「保証」と「保障」の意味の違いとは?使い分け方や英語表現も紹介

読み方が同じだけでなく、パッと見もどこか似ている「保証」と「保障」。この二つの言葉の意味を正しく理解できているでしょうか。一度はちゃんと整理をしておきたかったこの「保証」と「保障」のそれぞれの意味と違いを解説して、使い分け方も例文とともに説明します。また英語表現も併せてご紹介します。

「保証」と「保障」の意味の違い

「保証」と「保障」の読み方はどちらも「ほしょう」

「保証」と「保障」の両方とも「ほしょう」と読む同音異義語です。「保証」と「保証」は同じ読み方ながら、意味には大きな違いがあります。

「保証」と「保障」それぞれの意味

「保証」には2つの意味があります。1つ目は、責任の観点から見て相手に「大丈夫だと約束する」というときに使われます。

「保証」の2つ目の意味は、大丈夫だと請け負うことから「保証人」などの債務の代行してその義務を負うというときにも「保証」が使われます。

一方「保障」には「保護をする」という意味があります。地位や権利などが傷つけられるずに守ること、保護することという状況には「保障」を使います。

「保証」と「保障」の使い分る方法

「保証」は「約束する」場合に使う

「間違いなく大丈夫だと約束をする」という状況に使われるのが、「保証」です。例文には次のような文章が挙げられます。

  • 「商品の品質を保証する」
  • 「彼なら大丈夫。彼の人柄を保証するよ」
  • 「夢をつかめる保証はないが、後悔しないためにやってみるといい」
  • 「確かにプランはしっかりしているが、成功する保証はない」

また、債務者が債務の遂行できない場合に、債務者の代わりに債務を遂行する義務を負うことも「保証」といいます。例文は次の通りです。

  • 「保証責任」
  • 「身元の保証人になる」
  • 「その金額を保証する」

「保障」は「保護する」「守る」場合に使う

「保障」のほうは、「ある状態が損なわれることのないように、保護して守ること」という意味です。例文は次の通りになります。

  • 「人権を保障する」
  • 「社会保障は、国民の最低限の生活を守ること」
  • 「国外からの攻撃や侵略から自国の安全を守る安全保障があるから、安心だ」

保険で使う「保証」と「保障」

保険関係の話には「保障」と「保障」という語がよく聞かれます。その使い分けは、次の通りです。

「保証」は「大丈夫だと約束する」という意味から、確実に支払われる保険に対して使われます。例えば「保証期間付き終身年金」のように被保険者の生死にかかわらず年金が支払われることが約束されているような年金分野でよく使われます。

一方「保障」は「自由や安全、生活などが守られる」という意味です。この意味から、生命保険のような「一家の大黒柱が亡くなっても生活を守る保険」というようなときに「保障」が使われます。また「自動車損害賠償保障法」(自賠法)は自動車のトラブルで被害や損傷を受けた場合に損害賠償をする権利が守れるという意味から「保障」が使われています。

「保証」「保障」と「補償」との違いは?

「補償」は「おぎなって償うこと」

「保証」と「保障」のもう一つの同音異義語に「補償」があります。

「補償」の意味は、「物事が欠けている部分をおぎなう」ことです。例えば、損害賠償などで、健康や財産が損なわれるときに金銭などで償うときや、損失の埋め合わせをするときに、「補償」が使われます。例文は次の通りです。

  • 「解雇された社員が、会社に補償を求めた」
  • 「スポーツをしていた時のケガを、保険が補償してくれた」
  • 「被害者は、日常生活を奪われて補償も得られなかった」

「ほしょう」の使い分け例文

損失をキーワードに「保証」と「保障」そして「補償」の使い方を説明してみましょう。使い分け方がはっきりしてくると思います。

  • 損失を被る前⇒何かで損失をすることもなく大丈夫と約束することが「保証」です。
  • 損失が見込まれるとき⇒損失をしないようにと保護することが「保障」です。
  • 損失をしてしまったら⇒もしも損失をしたら、その穴埋めをするのが「補償」です。

「保証」と「保障」の英語表現

「保証」は英語で「guarantee」

「保証」は英語で「guarantee」といいます。「guarantee」には、「保証」の意味以外にも「保証書」があります。例文は下記のとおりです。

  • “ a guarantee on a computer”
    「コンピューターの保証」
  • “He gave me the guarantee that he will pay for the computer till the end of this week.”
    「彼は今週末までにコンピューターの支払いをすると約束した」
  • “When I bought a new camera, I got a guarantee of it.”
    「新しいカメラを買った時、保証書もついてきた」

「保障」は英語で「protection」

「保障」は「保護」という意味の「protection」です。「保護」以外にも「通行証」や「人物の保証書」という意味もあります。「protection」の例文には次のようなものがあります。

  • “Consumer protection laws”
    「消費者保護法」
  • “Remember to bring clothes that provide protection against the cold.”
    「防寒具を持ってくるのを忘れないでください」
  • “Our forest is required a protection against the dry weather.”
    「私たちの森林は乾燥した天候からの保護が必要です」
  • “The project runs under the protection of many sponsors.”
    「そのプロジェクトは多くのスポンサーの保護の下で実行されます」

まとめ

「保証」と「保障」は両方とも「ほしょう」と読みますが、意味は大きく違います。「保証」が「問題がないことを約束をする」という意味に対して、「保障」は「守る」という意味です。似ているようで全く違う「保証」と「保障」の意味を正しく理解して、使い分けられるようにしましょう。