アーキテクチャとは?本来の意味とIT用語をわかりやすく説明

「アーキテクチャ」はIT用語として知られていますが、もともとは別の分野で使われている言葉です。ここでは改めて意味を振り返りながら、IT用語やその他の分野で使用されている「アーキテクチャ」をわかりやすく説明します。

「アーキテクチャ」の意味は?

それでは「アーキテクチャ」の意味と英語表現について解説します。

「アーキテクチャ」の意味は3つ

「アーキテクチャ」は英語の「architecture」のことで、大きく分けて3つの意味に分かれます。

1つは学問としての「建築学」で、総合建築を学ぶ大学での専門分野のこと。2つ目は建築そのものを指し、「建築構造」「建築様式」「建築術」などを意味しています。そして3つ目が建築という軸の意味から派生して生まれた「ソフトウェア、またはハードウェアの基本的な設計概念」という意味での「アーキテクチャ」です。

建築分野では設計思想の意味も

「アーキテクチャ」は建築分野で多く使われる言葉ですが、もともとは建築におけるデザインや設計思想のことを意味していました。設計して建物を構築するという観点から考えれば、IT用語の「アーキテクチャ」の意味もスムーズに理解できるでしょう。

ITにおける「アーキテクチャ」の種類は

続いてIT業界における「アーキテクチャ」の種類についてみてみましょう。

ソフトウェアアーキテクチャ

「ソフトウェアアーキテクチャ」は英語の「software architecture」のことで、ソフトウェアにおける構築スタイル、または構築方式のことです。

ソフトウェアを設計するにあたり、最も必要であるのが機能や性能の全体像と製品本体の構成要素のバランスです。「ソフトウェアアーキテクチャ」はそれぞれの役割を関係性を考慮しながら、ソフトウェアを設計していくより良いスタイルを指しています。

システムアーキテクチャ

「システムアーキテクチャ」は英語の「system architecture」のことで「SA」と略されます。「システムアーキテクチャ」はシステムに求められることを効率よく行っていくために必要な機能や相互データの更新を定める枠組みのことです。

エンタープライズアーキテクチャ

「エンタープライズアーキテクチャ」は英語の「enterprise architecture」のことで、組織や企業において目的を果たすために、業務手順や組織構成を含む情報システムを利用しやすいように適正化する手段を指しています。

経営の立場から見るなら、「エンタープライズアーキテクチャ」を取り入れることによって、部署間における連携、部署ごとの業務構成、組織の成り立ちなどの複雑な構築図を企業の全体図としてスッキリまとめることもできます。初期投資はあるものの、最終的なコスト軽減や時間短縮につなげることができるのは企業としてのメリットとも言えるでしょう。

CPUのアーキテクチャ設計

大学でシステム工学を専攻している人は、コンピューターの心臓でもあるCPUのアーキテクチャを設計することもあるでしょう。コンピューターのメモリ部分にプログラムを実行し、命令に対して次の動作に移るという工程を作り上げていきます。

CPUのアーキテクチャ設計には、実行命令を表すニーモニック表記や動作内容を理解する必要があるため特殊が勉強が必要になります。

自動車の「アーキテクチャ」とは?

自動車業界にも「アーキテクチャ」という言葉は用いられます。どのような形で使われるのでしょうか?

車両と部品のアーキテクチャ設計

年々、自動車の設計は複雑さを増すばかりですが、車両や部品におけるアーキテクチャは、自動車設計の論理や物理を超えた斬新で新しい設計構想が求められています。

電気自動車、スモールカーなどのアーキテクチャは消費者が求める自動車への概念や希望を受け止めたものである必要です。また、エンジンやブレーキにおけるアーキテクチャなら、性能や耐久性に対する比重はとても大きいでしょう。

電子制御のアーキテクチャ

たとえば電気自動車を作り上げるには、自動車の心臓となる「電子制御」のクオリティーは欠かせません。電子制御のアーキテクチャにはエンジン制御、電池制御、モーター、ジェネレーター制御などの各部の構造を示されますが、現在では完全にECUが統括するようなシステム設計が実現していると言われています。

まとめ

「アーキテクチャ」は英語の「architecture」のことで、意味は「建築学」「建築構想」「建築方式」の他、IT分野では「ソフトウェアやハードウェアにおける基本的な設計概念」となります。

「アーキテクチャ」は言葉が使われる環境で意味が変りますが、ベースの意味は設計における「構想」や「方式」、また「手順」や「構図」などになるため、言葉への理解も難しくはないでしょう。

建築業界以外でも、自動車を始めとする技術系の分野に「アーキテクチャ」という言葉はよく用いられます。仕事で関連のある人は、言葉の理解を深めておきましょう。

ABOUTこの記事をかいた人

アバター

某私立大経営学部卒、大手旅行会社、商社を経て、豪州へ移住。米国PCメーカーのカスタマー部に勤務後、カンガルーやエミューのいるNSW州の片田舎で生活を開始。田舎暮らしをきっかけにフリーランス(ライター・翻訳)に転身し現在に至る。趣味はゴルフ、料理、ローカルとのゴシップ、キャンプ。