「ご覧ください」の意味とは?類語との違いや上司への敬語表現

ビジネスの場においてよく使われる「ご覧ください」という言葉ですが、正しい敬語表現で使えていますか?「ご覧ください」に代わる類語は多くありますが、それぞれ少しずつ異なる意味を持っています。「ご覧ください」の正しい敬語表現や、類語の違いを紹介するので参考にしてください。



「ご覧ください」の意味とは?

「ご覧ください」の意味は「見てください」

「ご覧ください」とは「見てください」という意味の言葉です。上司や取引先の担当者など目上の人に対して何か見てほしいものがある際に「ご覧ください」と使用します。

「ご覧ください」の類語を紹介

「ご参照ください」は参考にすること

「ご覧ください」の類語の一つに「ご参照ください」という言葉があります。「他と照らし合わせて参考にする」という意味を持つ「参照」に接頭語である「御(ご)」と、丁寧語の「ください」が加わった丁寧な表現です。

例えば手元にある資料を見てほしい場合は「ご覧ください」が使えますが、見るだけでなく資料を参考にしてほしい場合は「ご参照ください」が使えます。意味は大きくは変わりませんが、シーンによって使い分ける必要もあるため注意してください。

「ご観覧ください」は見物すること

「ご覧ください」の類語の一つである「ご観覧(かんらん)ください」は「見物してください」という意味の言葉です。「見物」を意味する「観覧」に「ご~ください」を加えた丁寧な表現で、目上の人へ使うことができます。

注意が必要なのは、「ご観覧ください」とは見る対象が物事や場所であるということです。「見物」という言葉の意味が「楽しみや好奇心から、物事や場所を見る」ということを表しているため、「見物してください」を意味する「ご観覧ください」は、物事や場所以外を見てほしい場合に使うことは不適切といえるでしょう。

「ご賢覧ください」は相手に見てもらうこと

「ご賢覧(けんらん)ください」も「ご覧ください」の類語に該当されます。「ご覧ください」と同じく「ご~ください」を使った丁寧な表現で、目上の人に対して何かを見てほしい際に使われる言葉です。「ご覧ください」の類語には他にも「ご高覧下さい」や「ご笑覧ください」等の言葉があります。前後の文脈やシーンに合わせて使い分けてください。

上司への「ご覧ください」の使い方

「ご覧ください」はすでに敬語表現

「ご覧ください」はすでに敬語表現です。頭に接頭語である「御(ご)」を付けた「ご覧」に丁寧語の「ください」を付けた丁寧な表現であるため、目上の人に対する言葉として問題はありません。

「ご覧くださいませ」は柔らかい印象を与える

「ご覧くださいませ」とは相手に見てほしいということを促す際に使われる言葉で、「ご覧ください」と同じシーンで使うことができます。人によっては語尾が「ください」で終わる言い方にそっけなさを感じる場合があるため、丁寧で柔らかい印象の「ませ」を付け加えると良いでしょう。

注意が必要なのは、一つの文書の中に「くださいませ」を何度も使うと、回りくどいと思われる可能性があるということです。柔らかい印象を与える「くださいませ」という言い回しですが、使う際は使用頻度を考えて使ってください。

丁寧な印象を与える「どうぞご覧ください」

より柔らかい表現にしたい場合は、「ご覧ください」の頭に「どうぞ」を付けることで丁寧な印象を与えることができます。「どうぞ」とは相手に対し丁寧に願い、物事を勧める気持ちを表す言葉です。「見る」という行為を、目上の相手に勧めたいときには適切な言い回しであると言えます。

丁寧に依頼する際は「ご覧くださいますようお願いいたします」

「ご覧くださいますようお願いいたします」は「ご覧ください」を丁寧に表現した言葉です。例えば多忙を極める上司へ見てほしいことを伝える際「お忙しいとは存じますが、ご覧くださいますようお願いいたします」となります。文章の頭に「お忙しいとは存じますが」を付けることで、相手への気遣いを表すことができます。

「よろしければご覧ください」は注意が必要

「ご覧ください」を目上の人へ使う際の言い回しの一つに「よろしければご覧ください」という言葉があります。「よろしければ~」とは相手の都合に従い、「よかったら○○してください」という意味の言葉です。

注意が必要なのは「よろしければ」を付けることで、後に続く動作をするかしないかは相手に委ねることになってしまうということです。必ず見てほしいのであれば「よろしければ」を付けずに「ご覧ください」と言い切る方が良いでしょう。

「ご覧になってください」は二重敬語

「ご覧ください」と同じ意味を持つ「ご覧になってください」という言葉は二重敬語に該当されます。「見る」の尊敬語である「ご覧になる」に、命令や要求の補助動詞(尊敬語)である「ください」が重なっているため二重敬語となります。

二重敬語は基本的に敬語として間違いとされているのですが、「ご覧になってください」は習慣的に使われる言葉であるため、敬語として使っても良いという意見もあります。使ってもいいのか不安な場合は「ご覧になってください」ではなく「ご覧ください」を使う方が無難でしょう。

まとめ

「ご覧ください」とは目上の人に対して「見てください」と伝える際に使われる言葉です。「ご覧ください」の類語表現は多くありますが、それぞれ意味が少しずつ異なるためシーンによって使い分けるのが良いでしょう。敬語表現については様々な言い回しがあります。中には注意が必要な言い回し方もあるため注意して使いましょう。

ABOUTこの記事をかいた人

大阪在住の新人ライターです。学生時代にビジネスマナーや医療事務・秘書などの検定を取得し、前職は医療秘書として医院勤めでした。料理とスポーツが得意なので、いつか記事にできたらなと思っています。よろしくお願いします。