パラドックスの意味を分かりやすく解説!使い方と面白い例も紹介

「パラドックス」という言葉を知っていますか?職場なら「今の部長の発言は、完全なるパラドックスかもね」と言ったりしますが、社会人になると毎日のように聞きなれないカタカナ語が飛び交い、戸惑うこともあるでしょう。

ここでは「パラドックス」について意味と使い方を中心に分かりやすく説明しています。面白い「パラドックス」の例を挙げながら、言葉の理解を広げていきましょう。

「パラドックス」とは?

「パラドックス」の意味は「逆説」「ジレンマ」

「パラドックス」は英語の「paradox」のことで、「逆説」「ジレンマ」「背反」「矛盾」などを意味する言葉です。世間一般的には正しいと認識されているものごとに対し「反対の主張、反対である状況や事態、また反対の概念」、つまり「定説にさからうもの」を指す言葉でもあります。

「パラドックス」の数学・哲学での意味

「パラドックス」は数学や哲学の分野において「間違っているように見えるが、実は正しい説」またその逆で「正しいように見えるが、正しいと認識されない説」という意味があります。有名な数学の「パラドックス」の例としては、確率問題の「モンティ・ホール問題」や「誕生日のパラドックス」などが挙げられます。

「パラドックス」の語源はギリシャ語

「paradox」はもともとギリシャ語が語源で、反対の意味を持つ「para」に、意見や通念の意味を持つ「doxa」が組み合わさってできた言葉です。

「パラドックス」の使い方と例文

「逆説」や「矛盾」をイメージして使い方に慣れる

「パラドックス」は文脈に用いて使う時に、あまりピンとこない言葉でもあるかもしれません。しかし、常に「逆説」また「正しそうで正しくない」「間違っていそうで間違っていない」というイメージを頭に置いておくと会話でも取り入れやすいでしょう。

「パラドックス」と「矛盾」の違いとは

細かく言えば「矛盾」よりも「パラドックス」の方が、意味の幅が広く「見かけの上で判断する真偽が、実際の真偽と反対であること」となります。地球上にはあらゆる分野で数多くの「パラドックス」が存在しています。

「パラドックス」を使った5つの例文

  • パラドックスの代表的なことわざが「急がば回れ」「負けるが勝ち」である。
  • 同僚の発言は世間的にみるとパラドックスではないか?
  • パラドックスの例を考えると、気が遠くなりそうなほど奥が深い。
  • 頭の中がカオス状態になるのが、パラドックスの特徴であろう。
  • パラドックスが溢れているからこそ、「矛盾」や「ジレンマ」などの意味が生きてくるかもしれない。

「パラドックス」の例とは?

パラドックスの例①「アキレスと亀」

「アキレスという名の人物が、前を走るのろまな亀に追いつけない」という有名なパラドックスです。アキレスの前には亀がノソノソと歩いていますが、アキレスが走っても追いつくことはできないのはなぜでしょうか?

このパラドックスのトリックは「直線におけるA地点、B地点、C地点」という設定があることです。アキレスは、まず前方を歩くのろまな亀を追いつくために「A地点」を目指しますが、到着時には亀はすでに「A地点」の少し先にある「B地点」に移動してしまっています。さらにアキレスが「B地点」に到着した時には、亀は「B地点」の少し先にある「C地点」にノソノソと移動済みなのです。

このサイクルが永遠に続き「アキレスは亀に一生追いつくことはできない」という摩訶不思議な「パラドックス」になります。

パラドックスの例②「景気回復」

嬉しいニュースとして報道されるのが「景気回復」についてです。景気回復の常識として「所得の平均値が上がる」ということが挙げられますが、ここに「パラドックス」の落とし穴があります。

「景気回復」の基準を図る時は「年収を階層別に分けて比較」しますが、国民全ての所得を合わせて平均値を出すと、所得が下がっているケースもあるのです。ぬか喜びの根源は「階層別の算出方法」にあります。

パラドックスの正体

国民の年収には「1000万円以上の人もいれば、200万円程度の人もいる」という点です。

高年収をもらっていた人が年収が下がると、その下の階層にいる人たちの年収平均値を上げることになり、さらにその人たちの年収が下がれば、その下の階層の年収平均値が上がります。結果的には「景気回復」となりますが、事実上は貧乏になった人もいるのです。

まとめ

「パラドックス」はギリシャ語の「paradox」のことで、「逆説」「ジレンマ」「矛盾」「背反」、または数学的、哲学的な観点では「見かけでは正しいようだが、実際は正しくない説」「見かけは間違っているようだが、実際は間違っていない説」を意味する言葉です。

「パラドックス」は考えれば考えるほど気が遠くなりそうな「説」が多いですが、地球上には面白いパラドックスの例が数多くあります。「パラドックス」への理解を深め、思考力やものごとの見方を柔軟にしてみませんか?