「プロフェッショナル」意味と使い方は?仕事への心得も解説

世間一般的に「プロフェッショナル」というカタカナ語は日常にあふれていますが、意味や使い方についても理解している人は多いでしょう。

ここでは改めて「プロフェッショナル」という言葉に着目し、意味と使い方、またプロフェッショナルとしての仕事の心得などをピックアップしています。どうぞ、参考にしてみて下さい。



「プロフェッショナル」の意味と使い方

さっそく「プロフェッショナル」の意味と使い方を例文とあわせて挙げてみましょう。

意味は「一流の仕事をする人」

「プロフェッショナル」とは一流の仕事をし尊敬される立場にいる人、また優れた技術や才能を生かして仕事をする人を指します。娯楽や趣味に粋を超え、立派な職業人としてお金をもらって仕事する人が「プロフェッショナル」です。

「プロフェッショナル」使い方と例文

「プロフェッショナル」を使う時は、「職業人として立派である」「職業倫理に沿った」「ビジネスの場にそぐう」「ビジネスに相応しい」というような意味合いで使われことが多いです。加えて「その道のプロ」「各分野の専門家」というニュアンスでも用いられるでしょう。

  • いつも約束を破ってばかりいるのは、プロフェッショナルとしての自覚が足りない証拠だ。
  • プロフェッショナルとして恥じないように、専門的な項目についても触れてみよう。
  • 職業人としてスポーツの世界でもプロフェッショナルは存在する。
  • 工場の産業機器が壊れたので、プロフェッショナルに頼んで修理してもらうことにした。

「プロフェッショナル」の類語と対義語

「プロフェッショナル」を言い換えができる類語や反対の意味を持つ対義語を紹介します。

一般的な類語「プロ」「専門家」

「プロフェッショナル」の類語で一般的に容易に言い換えができるのは「プロ」「専門家」でしょう。職業の分野によって上手に使い分けをしてみて下さい。

  • さすが、書道のプロですね。
  • 専門家としての知識は誰にも負けない。

古風な類語「具眼の士」「活眼の士」

「プロフェッショナル」を古風な表現で言い換えをするなら「「具眼の士」「活眼の士」「達眼(たつがん)の士」「慧眼(けいがん)の士」などがあります。これらの言葉はものごとの奥底を見抜く力のある人達の事を指し、心眼を開いて相手を読むことができる優れた能力を持つ人を称賛する意味で使われます。

経験豊富なら「ベテラン」

「プロフェッショナル」の類語で卓越したスキルと経験豊富なバックグランドを持つ人を「ベテラン」「老練家」「熟練者」「エキスパーと」などと呼んでいます。これらも「プロフェッショナル」の仲間として解釈できます。

腕に自信があるなら「腕利き」

「プロフェッショナル」の類語で「スキル」や「腕」の高さを強調する言葉なら「腕利き」「腕達者」「技巧」「テクニシャン」「巧者」などがあります。

対義語「アマチュア」「素人」

「プロフェッショナル」の対義語は賃金をもらうことを目的とせず仕事をする人を指す「アマチュア」「素人」「ノンプロ」「門外漢」、また趣味や娯楽でする人を指す「愛好家」「非家」「藤四郎」などになります。

「プロフェッショナル」の5つの心得とは

「プロフェッショナル」の心得について、最も抑えておきたいことを5つ挙げてみましょう。

心得① 顧客満足を最も優先する

プロフェッショナルは自分の満足よりも、顧客の満足度を何よりも優先します。たとえ自分がベストだと思っても、顧客が「No」という答えを出せば、そこで考え方を瞬時に切り替えることができるのです。プロフェッショナルは顧客第一、自分は第二第三だと考えています。

心得② 抜群の専門知識を披露する

プロフェッショナルは誰よりも優れた専門知識を有し、自信をもって実力を披露する知恵を心得ています。それはただ理解不能な専門用語を並べるのではなく、顧客にわかりやすいように砕いて説明をすることも必要でしょう。知識や技量は他の誰にも負けないというプライドも忘れません。

心得③ コミュニケーションスキルを磨く

プロフェッショナルは他人とのコミュニケーション力も実力の一つだと認識しています。そのため、相手の考えや意向をしっかり理解できるように、色々な方向から話を聞き出そうとする人が多いです。相手を知ってから仕事を始める利便性を十分心得ているのでしょう。

心得④ 期待以上の仕事をする

プロフェッショナルは何といっても頼まれた仕事以上の内容を心がけます。期待通りではなく、期待以上の仕事をすることで次回の仕事へと上手につなげていくのです。

心得⑤ 笑顔と前向きな姿勢を忘れない

プロフェッショナルはたとえ困難で時間のかかる仕事でも嫌な顔を一つせず、笑顔と前向きな姿勢を心がけています。プロフェッショナルは決して最後まであきらめない前向きな姿勢も忘れません。

まとめ

「プロフェッショナル」は「プロ」と同じ意味で、「一流の仕事をする人」「職業人として立派な」「専門家」「職業倫理にそぐう」などの意味で使われるカタカナ語です。あまりにも広く日常生活で使われているため、あらためて意味や使い方を振り返ることは少ないかもしれませんが、本当のプロフェッショナルは確固たる仕事への流儀や心得をしっかりと持っている人が多いでしょう。

また、プロフェッショナルとしてお金をもらって仕事をするからには、誰よりも優れた知識と技術力を有し、顧客が満足するまで諦めない姿勢も大切です。常に前向きな態度で笑顔を絶やさず仕事に臨んできましょう。

ABOUTこの記事をかいた人

某私立大経営学部卒、大手旅行会社、商社を経て、豪州へ移住。米国PCメーカーのカスタマー部に勤務後、カンガルーやエミューのいるNSW州の片田舎で生活を開始。田舎暮らしをきっかけにフリーランス(ライター・翻訳)に転身し現在に至る。趣味はゴルフ、料理、ローカルとのゴシップ、キャンプ。