提案書のテンプレートと書き方!社内向け社外向けそれぞれを紹介

ビジネスにおいて不可欠な書類の1つに提案書があります。よく似たものに「企画書」があるのですが、これら2つの違いを理解していない人は多いかもしれません。また、提案書は社内向けと社外向けで扱いが変わってきます。提出する相手の状況を理解した提案書が作成できるようになることは、社会人としての第一歩です。提案書の書き方のポイントやテンプレートを紹介していきますので参考にしてください。



提案書の書き方と企画書との違い

提案書の書き方

提案書とは、現在起きている問題を解決するアイデアを提案するための文書です。提案書を書くには次に挙げていく要素を盛り込む必要があります。使用するソフトはその時々でワードやエクセル、パワーポイントなどを使い分けます。

  • 相手の要望や課題を挙げていく
  • 解決するための施策を思いつく限り書き出す
  • 自分もしくは弊社で提供できる提案やサービスを打ち出す
  • スケジュールや予算、体制について書く
  • 留意事項があれば書く

企画書との違い

提案書は、企画書と比べると厳密な文書ではありません。企画書にも同じく問題解決を図る内容が記されていることもありますが、主には企業活動においてプラスに働くようなビジネス上のプランを提案するものです。

この2つの違いは、提案書は問題のある状態、つまりマイナスから解決に向けていくもので、企画書はゼロから事業などプラスとなる提案をするものです。企画書のタイトルが「○○のご提案」となっている場合も多々あり、2つの境界は明確ではありません。

社外向けと社内向けの違い

社外向けの提案書は、営業ツールとして出されるものがほとんどです。その提案書が受け入れられてビジネスが成立します。一方、社内向けの提案書は、安全対策や業務改善など社内で発生している問題を解決するものである場合が多くなります。

社内向け提案書の書き方とテンプレート

社内向け提案書の書き方

社内向け提案書の多くは、業務の効率化や改善などを求めるものです。社内で決まったフォーマットがある場合もありますが、自由に社員が作る場合が多いようです。だからと言って、メモ書きのような提案書を上司に提出するわけにはいきません。多くの業務をこなす上司の手をわずらわせないよう、軽い内容の案件は簡潔な書き方でルールを守った提案書になるよう意識しましょう。社内向け提案書のテンプレートをご紹介します。

業務改善提案書のテンプレート

ワードを用いた業務改善提案書のテンプレートをご紹介します。

○年○月○日

業務改善提案書

所属 △△△△
氏名 △△△△

○○○について

○○○について、下記の通り提案いたします。

 

 

現状

問題点や要因

提案内容

期待される効果

時期・スケジュール

実施にかかる費用

以上

 

 

 

 

商品提案書のテンプレート

ワードを用いた商品提案書のテンプレートをご紹介します。

平成○年○月○日

商品提案書

所属 △△△△
氏名 △△△△

○○○について

下記の通り、提案いたします。

 

 

商品名

企画主旨

製造・原材料他

販売方法

販促方法

広告宣伝

備考

 

以上

 

 

 

社外向け提案書のテンプレートと書き方例

社外向けの提案書のテンプレート

ワードを用いた社外向け提案書のテンプレートをご紹介します。

○年○月○日

株式会社○○
代表取締役社長 ○○様

△△ 株式会社
代表取締役 △△△ 印
担当:△△△△

提案書

 

貴社ますますご清栄のこととお喜び申し上げます。
この度は、○○についてご提案の機会をいただき誠にありがとうございます。
下記の通り、ご提案させていただきます。

 

  • 今回のご提案について
  • 今回のご提案の詳細について

 

以上

 

 

 

業務提携提案書(事業計画書)の書き方

社外向け提案書の1つの例として、業務提携提案書の具体的な書き方をご紹介します。

  • サマリー

業務提携事業を要約します。一目で何が書かれているか理解できるよう、コンパクトになるよう意識して書く必要があります。

  • 事業概要

業務提携の目的を明確にします。そこで得られるメリットや市場成長性などを示していきましょう。

  • 具体的戦略

お互いが利益を生むための具体的な道筋やその確実性を戦略書として記載していきます。

  • 市場環境

市場環境を分析した具体的な統計データと共に有効性を示していきます。

  • プランの提案

資金計画や収支などの具体的数値を示していきます。

読んでもらえる提案書にするポイント

提案書を何枚にするかは状況に応じて

短時間で企画全体を理解してもらえる「一枚企画書」というものがあります。これと同じく、主旨をすぐに理解してもらうために作成する提案書は1枚が良いでしょう。詳細まで説明が必要な場合は複数枚と、状況に応じて使い分けましょう。

パワーポイントならデザインの良い表紙に

詳細が必要となる社外向けの提案書では、パワーポイント(パワポ)などを使って作成する場合があります。その場合はデザインにこだわったおしゃれで見やすい提案書になるように意識しましょう。特に表紙はその提案書の顔とも言えるものです。思わずめくってしまいたくなるような魅力的な表紙になるようにしましょう。

まとめ

提案書の書き方やテンプレートを紹介してきました。提案書は企画書とは異なり、現在ある問題などを解決するものです。伝わりやすく読みやすい提案書を作成することは、ビジネスにおいけるファーストステップ。情報収集や分析をしっかりと行ったうえで、目的達成に近づけるような提案書を作成していきましょう。