「敬称略」の正しい意味と使い方とは?誤用と注意点を解説

「敬称略」は書籍やビジネス文書などでよく目にする言葉ですが、正しい使い方をマスターしている方は意外と少ないのではないでしょうか?そこで、今回はこの「敬称略」について、意味や使い方を例文も交えて説明したいと思います。



「敬称略」とはどのような意味?

「敬称」とは人名の後に付ける接尾語

「敬称略」とは「敬称」を省略することを意味しますが、そもそも「敬称」とはどのようなものなのでしょうか?敬称(けいしょう)は人の名前に付けることで敬意を表すための表現で、主に呼び捨てにすると失礼になる相手に対して用います。「敬称」の具体例としては、具体的には人名の後に付ける「様」「殿」「くん」「さん」や、複数の人の後に付ける「各位」、団体や組織の後に付ける「御中」などがあります。

「敬称略」は呼び捨てに対するお詫び

「敬称略」には、本来呼び捨てにすべきでない相手を止むを得ない事情によって呼び捨てにしてしまうことをお詫びするという意味が込められています。たとえば、数十人規模の人名を紙面に列挙するような場合に、全員に対して「様」や役職などを付けると手間がかかるだけでなく、読みづらくなったり、冗長と感じてしまうこともあるでしょう。そのようなときに「敬称略」を使うことでスッキリとした文を作ることが可能になるのです。

「敬称略」を使う場面は?

式典などで使う

「敬称略」は多くの人名を記したり読み上げたりする場面で用いることが多い言葉です。例えば、多数の参加者がいる結婚式、お葬式などの名簿では「敬称略」を用いることが多いです。また、祝電をいただいた方の一覧を読み上げる際などにも良く使われています。

議事録や出席者名簿などで使う

会社関係の会議の議事録や名簿などに登場する人たちにはたいてい何らかの役職があり、それらを逐一記していくのには大変手間がかかります。こうしたときに「敬称略」を用いることによって手間を省き、なおかつ見た目もスッキリとさせることができます。

「敬称略」を使う際の注意点は?

ここでは議事録で「敬称略」を用いる場合に注意しておきたい点についてご説明いたします。具体的には以下の点に気を付けるようにしましょう。

「敬称略」は社内の人にだけ使う

いかに「敬称略」と断っているとはいえ、社外の人に対して敬称を付けずに呼び捨てするのは失礼に当たります。このため、ビジネスの場面では、「敬称略」は社内の人にだけ用いるようにし、社外の人に対しては使わないように気を付けましょう。

「敬称略」を付ける人は役職順に記す

敬称略で人名を並べる場合は順番がとても大切になります。社長や専務など位の高い人を末尾に並べてしまうと大変失礼になってしまうので、原則として偉い人から順番に並べるように注意しましょう。

役職順でない場合は「順不同」とする

偉さの順番が曖昧な場合や、構成の都合によって偉い人を先に書くことができないという場合もあるかもしれません。そのような場合には「敬称略、順不同」などと記しておけば偉い人を後に記してしまっても失礼になることはありません。

「敬称略」を話し言葉で使う場合

ビジネス文書などの書き言葉では「敬称略」と表記することが一般的ですが、スピーチなどの話言葉では「なお、敬称については省略させていただきます」「時間の都合により敬称は省略いたします」などと表現することもあります。これらは「敬称略」の応用版として使えるようにしておくと良いでしょう。

「敬称略」の誤った使い方は?

「敬称略」にはついついやってしまう誤った使い方がいくつかあります。ここでは、そうした例を紹介しますので、使用するときには注意してください。

「敬称略」を付けるのを忘れてしまう

当たり前のことですが、敬称を省略する際に「敬称略」という表記を付け忘れてしまうと、単なる呼び捨てになってしまいます。これは意外とやってしまいがちなミスでもあるので、しっかりと頭に入れておき、絶対に忘れないように注意しましょう。

少人数なのに「敬称略」としてしまう

敬称略は多人数の人達に対して、一つ一つ敬称を付ける手間を省くために用いるものです。数人程度であれば全員に敬称を付けても特に問題は生じませんので、「敬称略」とはしないようにしましょう。

「敬称略」の実際の表記例

敬称略は実際のビジネス文書などでは以下のように用います。

参加者一同(敬称略、順不同)

佐藤 悠馬
吉岡 郁子
長野 正和
田中 健太郎
吉永 理恵
三井 慎之介
小坂 達郎
大河内 義則
三浦 良子
星野 幸太郎

まとめ

「敬称略」は使い方に色々なルールがあり、ややハードルの高い言葉です。誤った使い方をしてしまうと相手の気分を損ねる恐れもあるので、使用するときには細心の注意を払う必要があります。

「敬称略」を用いる場合は、その状況が本当に「敬称略」にふさわしいのかどうかを今一度じっくりと検討することをお勧めします。また、くれぐれも「敬称略」と表記するのを忘れることのないようにご注意ください。