ありがとうございましたの使い方!ありがとうございますとの違いも

「ありがとう」は感謝の気持ちを表す言葉として、日常や職場を問わず使われていますが、「ありがとうございました」と「ありがとうございます」の使い分けや意味の違いを意識することは少ないかもしれません。

ここでは「ありがとうございました」と「ありがとうございます」との使い分けと意味の違いを解説します。また、「ありがとうございました」の意味や語源などについても解説します。何気なく使っていた言葉の秘密に迫ってみましょう。



「ありがとうございました」の意味と語源は?

まず「ありがとうございました」の意味と語源、また敬語表現から見てみましょう。

「ありがとうございました」は「過去の出来事に感謝する」

「ありがとうございました」は「ありがとう」の過去形表現で、「過去の出来事に対して、感謝の気持ちや御礼をする」時にに使われます。感謝するのが「今、この瞬間」であっても、感謝する対象である出来事が「過去」であるなら、「ありがとうございました」が適切な表現となります。

「ありがとうございました」の語源は「有難し」

「ありがとうございました」の起源は室町時代に使われ始めた「有難く存じます」だと言われています。古語の「有難し」は「珍しい」「滅多にない」という意味で平安時代から使われていますが、「滅多にない珍しいものごと」が「感謝するに値する」に意味が転じ、現在の「ありがとう」となりました。

「ありがとうございました」の敬語表現

ありがとうございました」を敬語を使ってより丁寧に表現するなら、「心から」「真摯に」という意味合いを持つ「誠に」をつけて「誠にありがとうございました」とするのが良いでしょう。目上の人や大切な取引先に、丁寧に感謝の気持ちを伝える表現として最も適しています。

「ありがとうございました」と「ありがとうございます」の違い

それでは、「ありがとうございました」に対して「ありがとうございます」は意味や使い方についてどのように違うのか見てみましょう。

「ありがとうございます」は「継続する出来事」に使う

取引先へ出向いた際に受付や担当者に「お忙しいところお越しいただき、ありがとうございます」と言われることがあります。文法的には「過去」に該当する文脈ですが、直近の出来事に対しては「ありがとうございます」を使うことがほとんどです。なぜなら「これから出来事が継続する状況」であるからです。

「ありがとうございました」は「終わった出来事」に使う

一方、「ありがとうございました」は「終わってしまった出来事」に対して使います。ものごとが終わり、最後の御礼の言葉として「ありがとうございました」で締めくくるニュアンスです。

しかし、地域や環境、また状況や相手によっては、「ありがとうございました」を言うことで「感謝の気持ちにもピリオドをつけている」と誤解をされてしまうことがあります。使い方には十分気を付けるようにして下さい。迷った時は、継続した感謝の気持ちを表す「ありがとうございます」を使うのが無難でしょう。

「ありがとうございました」を英語以外の言語で表現

外国語で「ありがとうございました」を表現してみましょう。国際化が進み、英語の「ありがとう(Thank you)」意外にも、他の言語で「感謝の気持ち」を表現することが必要になってきました。外国語の「ありがとう」と併せて、「ありがとうごあいました」についての説明を簡単に英語で加えています。

中国語「谢谢您」

中国語で「ありがとうございました」は「谢谢您(xiè xiè nín)です。ちなみに「昨年は色々ありがとうございました(お世話になりました)」は「谢谢您去年多方的帮助」となります。新年の挨拶で活用してみて下さい。

韓国語「감사합니다」

韓国語で「ありがとうございました」は「감사합니다(カムサハムニダ」で、過去形でも現在形の「ありがとうございます」も両方こちらを使います。また「고맙습니다(コマプスム二ダ」も同じ意味で使われる表現です。

フランス語「Merci beaucoup」

フランス語で「ありがとうございました」は「Merci beaucoup(メルシボーク)」です。カジュアルな場面では省略をして「Merci(メルシ)」を使うことも多いでしょう。

海外では「ありがとうございました」の時制に注意

外国語では、時制を厳密に使い分けることも多く、「ありがとうございました」のように「過去形なのに、現在のことに対して伝える」というのが、なじみの薄い使い方である場合もあります。

もちろん、何か終わった物事に対する感謝を述べる際にも「ありがとうございました」は使うことができます。この場合、英語で厳密に表現するとなると「Thanked you」になります。

「ありがとうございました」を海外で使うときには、時制に注意して使い分けましょう。

まとめ

「ありがとうございました」は「ありがとうございます」の過去形表現となり、終わった出来事に対して最後の感謝の気持ちを表す「結びの言葉」となります。一方、「ありがとうございます」は、出来事の続きがある時や継続する場合に使うのが適切です。

使い方に迷った時は無難な「ありがとうございます」を選んで、「継続した感謝の気持ち」を相手に表現してみましょう。

ABOUTこの記事をかいた人

某私立大経営学部卒、大手旅行会社、商社を経て、豪州へ移住。米国PCメーカーのカスタマー部に勤務後、カンガルーやエミューのいるNSW州の片田舎で生活を開始。田舎暮らしをきっかけにフリーランス(ライター・翻訳)に転身し現在に至る。趣味はゴルフ、料理、ローカルとのゴシップ、キャンプ。