アライアンスの意味は?利点の多い経営スタイルの事例も解説

ニュースや新聞などで見聞きするカタカナ語に「アライアンス」があります。企業同士で執執り行われる経営スタイルであることはわかっていても、一体どのような目的で、具体的にどのような例があるについてはあやふやな点もあるかもしれません。

ここでは「アライアンス」言葉の意味を使い方を中心に「アライアンス」とは何なのか、例を挙げながら説明しています。これを機に、ビジネス必須用語をマスターしていきましょう。



「アライアンス」とは一体なに?

最初に「アライアンス」とは一体何なのか、本来の言葉の意味と使い方から解説します。

「アライアンス」の意味は「同盟」「提携」

「アライアンス」は英語の「alliance」のことで、本来の意味はビジネス関連では「同盟」「提携」「連合」、その他では「婚姻関係」「形態・性質などが類似していること」となります。通常、カタカナ語では「アライアンス」と表現しますが、場合によっては「アリアンス」と呼ばれることもあります。

「アライアンス」は「複数企業による協力体制を結ぶこと」

「アライアンス」は、国際的な舞台で執り行われる「経営スタイルの一つ」です。複数の企業が集まり、お互いの立場において経済的なメリットを得るのが目的となります。単体では弱体である企業でも、いくつかの企業が集合し、提携を組み、お互いを助けるための協力体制を築くことで安定した運営を続けていくことができるのです。

「アライアンス」はビジネスで有効的な手段

「アライアンス」が有効的な手段である理由に、複数の企業が一つに統合する「M&A」に見られない利点が挙げられます。

まず、「アライアンス」は「M&A」と比べ、多額な資金や膨大な時間を要することがほとんどありません。企業が経営難に直面した時に頭を抱える問題として「資金と時間」が挙げられますが、「アライアンス」を構築すれば、これらのトラブルを減少させることができます。

また、「アライアンス」を築いた後に、計画や経営において思惑と異なる方向に向かうこともあるでしょう。このような場合でも「アライアンス」の解消はさほど難しくはありません。

「アライアンス」の魅力は「緩やかに結ばれていること」

「アライアンス」の魅力は、複数の企業が不必要なストレスを感じることもなく、「お互いが緩やかな結びつき」であることでしょう。「アライアンス」を築いた後でも、企業のあり方や経営方針、社風や人事関係においては各企業に委ねられています。

「アライアンス」を築いた他の企業からコントロールされたり、企業方針と異なる指示を受けたりするようなこともありません。

「アライアンス」はあくまで「お互いが緩い関係」であることが基本となりますが、「連合」を結ぶことでお互いの弱点を補強し合うことができるのも魅力でしょう。

「アライアンス」の使い方と例文

「アライアンス」を使う時は「提携」「連合」を意味する場合がほとんどです。簡単な例文を挙げてみます。

  • 市場で成功を収めるために、A社を含む5社とアライアンスを築くことに決定した。
  • 業界一位のアライアンスに参加することで、知識の共有と利益の向上を目指す。

アライアンスパートナーを得るメリットと契約内容

アライアンスで他の企業とグループ関係になるメリットと、主な契約内容にについて解説しましょう。

アライアンスパートナーの意義

アライアンスパートナーを得るメリットはいくつかありますが、主に「ビジネスの幅を広げる」「利益の向上が見込める」「業界での知識を深めることができる」などが挙げられます。加えて、「苦手分野への進出」「アドバイスの享受」などもメリットとして考えられるでしょう。

アライアンス契約の内容

アライアンス契約の主な内容は「業務提携」「資本提携」などです。業界内で連合を結ぶことにより「共同作業と役割分担」「コストと時間の削減」の実現が期待されます。

アライアンス業務を戦略的に行う「ストラテジック・アライアンス」

「アライアンス」の構築で、複数の企業が「戦略的な目的で結ぶ提携」を「ストラテジック・アライアンス」と呼んいます。市場でトップに位置する複数の企業が独自のカラーを維持しながら、戦略意識を軸に連合関係を構築するスタイルです。

アライアンスはIT/金融などで活発

「アライアンス」は市場内で競争が最も激しいと言われる「IT」「金融」、また「電気」「通信」の分野で活発に行われているのが現状です。現在では「医療」「福祉」などの分野でも株式交換を含め、技術や販売において、お互いの独自性を損なうことなくビジネスの成功を収めています。

アライアンス事業の例「航空業界」

最後に一般的に知られる「航空アライアンス」について紹介します。

航空アライアンスとは?

「航空アライアンス」は世界の航空会社が同盟を組むことで「1つの大きな提携グループ」を形成することを指します。世界3大アライアンスと参加航空会社は以下の通りです。

スターアライアンス(Star ALLIANCE):エア・カナダ、スカンジナビア航空、タイ国際航空、全日空など合計17社。世界初の航空連合会社。

スカイチーム(Sky Team):エールフランス、デルタ航空、大韓航空、KLMオランダ航空など合計12社。現在世界第一位を誇る。

ワンワールド(One World):日本航空、カンタス航空、キャセイパシフィック航空、アメリカン航空など合計9社。1998年創立、世界150か国に及び700都市を超えるネットワークを誇る。

航空アライアンスの最大の特徴は「マイレージ」

航空アライアンスでは、同グループにおいてポイントが稼げる「マイレージ」や、共同運航の実現など、利用客のメリットに特化したサービスが人気です。提携グループの店舗でショッピングや食事をすると「マイレージ」が貯まるシステムは、顧客満足度の高いアライアンス事業の一つとして日常生活にも浸透しています。

まとめ

「アライアンス」はビジネスやマネジメント用語として理解しておきたい言葉の一つです。企業経営においては「M&A」と比較される経営手段ですが、提携後の力関係やプレッシャーは少なく「緩い提携でありながら、弱点をカバーし合う強力な経営スタイル」として、各業界で注目を浴びています。

ビジネスで勝ち残るために「アライアンス」は検討する価値のある選択です。なぜなら、企業同士が連合を組むことで新しいアライアンスの形を築くことができれば「最強の企業体」にもなり得るからです。

ABOUTこの記事をかいた人

某私立大経営学部卒、大手旅行会社、商社を経て、豪州へ移住。米国PCメーカーのカスタマー部に勤務後、カンガルーやエミューのいるNSW州の片田舎で生活を開始。田舎暮らしをきっかけにフリーランス(ライター・翻訳)に転身し現在に至る。趣味はゴルフ、料理、ローカルとのゴシップ、キャンプ。