?忙しいと分かっているなら一度に済ませてくれと思われてしまう場合もあります。

何度も連絡しなくてはならないときは、「度々申し訳ございませんが~」など言葉を選んで送るようにしましょう。

自分より目上の人に対し使う

社内外関係なく目上の人に対し使うことが出ます。会社の上司や取引先の担当者など、ビジネスメールを送る際に便利な定型句です。同僚や部下へは「ご多忙」は使わず、「忙しいだろうけど」などと言い換えるようにしましょう。

自分に使う際は「立て込んでいる」

「ご多忙」は目上の人に対して使う言葉ですので、自分に対しては使えません。「自分が忙しい」という意味の言葉を目上の人に送りたい場合は、「少々立て込んでおりまして」などの言い回しをします。

結婚式などの祝い事には不適切

先ほど紹介したように「ご多忙」には忌み言葉が含まれています。ビジネスシーンでは使っても問題ありませんが、結婚式などのお祝いの場では控えましょう。スピーチや招待状にはご多忙ではなく「ご多用」を使うか、平仮名で「おいそがしい中」と書くなど工夫が必要です。

他にお見舞いメール・暑中見舞い・年賀状にも、「ご多忙」「ご多用」や「忙しい」という忌み言葉を含む単語は使わないようにしましょう。

ご多忙を使ったメールの例文

「ご多忙」のあとに続く言葉はたくさんあります。例えばメールの冒頭部分「忙しいのに対応してくれてありがとう」という文章にご多忙を使うと、「ご多忙のところ、ご対応いただき感謝申し上げます。」となります。

上記と同じ文章に「ご多忙の折」を使うと、「ご多忙の折、ご対応いただき感謝申し上げます。」となりますが、特に文章の意味に変わりはありません。

次は同じ文章に「ご多忙中」を入れてみると「ご多忙中にもかかわらず、ご対応いただき感謝申し上げます。」となります。「かかわらず」という言葉を足しましたが文章の意味は同じです。

「ご多忙」の後ろにつける言葉(の折・中・のところなど)によって文章も少し変わりますが、どれも同じような意味として捉えられます。文章の体裁を見ながら適した言葉を選びましょう。

まとめ

「ご多忙」とはビジネスメールにおける定型句です。語尾を変えて当てはめれば色々な文章に使えます。ただ結婚式などのお祝い事や、お見舞いの手紙などでの使用は避けましょう。社会人として使う機会が多い言葉こそ、正しく覚えてスムーズな仕事に役立てください。

ABOUTこの記事をかいた人

大阪在住の新人ライターです。学生時代にビジネスマナーや医療事務・秘書などの検定を取得し、前職は医療秘書として医院勤めでした。料理とスポーツが得意なので、いつか記事にできたらなと思っています。よろしくお願いします。