神父と牧師「結婚式」の司式はどちら?違いを比較してみた!

聖書を片手に式を司るのは「牧師さん」か、それとも「神父さま」か、どちらか分かりますか?今回は、「牧師」と「神父」の違いをはじめ、「シスター」と「修道士」の違いについても解説します。



神父と牧師の違いとは?

神父は「カトリック教会・正教会」の聖職者

「神父(しんぷ)」とは、おもに正教会やローマ・カトリック教会(公教会)の聖職者を指す敬称で、正式な職名は「司祭(しさい)」です。一般信徒からは「神父さま」と呼ばれています。

日本国内にはたくさんの教会がありますが、神父のいる正教会やローマ教皇を最高指導者とするカトリック教会では、聖母マリアの存在が重視されシンボルとなっているのが特長です。

牧師は「プロテスタント教会」の教職者

一方、「牧師(ぼくし)」はプロテスタント教会の教職者をあらわす職名で、一般信徒からは「〇〇先生」「牧師先生」などの敬称で呼ばれています。

「プロテスタント」とは「(カトリック教会への)抗議という意味で、おもにカトリックから分離した教派の総称です。一般的なプロテスタント教会は外観も内装もシンプルなのが特徴です。カトリックに女性の神父はいませんが、プロテスタントは教派によって女性牧師が認められています。

神父と牧師の仕事内容は?

神父と牧師の仕事内容はほとんど同じです。キリスト教会にとって礼拝やミサ(聖餐式)をはじめとする祭儀は、教派に関係なく欠かすことのできない大切なもので、神父も牧師もこれらの宗教儀式を執り行います。

さらに、両者とも信徒の悩みを聞いたり家庭集会の時間を設け、信仰生活を助ける点においても共通しています。

教派や呼び名以外の違いとは?

神父と牧師では「身分」が違う

牧師と神父の本質的な違いは、カトリック教会には序列があるという点で、上から「教皇・枢機卿・大司教(首座大司教、総大司教)・司教・司祭・助祭」という位階制になっています。

神父は神の愛を顕在化させる「キリストの代理者」で、その筆頭がローマ教皇です。聖職者は一般信徒とは異なり結婚が認められていませんが、教会と結婚した証として左手薬指に指輪をしています。

これに対して、プロテスタント教会には16世紀の宗教改革以来「万人祭司(キリスト教徒は神の前に平等)」という大義があり、聖職者という概念がありません。プロテスタントの牧師は「キリストの追随者」を自称する信徒の代表者的な存在であり、自由に結婚して家庭をもつことができます。

英語では「Father」と「pastor」

司祭は英語で「Priest」ですが、カトリック教会では父親のように信徒の魂を導くという意味で、神父のことを「Father(父)」と呼びます。日本語の「神父」は中国から入ってきた言葉で、この場合の「神」にはGODではなく「霊的な」という意味があります。

プロテスタントの牧師には「Priest(司祭)」「 Minister(教職者・宣教者)」「pastor(牧師)」など、さまざまな呼び方があります。教派によっても異なりますが、一般に「Minister」は資格を示し「pastor」は職種をあらわす呼び名とされています。

教会の礼拝で説教をする牧師は「pastor」で、語源はラテン語の「羊飼い(キリストの働きをあらわす代名詞)」です。

普段の服装や祭服が違う

神父の普段着は「スターン」と呼ばれる前開き詰襟の長い黒服で、33個のボタンはキリストの享年(この世で過ごした年月)をあらわします。祭服は「アルバ」と呼ばれる白衣で、その下には「アミクトゥス」というストール状の布を着衣しています。「チングルム」は腰ひものことで、大きなマント状の「カズラ」をまとい、細いたすき状の「ストラ」を肩にかけます。

プロテスタントには多くの教派があり、中にはカトリックに近い宗教文化をもつ組織もあるため一概には言えませんが、基本的に牧師の普段着には特別な決まりはありません。日本国内最大のプロテスタント教団の牧師の場合、普段の礼拝ではスーツ姿ですが、記念礼拝などでは長い黒服に黒いガウン姿で説教します。

結婚式に来てくれるのは「牧師・神父」どっち?


結婚式場の司式は「牧師」

結婚式場で司式をするのは、プロテスタントの「牧師」です。

近年では結婚式場と契約して「牧師」を派遣するウェディング専門のプロテスタント宣教団もありますが、神父や牧師は忙しいため、人気の高いチャペルなどでは素人の「アルバイト」が牧師役を担うケースも少なくありません。

まとめ

日本でもっともポピュラーなキリスト教の教派であるローマ・カトリック教会の「神父」と、プロテスタント教会の「牧師」の違いを比較してみました。教会以外の結婚式で司式をするのは自由度の高いプロテスタントの牧師である可能性が高いですが、素人のアルバイトも多いのが実情です。どちらか確かめたいときは、所属教会や職名を確認しましょう。